脂漏性皮膚炎は食事が影響!?脂漏性皮膚炎に良い食事とは!!

スポンサーリンク

私は数年前に脂漏性皮膚炎と診断されました。

受診するまでは私は時期的な問題での皮膚炎かな、ニキビが酷くなってしまったのかなくらいの感じだったので、脂漏性皮膚炎という病名を告げられたときは、何を言われているのかさっぱりわからない状態でした。

どんな病気なのか、治るのか、何が原因なのかということが全く分からなかったのです。

しかし、受診した皮膚科は待ち時間も長く良く混む皮膚科だったので時間を割かせるわけにもいかないなと思いましたし、医師も結構淡白な方で口数も多くなく、あまり質問出来る雰囲気ではありませんでした。

薬も処方してもらったし大丈夫だろう、自宅で調べてみよう!と思い帰宅しました。

自宅に帰りすぐに脂漏性皮膚炎について調べてみると意外に厄介そうなもので、悩んでいる人も多く驚き、治せるのかどうかということを必死に調べました。

すると意外にも薬を塗っていただけでは治らなかった、再発を繰り返して悩んでいるという傾向があり、どうしたらすぐに完治出来るのかについて、調べることにしました。

脂漏性皮膚炎と食事の関係?!

脂漏性皮膚炎と完治4

脂漏性皮膚炎には食事が関係しているというのです。

完治させるためには食事を工夫すると良いという情報を目にしました。

脂漏性皮膚炎の原因はマラセチア菌というカビ菌であり、そのカビ菌は皮脂を餌とすることで増殖してしまい、通常範囲内の数であれば肌に大きな影響を与えないものの、増殖しすぎてしまうことで、肌に炎症を引き起こすというのです。

その原因菌の増殖の原因となる皮脂の分泌量は摂取する食べ物で異なり、食べ物によって過剰に皮脂を分泌してしまうようになるというのです。

その為皮脂をコントロールしてくれる物を摂津することで、脂漏性皮膚炎を治すことが出来、再発も防げるということでした。

脂漏性皮膚炎に良い食事とは?

脂漏性皮膚炎と食事1

脂漏性皮膚炎に良い食事の前に、脂漏性皮膚炎ガ悪化してしまったり再発を引き起こしてしまうような気を付けるべき食べ物がありました。

避けるべき食べ物

  • 脂っこいもの

脂っこいものは脂漏性皮膚炎を悪化させたり再発させてしまう原因となります。

ケーキや揚げ物、インスタント食品もですね。マーガリンやバターも注意が必要です。

脂っこいものを摂取すると皮脂の分泌量が増えてしまうのです。

特にリノール酸、飽和脂肪酸には注意が必要となります。

  • アクの強いもの

アクの強いタケノコや山菜も脂漏性皮膚炎を悪化させます。

  • 糖分

砂糖などの甘いものも脂漏性皮膚炎を悪化させます。

また砂糖だけと思っていると危険で、果物や野菜にも糖分が多く含まれているものが多いので注意しなければいけません。

果物類やニンジンなどですね。

更に野菜を食べるのは良いのですが、ドレッシングの種類によっては糖分をかなり含んでいたり、煮物にすると砂糖が結構使われているので気を付けましょう。

そして一番は白米です。白米にも結構糖分が含まれているため、食べ過ぎは悪化・再発の原因となります。

脂漏性皮膚炎に良い食べ物

  • ビタミンB2

ビタミンB2が不足してしまうと、皮脂が過酸化皮脂となり炎症を起こしてしまいます。

  • ビタミンB6

肌の新陳代謝を促進してくれたり、皮脂量の調節もしてくれるので積極的に摂取したほうが良いです。

しかし一度に多く摂取したからと言って効果があるというわけではなく、ビタミンB2 やB6 は体内に貯蓄しておくことが出来ないため、毎日継続的に摂取していかなければ意味がありません。

長期的に摂取していると、脂漏性皮膚炎の予防にもなります。

  • 玄米・雑穀等

白米は脂漏性皮膚炎を悪化させてしまいます。

白米ではなく玄米や雑穀米にすることをオススメします。

  • 三温糖

砂糖ではなく三温糖のほうが糖の球種が穏やかなのでおすすめです。

脂漏性皮膚炎には油も関係している?

食べ物だけかなと思っていたのですが、脂漏性皮膚炎には摂取する油の種類によっても悪化してしまう原因があるというのです。

避けるべき油

生活に馴染みのある油なので意外と多く摂取してしまっていますが、脂漏性皮膚炎を悪化させてしまう油なので避けたほうが良いです。

  • べに油
  • コーン油
  • 大豆油
  • サラダ油
  • ヒマワリ油
  • ごま油

おすすめの油

油の種類によっては炎症を抑制したり痒みを抑えてくれる油もあります。

  • 亜麻仁油
  • えごま油
  • シソ油
  • アルガンオイル

これらは調理に使用するのも良いのですが、一日小さじ1杯から2杯程度熱を加えずにそのまま摂取したりサラダにかけて食べるのも良いです。

スポンサーリンク

食事を改善した私

脂漏性皮膚炎と漢方1

脂漏性皮膚炎に良いとされている食べ物や油などを知った私、脂漏性皮膚炎にとって良くない食べ物を知った私は毎日自分が口にするものに対してしっかりと気を付けるようになりました。

すると徐々に炎症は落ち着き、痒みをあまり感じなくなったのです。

完全に治ったわけではないものの、食べ物と脂漏性皮膚炎は大きな関わりがあるのだと実感しました。

その後もしばらく食事について徹底的に管理をしていたので自炊が続いてしました。

そんな日々の中で、同窓会があったので、久しぶりに会う友人もいるということで参加したのです。

その日は居酒屋だったので、いつもは飲まないアルコールを少々摂取したり、食べ物もいつもなら絶対に食べなかった揚げ物なども気を使いながらも久しぶりの再会に話も弾み結構食べてしまっていました。

すると数日後、今までにないほど酷い炎症で、当然出社できるような状態でもなかったので、皮膚科に受診して薬を処方してもらいました。

薬を塗ると症状は落ち着いたものの、私にとって食べ物が恐怖のものになってしまったのです。

それ以来一切の外食の誘いも断り、付き合いが悪い、ノリが悪いなどと言われていましたが、そんなことよりもどんな油が使われているのか、どれだけ砂糖が使用されているのかなどが分らないものを食べることが怖くてしょうがなかったのです。

朝も昼も夜も絶対に妥協できません。

自炊をして自分で材料一つ一つを見極めたものしか食べられないのです。

しかし、そんな状態は長くも続かず、どうしてこんなに食べ物に恐怖を感じてビクビクしながら食事をしなければいけないのか、食べること自体がストレスに感じていました。

食事を避けるようになってから、体調を崩し、体調も肌も最悪でした。

会社に長期休暇をもらい、実家に帰省したところ、母が私の様子を見て驚いていました。

しばらく泊まっていることにすると、そんな私を見かねた姉はあるものを紹介してくれたのです。

実は姉もひと時肌荒れに悩んだことがあり、その時に整菌スキンケアに出会ったというのです。

もしかしたら効果があるかもしれないから使ってみて。と・・・。

効果があれば食事も多少は気遣う必要はあるものの、そこまでストイックにならなくても良くなるのではないかという姉の提案でした。

脂漏性皮膚炎と食べ物の悩みから・・・

脂漏性皮膚炎と赤み1

私は姉に勧められた整菌スキンケアを使用してみることにしました。

いつまでも実家に甘えていられない、心配させたまま自宅に戻るわけにもいかない、会社の休みは期限があるということで、すぐに使用を始めたのです。

使ってみても浴に

肌への異常はなく、痛みなども感じませんでした。

その後も使用を続けていると、肌の炎症は徐々に治まり、赤みも消えていきました。

その間、母が作ってくれた煮物など私が食品を確認せず食べていたのにも関わらず、炎症は逆に治まっていたので、私は整菌スキンケアさえあれば少しくらい気にしなくても「大丈夫だということが分ったのです。

その後、食事もでき姉から勧められた整菌スキンケアを使い続けるということで自宅へ戻り、使い続けました。

好転反応なのか皮膚がボロボロと剥けはじめ、剥けた肌はとてもきれいになっていました。

その脂漏性皮膚炎の症状が再発することは無くなり、食事は多少気を付けているだけという日々になりました。

友人に誘われた外食にも行きます。自炊が疲れてしまったときはコンビニの食べ物を食べることもあります。

基本的には気を付けるようにしているものの、前よりはストイックではなくなり、楽しんで食事できるようになったのです。

やはり楽しく誰かと食べる食事はとてもおいしいですね。

もしあの時姉が整菌スキンケアを勧めてくれていなかったらと思うと恐ろしいです。

摂食障害も免れなかったことでしょう。

脂漏性皮膚炎を治すために食事を見直すということは大切ですが、ストイックになりすぎてストレスをかけると、ホルモンのバランスが崩れ、皮脂の分泌が過剰になってしまい、むしろ悪化の原因となってしまうのですね。

整菌スキンケアを取り入れたことで、食事に関して適度に気を付けて楽しいことは楽しんで、ストレスを強く感じない日々を過ごすことが出来るようになりました。

整菌スキンケアの公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA