脂漏性皮膚炎の絶対NGな鼻のケア、あなたは知らずにやってませんか?

脂漏性皮膚炎と鼻1
スポンサーリンク

鼻周りが赤く炎症をおこしている状態、それは脂漏性皮膚炎かもしれないことをご存じですか?

「ニキビ?それともただの肌荒れ?」

なんて思っていると治療が必要な皮膚炎の可能性があります。そんな鼻のケアで気をつけてもらいたいことをご紹介します。

脂漏性皮膚炎の起こる場所

脂漏性皮膚炎は一体どこに症状が現れるのか気になりますよね?

脂漏性皮膚炎が発症する場所とは簡単に言うなら皮脂がテカっている場所、皮脂でベタついている場所。皮脂が多く分泌されている場所に脂漏性皮膚炎は発症します。

皮脂の分泌が多い部位とは頭皮や顔、耳の後ろに多いと言われています。顔と言っても特に鼻周りに症状が出やすくよく目立つ場所。鼻って体の中で一番テカってるんじゃない?ってぐらい皮脂が湧き出てきます。

指で小鼻を触れるとべタっと脂がついちゃいますよね。鼻周りがただれていたり、赤くなって炎症を起こしている場合は要注意!!脂漏性皮膚炎の可能性大ですよ。

ニキビと症状が似ている

脂漏性皮膚炎はかゆみも伴い皮膚が赤くなり、荒れてしまったり、ブツブツができてしまうなど症状の出方は人それぞれ。

全ての部位がベタついているわけではなく、荒れて皮膚がカサつきパラパラと乾燥肌のように剥がれ落ちることもあります。

頭皮の場合だとフケと間違われ、鼻周りや頬に症状が出れば肌荒れやニキビと勘違いされてしまいます。

私自身も昔に経験した鼻周りから頬にかけての赤みはただの肌荒れだと信じて止まなかったのですが、この赤みはのちに脂漏性皮膚炎だったと知った勘違い野郎の一人です(笑)

こんなことを書いておきながら言うのもなんですが、ホントに脂漏性皮膚炎って分かりづらい!!なかなか治らないので、なんでこんなに治らないんだろう…

「ほんとに肌荒れ?」

って疑問を持った時に初めて病院を受診しただの肌荒れではないと知りました。少しでもおかしいなぁと思うような肌荒れであれば、必ず皮膚科を受診してください。

やってはダメなこと

脂漏性皮膚炎と鼻2

鼻が脂ギッシュだとついついやりたくなるのが、「鼻パック」。女性なら一度は経験したことありますよね?どこでも手軽に購入でき、その上プチプラな貼るシートタイプの鼻パックです。

安いのに鼻の角栓や毛穴の汚れがごっそりと取れる優れもの。ビリッとはがして角栓や黒ずみがきれいさっぱり無くなるのが快感でクセになるんです。

私と同じようにリピートしている女性も多いはず。肌の角栓や汚れが気持ちいいぐらい目に見えるので

「めっちゃキレイになった~」

って実感できるんです。

でもね、脂漏性皮膚炎にとってこの毛穴パックはキレイになれる気になっただけで、実際は超NG行為。でも気づいていない勘違い野郎の私は、ごっそり取れた角栓を眺めてニヤニヤしていたんですw。悪化を招く行為だとは知らずに…。

スポンサーリンク

鼻パックをするとかえって皮脂を増加させてしまっていたんです。無理やり皮脂や角栓を抜き取ってしまうことで必要な皮脂を補おうとしてどんどん皮脂を分泌させてしまうのです。

それに鼻パックは肌への刺激もあり、パック後の肌は敏感な上に毛穴が開いてしまいトラブルの原因にもなります。

はい、やっちまってますね、これ完全私アウトですw。

脂漏性皮膚炎なのに皮脂を分泌させることしちゃったら治るものも治りません!!私は良かれと思って、かなり女子力高めな週1の鼻パックケアは逆に脂漏性皮膚炎を招いていたのです。

私ってほんとバカ…(泣)のちのち脂漏性皮膚炎だと告げられた病院の先生に、鼻パック禁止令を出されたのは言うまでもありませんww

鼻パックが無理でも…

脂漏性皮膚炎と鼻3

鼻パックがダメと言われても(←まだ食い付くかw)、やっぱり鼻の黒ずみは気になりますよね。

放置してたらぶつぶつのイチゴ鼻になるので、脂漏性皮膚炎であってもできるだけ鼻をキレイにケアしたい!そんな人に私がおすすめする鼻のケアがあります。

それはオスビスの「クレンジングリキッド」です。脂漏性皮膚炎にとってオイルの化粧品や化粧落としはNG!!でもこのオルビスのクレンジングリキッドはオイルカット。それに濡れた手でもOKなので、入浴中に使えます。

このクレンジングリキッドのおススメの使用法をご紹介

  1. まずはお風呂でゆっくりと体を温めます
  2. そして蒸しタオルを顔に乗せて鼻の毛穴を開かせる
  3. 肌が柔らかくなったら、クレンジングリキッドで鼻をクルクル優しくマッサージする

これだけで角栓や鼻の黒ずみを落とすことができます。クルクルとなじませてマッサージするだけで、ポロポロと角栓が取れてきます。でも何事もやり過ぎはいけないので、ほどほどにしてしっかりとすすぎましょう。

ここで最も重要なことがあります!蒸しタオルで温めた肌は鼻パックと同じで、毛穴が開ききってしまっているので、冷水をバシャバシャかけて毛穴を引き締めておきましょう。

毛穴が開ききったままだとそこから雑菌が入って肌トラブルの原因にもつながります。

まとめ

  1. 皮脂が多く分泌されている場所を中心にして脂漏性皮膚炎は発症します
  2. 鼻は皮脂が特に多く分泌されるので、鼻周りはとくに赤く炎症を起こして脂漏性皮膚炎を起こしやすい
  3. 脂漏性皮膚炎は気づきにくい皮膚炎。長引く肌荒れは必ず皮膚科を受診すること
  4. 脂漏性皮膚炎により鼻周りの皮脂や黒ずみが気になっても、鼻パックは絶対NG。鼻パックで皮脂の分泌がさらに増える

少しでも気になる肌荒れが続くようであれば一度皮膚科を受診しましょう。脂漏性皮膚炎だと気づかずに生活いていると短期間で治るはずの皮膚炎が、私のような勘違いによって良かれと思って日常的にやっていることが、知らぬ間に脂漏性皮膚炎の悪化を招いていることもあります。

こんな治療の遠回りをしないためにも早めの受診が大切になってきますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です