脂漏性皮膚炎の俺はアルコール禁止なのか!?体験から語る

アルコールに溺れる男性
スポンサーリンク

ストレスを解消しようとアルコールを飲んでしまう。 夜中遅くなっても、暖かくなってくるとつい、ネオンのきらびやかな場所に吸い寄せられます。特に、会社で嫌なことがあったときは、帰りに同僚をつかまえて、食事をして、軽くビールを飲んで、それから、夢あり余るネオン街で大酒を飲むプランを、

「マジで終業5分前から」

考え出します。そして、

 

 

「5、4、3、2、1、0、はい!終了!お疲れ様!」

と言って、同僚をつかまえて、食事をして、軽くビールを飲むと、こういう精神状態の悪い時に限って、悪酔いをするのが早いものです。そして、

「今日さ、部長に君の返事は明るくていいけど、その割に業績が上がらないね。どうして?」

と言われたよ、などと最初の店で同僚に愚痴をこぼしてしまいます。愚痴をこぼしたら最後、もう自分からその店を離れようとしないで、少しずつ「ろれつ」が回らなくなりながら、何度も何度も、同じことを同僚に話して、ビール、焼酎、ハイボールと飲み干していきます。

次の日は、頭が痛くて、皮膚がカサカサしているところと、じくじくしているところがあって、赤くはれた脂漏性皮膚炎は、昨日の朝より広がっていたり、赤みが増していたり、

症状が悪化していることが多いです。

「やっぱり、部長に怒られたせいだ。」

とストレスが原因の脂漏性皮膚炎の悪化と考えるのですが、飲みすぎたアルコールと脂漏性皮膚炎に何か関連性があるのかを考えてみましょう。

アルコールを飲んだ後の脂漏性皮膚炎の対処法

医師の診察

アルコールを摂取すると、どうも体内に存在する栄養素が減るらしい。その証拠に、

「二日酔い」

という病気というか、症状というか、自業自得という結果をまねく。

栄養素と言ったって、二日酔いぐらいなら、そんなに多くの栄養素が減るわけではないだろうと思っていると、とんでもない、以下、

カリウム、ナトリウム、塩化物、糖分、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、葉酸

の栄養素が不足するのです。

私は、独り者なのでわかりませんが、これより多い栄養素を見たことがありません。たかが、アルコールを飲んだだけで、何だか、命にかかわる病気になってしまったようで、部長に、

スポンサーリンク

「もう、長くないので、休みます。」

と言ってもいいのでしょうか? 先生(医師)!

医師:「いえ、そんなに大げさなことではありませんよ。上記の栄養素の数パーセントが不足するのみで、命にかかわるケースはごくわずかです。」

私:「えっ、では、私はそのごくわずかのケースではありませんか?」

医師:「そのようなごくわずかなケースになる患者さんは、お酒を初めて飲む方や、久しぶりに飲む方です。むしろ、ごくわずかなケースに陥る患者さんは、患者さん自身の肝臓の解毒作用がうまく機能しない方、或いは、何らかの病気によって肝機能が低下してしまった患者さんの場合です。あなたのように体型が立派で、お酒を飲み慣れている方はあまり、危険な状態にはなりません。」

私:「えっ、私の体型が立派?(=太っている)」

若干、医師との意思疎通が今一つだったことを除いては、話の内容に納得したが、

私:「先生、皮膚がかゆいのですが、何か関係があるのでしょうか?」

と質問すると

医師:「脂漏性皮膚炎ですね。アルコールをたくさん飲むことによって、アルコールの解毒のために週十種類の栄養素が使われます。とくに、ビタミンが不足することによって、皮膚の代謝が悪くなって、結果的に脂漏性皮膚炎が悪化するということです。」

私:「すると、アルコールを飲むこと自体、脂漏性皮膚炎を悪化させる、ということですか?」

医師:「ご存知の通り、脂漏性皮膚炎を治すことは大変です。ですから、なるべく皮膚に負担のかからないようにアルコールを控えた方がいいと思います。」

私:「ということは、何でもほどほどにということなのでしょうか?」

医師:「そうです。その通りです。所詮、医師は皮膚の細部で起こっていることを完全に理解しているわけではありません。そこで、対処療法で、抗菌剤とステロイド剤、患者さんに処方しています。そして、顔や頭皮の症状は、どの部分も同じであるわけではありません。そこで、抗菌剤とステロイド剤が必要な部分、ステロイド剤だけで大丈夫な部分に分かれてきます。患者さんには申し訳ないのですが、時々刻々と変わる患部に、2種類の薬を分けて塗ってほしいのです。」

私:「たくさん、アルコールを飲んだ時は、皮膚や頭皮が荒れているから、脂漏性皮膚炎の場合には抗菌剤とステロイド剤、ただのニキビや皮膚炎の場合にはステロイド剤を分けて塗った方がいいということでしょうか?」

医師:「その通りです。」

まとめ

  • アルコールの飲みすぎは脂漏性皮膚炎を悪化させる可能性がある。
  • アルコールで悪化した脂漏性皮膚炎には、抗菌剤とステロイド剤の2種類を塗布する。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です