脂漏性皮膚炎の俺がカビ屋敷から転居!!驚く効果に過去を悔いた。

カビだらけの部屋
スポンサーリンク

暑くなるにつれて湿度が上がり、私の家は古いため部屋中が

「カビのるつぼ」

と化してしまいます。

何となく、毎年、壁の色が変わっていくのが分かっていたのですが、

先日、友人が、私の1Kのアパートに来て、

「お前、また、壁紙、変えたんだ。まめだなぁ。」

と、あまりにも、鋭いひと言を放った瞬間、壁紙がカビによって侵されていることを悟ったのです。さらに、

「お前、トイレも壁紙変えたんだ。本当にマメなんだね。」

とヘビー級カビ選手権は、友人の言葉2発で、第1ラウンドTKO負けになりました。

 

友人が、帰ったあと、私は、壁を小指でなぞりながら、

「やっぱ、カビって、やばいかねぇ?」

と、毎年、カメレオンのごとく色の変わる壁に向かって言うのでした。

 

カビの多い部屋にいるとどうなる

カビ

「そんなこと言ったって、カビは出てきちゃうだからしょうがないよね。」

そんな言葉が頭に渦巻きましたが、しかし、カビが

「未知の能力を秘めたスーパーバイオマシン」

というありがたい言葉を、

金沢工業大学 バイオ・化学部 応用バイオ学科 教授 小田 忍 先生が言っています。

なになに、それによると、かの有名な風邪の諸症状を緩和する抗生物質などが、カビの酵素反応からできているとのこと。おー、良いではないか!

「しかし、カビの培養のコントロールが難しい??」

えっ、

「カビが原因の病気:気管支肺アスベルギルス、過敏性肺炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、クリプトコッカス症」

えっ、えっ、

「梅雨の時期に症状が出やすい皮膚カビは、脂漏性皮膚炎などの原因となる。」

やっぱり、出てきた脂漏性皮膚炎!

脂漏性皮膚炎はマラセチア菌っていう常在菌の異常増殖が原因なのでしょ。

マラセチア菌っていうカビなのだから、わざわざ、皮膚カビと脂漏性皮膚炎が関係なくたっていいじゃないの?

ところが、

「マラセチア菌」=「皮膚カビ」

でした。

はっ、はっ、はっ、終わった。見事に終わった。

10年ほど暮らしてきたこの部屋に、もちろん、家賃が安いのは確かだけど、脂漏性皮膚炎の原因がこの部屋に中にあったとは。毎年自然に変わる壁紙の色、それになんとなく気付いていながら住み続けた結果が、私の頭の脂漏性皮膚炎だとは知りませんでした。

スポンサーリンク

でも、抗生物質と同じように、この壁紙のカビで脂漏性皮膚炎に効く薬を開発することはできないのでしょうか。たぶん、できないと分かってはいるものの、あまりのショックの大きさに、この部屋の中で10年も生きてこられた身体から、得られるものはないのだろうか?

確かに、野口英世や北里柴三郎がしてきた同じことを、自分に照らし合わせて、自分を慰めているだけなのです。こんなことなら、毎年、この時期の、壁紙の写真ぐらい撮っておけばよかった。これを分光器で分析したり、電子顕微鏡で写真を撮ったりしたら、科学論文を数編書けたかもしれないのである。実に、もったいない。

さらに、ここ数年に及ぶ私の脂漏性皮膚炎の状況を写真に撮ることによって、医学論文とはいかないまでも、症例報告ぐらいは書けたのではないでしょうか。

きれいな部屋に引っ越してみました

脂漏性皮膚炎に関する解説文があまりにも少なすぎる。皮膚科に行けば治ると思いがちだが、きっちりと治癒しないのが現実です。その理由にもしかしたら、空気中を浮遊するカビ(菌)が影響していることも考えなければなりません。

長年住み慣れたこの部屋から転居することを決めました。

「理由は壁紙の色が、毎年変化し、まさに虹を見ているようだからだ!」

と大家さんに言ったら、私の頭がおかしくなったのではないかという究極の目で見られて、

「そっ、そうだよね。世の中いろんな人がいるけど、いろんな部屋も経験した方がいいよね。馬には乗ってみよ。人には添うてみよ。というものね」

と何だかわからないことを言われました。

今度は、鉄筋コンクリート、2年前にできたばかりの5階建ての5階です。ちょっと、家賃は高いが自分の体のことの方が心配である。

1ヵ月間住んでみたが、確かに壁紙の色に変化はありません。

それよりも、呼吸がずいぶん楽になったような気がします。朝起きた時も頭皮、首、背中がかゆいということがなくなってきました。

このアパートに住みだしてから、6ヵ月。驚くべきことに、脂漏性皮膚炎であった頭皮の面積がだいぶ狭くなり、洗髪するのも、薬を塗るのも、だいぶ楽になってきました。

やはり、住居を変えることで、脂漏性皮膚炎の症状が軽くなってきた良い例と言えるかもしれません。やはり、レインボー「カビ」アパートに住むことは脂漏性皮膚炎の治療には良くないことが分かりました。

まとめ

  • 脂漏性皮膚炎を悪化させるのはマラセチア菌だけでなく、多くのカビであることが分かりました。
  • 脂漏性皮膚炎の治療には「清潔」であることが重要で、間違ってもカビだらけの部屋に住んではいけないということが分かりました。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です