脂漏性皮膚炎のための体質改善、忙しい人ほどサプリの力を借りよう

脂漏性皮膚炎とサプリ
スポンサーリンク

脂漏性皮膚炎になると治るまでに時間がかかってしまうのがこの脂漏性皮膚炎の困ったところ。症状が出ると赤みをおびた肌や頭皮から落ちる皮膚やフケに長期間悩まされることになります。

見た目にもつらい脂漏性皮膚炎を1日でも早く完治に近づけるためにはどのようなことをすればよいのでしょうか。

気づきにくい皮膚疾患

脂漏性皮膚炎は「脂漏性湿疹」とも呼ばれ誰にでも起こる湿疹です。肌荒れやニキビと症状がよく似ていることから、脂漏性皮膚炎だと気づいていない人が実は多くいます。

私自身も長引くニキビだと思い込んでいた肌荒れが、実は脂漏性皮膚炎だったという経験者。私のようにケアをしているにも関わらずなかなか治らないニキビに悩んでいるのであれば、一度脂漏性皮膚炎を疑ってみるといいと思います。

この脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌が活発なTゾーンや頬、他には耳の後ろや髪の生え際や頭皮にできやすく、皮脂の分泌が過剰になる思春期以降の成人、主に30~40代の年齢層の方々に多く見られます。

脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎の始まりはオイリー肌。「なんか最近脂っぽいなぁ~」くらいの軽い感じで始まります。普通のオイリー肌と違う点、それは肌が脂っぽいのにカサカサと乾燥し皮膚がフケのように剥がれ落ちることです。

この症状が起こるのは先ほど挙げたように脂漏部位と呼ばれ皮脂が多く分泌される場所。症状が悪化するにつれかゆみが増し、赤みを帯びてきます。

頭皮の場合はフケが大量に出るので、絶対に自分でも「これちょっとおかしいんじゃない?」と気づくはず。

なぜこのようなことが起こるかというと、皮脂の増加に比例して皮膚に住む常在菌マラセチアも一緒に増殖するからです。

このマラセチア菌が排出する脂肪酸が肌に刺激を与え炎症を起こし脂漏性皮膚炎になるといったメカニズムです。

病院では内側からの治療はない

脂漏性皮膚炎が自然に治ることは困難なため皮膚科の受診してください。皮膚科では一般的な治療としてステロイド外用薬で炎症をおさえ、増えすぎてしまったマラセチアに対し抗真菌外用薬を使用し治療します。

病院では外側からマラセチア菌を撃退することができますが、皮脂が分泌され続ければいつでも脂漏性皮膚炎は再発します。なので、脂漏性皮膚炎には体の内側から「皮脂の分泌量をおさえる体作り」をする必要があります。

自分でできることをしてみよう

皮脂の出にくい体作りを行うには生活習慣を大きく見直す必要があります。

  • 脂っこい食生活NG
  • バランスの摂れた食事
  • 質の良い睡眠
  • ストレスの解消

これらを改善しない限り顔はテカり続け、皮脂をエサにマラセチア菌がウハウハ喜びながら増殖を続けることでしょう。

でもね、いくら改善したくても仕事柄不規則な人、時間がなく外食中心の人、職を変えない限りストレスが解消されない人…。「やれるもんなら、とっくにやってるわ!!」という声が今にも聞こえてきそうな気がします…(笑)

そんな人は不足する栄養素をサプリで取り入れてみてはどうでしょうか。生活習慣の改善が無理なのであればサプリでしっかりと補えばいいんです。

スポンサーリンク

必要な栄養素

肌の調子を整えるために必要不可欠な栄養素それがビタミンB群。ビタミンB2は脂質の代謝を促し皮脂の分泌をコントロールしてくれます。ビタミンB2が不足すると脂質の代謝が乱れ、肌が脂っぽくなってしまいます。

ビタミンB6は女性ホルモンのエストロゲンの代謝に関わり、ホルモンバランスを整える働きがありビタミンB6を摂取することでホルモンバランスが整い皮脂の分泌を抑制します。

ビオチンも脂漏性皮膚炎には効果的で、皮膚の炎症をおさえコラーゲンの生成を助け皮膚や粘膜の健康を促し皮膚の再生力を高めます。

近年はアトピーや脂漏性皮膚炎に効果があると言われ注目されています。ビオチンが不足することで乾燥肌やニキビなど肌トラブルを起こしやすくなります。

このように皮脂に悩んでいる人はビオチンやビタミンB2、B6は積極的に摂っておきたい栄養素です。 

どれがいいか分からない

サプリは種類が多くどれが良いか悩むところ…。私はサプリに関しての知識が無かったので、とにかく日本製で誰もが知っていて信頼できる「チョコラBBプラス」これを飲み続けていました。

脂漏性皮膚炎には必須なビタミンB2、B6、ビオチン、ニコチン酸アミド、ヨクイニンの全てが入っていて、1日の最大量が2錠で手軽に摂取できるも私が食い付いたポイント。

効果についてですが、結果をいうと即効性はまず私は感じられませんでした。まったく効果がないというわけではなく、続けて1カ月ほどで肌のかゆみは治まりました。ですが、スッキリ治ったっていえるほどの効果までは感じられなかったのが率直な感想です。

サプリの効果に関しては漢方と似たような感じがします。

体の内側から、皮脂が出にくい体質へと徐々に導くものであってサプリ自体が先頭に立って完治させるものではないと思います。サプリを治療のメインにするのではなく、あくまでも皮膚科での治療をメインにしつつ普段の生活で改善できない栄養面などを補助するものだと考えた方が良いと思います。 

まとめ

  1. 脂漏性皮膚炎とは肌荒れや、ニキビ症状がよく似ていることから本人が脂漏性皮膚炎だと気づかずに過ごしている場合が多い
  2. 皮脂の増加に比例して常在菌マラセチアも一緒に増殖しマラセチア菌が排出する脂肪酸が肌に刺激を与え脂漏性皮膚炎を起こす
  3. 脂漏性皮膚炎の治療や再発防止には体の内側から「皮脂の分泌量をおさえる」体作りをする必要がある
  4. 皮脂の出にくい体作りは生活習慣を大きく見直す必要があるが、どうしても無理であるなら脂漏性皮膚炎に効果のあるビタミンB群をサプリで積極的に摂り入れると良い
  5. 病院の治療を主として、サプリはあくまでも補助的なものとして使う

 

サプリでスカッと良くなればなんて思いますが、脂漏性皮膚炎はマラセチア菌が増殖してしまった以上、菌に対する治療も必要になり病院での治療は必須。

でも脂漏性皮膚炎に必要な栄養素をサプリで積極的に補うことで確実に完治を早める効果があります。サプリは皮脂を抑制する体作りへと導いていることは間違いないので、生活を見直す時間がない人こそ私はサプリを取り入れる価値があると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です