脂漏性皮膚炎のあなたに効果的な化粧水はどんな化粧水なの?

脂漏性皮膚炎と化粧水1
スポンサーリンク

私は脂漏性皮膚炎という皮膚の異常に悩まされ続けていました。

最初症状が出たときは乾燥かなにかで肌にトラブルが起きてしまっただけだろうと思い、保湿をしてみたり、時には肌がべたつくように感じ、化粧水を塗らないという日々を続けた期間もありました。

しかし症状は一向に良くならず、更に悪化の道をたどり、肌の炎症は顔だけではなく頭皮のほうにまでも広がり、顔や頭皮の皮膚がボロボロとむけ落ちてくるという最悪の状態に陥ってしまいました。

そこでようやく皮膚科に受診したところ、脂漏性皮膚炎であるという診断を受けたのです。

ようやくこれで脂漏性皮膚炎という肌の異常から脱出できると思ったのですが、なかなか皮膚科から処方された薬だけでは完治に至らず苦労しました。

脂漏性皮膚炎と原因とは?

まずは完治するためにも、自分の身に何が起こっているのか知るためにも、原因を探ってみることにしました。

私は脂漏性皮膚炎になってから、酷く乾燥する日もあれば、オイリー肌のようにベタベタテカテカ状態の日もあり、原因は肌の乾燥なのだろうと勝手に考えていました。

しかし、実際の脂漏性皮膚炎の原因は、乾燥ではなく、マラセチア菌というカビ菌が原因でした。

このマラセチア菌というカビ菌は、人間誰しもの肌にある常在菌というものです。しかしなぜこのマラセチア菌と言うものが原因で脂漏性皮膚炎という状態になってしまうのか・・・。

マラセチア菌は皮脂を好み、皮脂を食べることで増殖してしまいます。

本来肌にある常在菌は善玉菌と悪玉菌のバランスが取れているため肌トラブルの起こらない健康的な肌を保つことが出来るのですが、悪玉菌であるマラセチア菌が増えてしまうことで、常在菌のバランスは崩れ、肌は菌の悪さに対抗することが出来なくなってしまい脂漏性皮膚炎が引き起こってしまうのですね。

皮膚科からの診断と薬

脂漏性皮膚炎と化粧水2

 

脂漏性皮膚炎の原因であるカビ菌の増殖を食い止め死滅し、悪玉菌であるマラセチア菌の数を減らさなければ症状は改善しないという事で、外用抗真菌薬という塗り薬を処方されました。

カビ菌などと真菌を死滅してくれる外用薬ですね。

また、肌の炎症を抑えるためにということで、外用ステロイドという塗り薬も共に処方されました。

 

皮膚科の薬で脂漏性皮膚炎は治る?

脂漏性皮膚炎と化粧水4

実際に皮膚科で処方された外用抗真菌薬というものを塗ると、マラセチア菌は死滅し、外用ステロイドを塗れば肌の炎症や痒みはすぐに治まり、数日ほど塗っただけでかなり症状が改善しました。

症状が良くなり皮膚科に再診すると、薬を塗るのを中止して良いという事で、かなり簡単に治ったなと安堵していました。

しかし2日後、なんと肌の様子は一変、せっかく治ったと思った肌はまたかゆみや赤みが見られ始め、すぐに皮膚科から処方されていた残りの薬を塗りました。

すると症状はやっぱりすぐに治るのです。

これを何度も何度も繰り返し、このまま繰り返しては意味が無いと思い、皮膚科の薬以外で治したいと思うようになりました。

完治しない理由は?

皮膚科の薬で脂漏性皮膚炎ガ完治しない理由はなぜなのでしょう。

原因はマラセチア菌の特性にありました。

マラセチア菌は常在菌であると先ほども言いましたが、常に肌にある菌なので、増殖した菌を一度死滅させ数を減らしたとしても、餌があればまたすぐに繁殖してしまうのです。

その為、皮膚科で処方されたマラセチア菌を減少させる薬を塗っても、塗らなくなればすぐに増殖は再開、症状は再発していたのですね。

マラセチア菌の餌をなくして脂漏性皮膚炎の完治?

マラセチア菌の餌は皮脂でしたね。

スポンサーリンク

私は皮膚科の薬を使わずに脂漏性皮膚炎を治すためには、皮脂が大元の原因であるのではと思いました。

マラセチア菌に餌を与えてしまうからいけないのです。

皮脂の分泌量を正常にするために

皮脂の分泌量を正常にするためには、【食生活】【ホルモンバランス】【乾燥】を改善する必要がありました。

食生活

食生活は油分の多い食事は皮脂の分泌量を増やしてしまうので、油物を避けた食事を心がける必要があります。また、辛いものやアルコール類も皮脂の分泌量を多くしてしまう原因となるので避けましょう。

ホルモンバランス

ホルモンバランスが崩れてしまうと皮脂の分泌量にも異常をきたします。ホルモンバランスが崩れてしまう原因としては、ストレス、日々の生活リズムです。ストレスを溜めないようにストレスを発散したり、睡眠時間を十分に、一定時間とり生活リズムを整えることが大切です。

乾燥

肌が乾燥してしまうと、肌は潤いを与えなければいけないと思い、皮脂を過剰に分泌してしまいます。

皮脂の分泌量を正常にするためには、適度に潤った肌を手に入れる必要があります。

マラセチア菌が増殖しない肌へ・・・

食生活、ホルモンのバランスについては自分で何とか心がけることで改善できますが、問題は乾燥です。

乾燥は化粧水などを用いて肌に潤いを与えなければいけませんよね。

私が肌がベタベタオイリー肌っぽいからと言って化粧水を塗らないで過ごしていたのは、本当に馬鹿です。真似しないでくださいね。

肌の常在菌のバランスを簡単に整えて、脂漏性皮膚炎が引き起こらないようにしたいと思い、様々な化粧水を試してみましたが、やはりマラセチア菌に打ち勝てるような化粧水は市販では売られていないようで、なかなか完治には至りませんでした。

そこで、脂漏性皮膚炎を完治させることが出来る化粧水を探し求めているときに知ったのが整菌スキンケアという商品でした。

実は旦那にも脂漏性皮膚炎の事を相談していたのですが、その話を同僚にした所、同僚の奥さんも脂漏性皮膚炎に悩んでいたことがあったものの、整菌スキンケアを使用してから脂漏性皮膚炎が再発することが無かったというのです。

そこで私も整菌スキンケアを使用すれば、脂漏性皮膚炎の再発というエンドレスから抜け出せるのではないかと思い購入してみることにしました。

辛い肌トラブルの救世主!
ヒューマンフローラの整菌スキンケア!
まずはお試しセット1080円!
【整菌スキンケア】

6整菌スキンケアで脂漏性皮膚炎の完治!

前向き

整菌スキンケアを購入する際に調べてみたところ、肌の常在菌の善玉菌をボディーソープで洗うときに増やしてくれて、そのあとはローションで保湿しながら善玉菌を活かし育ててくれるというのです。そして更にミルククリームで善玉菌を守ることで悪玉菌に打ち勝ち健康的な肌を保つことが出来るのです。

脂漏性皮膚炎は整菌スキンケアなら絶対に治すことが出来るだろうと思いました。

購入し使用した所、使い心地としても肌に優しい成分で作られているという事もあり、荒れ果てた肌に付けても沁みたりすることなく使用できました。

もちろんマラセチア菌を死滅させるわけではないので皮膚科の薬よりは効果が出るまで多少時間はかかりましたが、約1ヵ月ほど毎日使っていただけで、かなり肌の状態は落ち着きました。

また、整菌スキンケアを使っていれば、皮膚科の薬を使用していなくても脂漏性皮膚炎が再発することもなく、すごし続けています。

脂漏性皮膚炎は肌の常在菌を整えて過ごすことで完治に至ることが出来ますよ。

辛い肌トラブルの救世主!
ヒューマンフローラの整菌スキンケア!
まずはお試しセット1080円!
【整菌スキンケア】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です