脂漏性皮膚炎に飲み薬って効果あるの!?皮膚科医に聞いたレポ!!

脂漏性皮膚炎と飲み薬
スポンサーリンク

私は肌の異常に気付き、皮膚科に受診したところ脂漏性皮膚炎でした。

異常としては、肌は粉が吹いているかのように皮膚が割れ剥がれ落ちてきて、痒みもありました。

その痒みも、強い痒みというよりかは、ムズムズしていてどうしようもないような落ち着かない痒みで、とてもイライラしました。

皮膚がどうなろうとも日常は続くわけで、仕事も休むことができず、必死に隠そうとしていました。

しかし、お客様と直接顔を合わせて成立する仕事に就いていた私としては、本当に苦痛でした。

親しくなっていたお客様や同僚からはかなり心配され、「大丈夫?どうしたの?」と毎日いろいろな人に・・・。

心配してくれているのはわかっていても、どんどん肌が汚いと言われているのではないかという被害妄想に駆られたり、いちいち指摘してくるのがもういやだという気持ちになっていました。

中でも、「病院は?薬は?」と心配されるのが一番気分が滅入りました。

なぜなら私は、皮膚科に通い、「これで治るよ」と言われた飲み薬を毎日忘れず欠かさずに飲んでいたからです。

忙しい時でも、なんとなく薬が飲みたくない日も、忘れないように飲んでいるのに・・・。

これで治ると言われ、信じて飲んでいるのに、なかなか治らないのです。

「私だってどうしたらいいかわからないよ!」と心の中では叫んでいました。

脂漏性皮膚炎に処方される薬とは?

脂漏性皮膚炎とかゆみ3

私は脂漏性皮膚炎になり、塗り薬と飲み薬を処方されました。

脂漏性皮膚炎への塗り薬は?

まず、塗り薬は以下の2つを処方されました。

  • ステロイド外用剤・・・脂漏性皮膚炎の炎症を抑えるために処方されます。
  • 抗真菌外用剤・・・脂漏性皮膚炎の原因であるマラセチア菌を死滅させ、カビからの悪影響を抑制するために処方されます。

飲み薬

飲み薬は以下のものを処方されました。

  • 痒み止め内服薬・・・患部のムズムズ痒い感じが耐えられない、イライラしてしまう、集中できなくなってしまうと相談したところ、痒みを抑えるために処方されました。
  • ビタミンB内服薬・・・ビタミンBが不足してしまうと、マラセチア菌増殖の手伝いをしてしまう皮脂の分泌量が過剰になってしまうため、皮脂の分泌を正常にするために処方されました。また、ホルモンのバランスを整え、皮脂の分泌量を正常に戻す役割も果たしてくれると言われました。

脂漏性皮膚炎に皮膚科の薬を使った結果・・・

脱ステロイド

先ほども言った通り、結果としては治りませんでした。

治らなかったというと語弊となってしまうかもしれませんね。

正しくは、一度は治るが、すぐに再発する。と言うのが正解でしょう。

ステロイド外用薬、抗真菌外用剤、かゆみ止め内服薬、ビタミンB内服薬、この4つの薬を塗り、飲み始めてから、症状は一気に改善しました。

しかし、ステロイド外用薬や抗真菌外用剤は長期間にわたり、使用し続けると副作用が出るということで、使用の中止を勧められたのです。

その瞬間、ビタミンB内服薬は変わらず飲んでいたのにも関わらず、すぐに再発してしまい、ムズムズする痒みと、赤く炎症の起きた肌を目の当たりにしました。

そんなことを何回か繰り返しているうちに、自分が一生懸命取り組んでいる治療は意味が無いのではないかと思うようになりました。

脂漏性皮膚炎が治らない・・・皮膚科に相談

紐解く

私は皮膚科の医師に率直に聞いてみることにしたのです。

「この繰り返し症状が出てしまう結果となる治療をこのまま続けて意味はあるのでしょうか。」

すると医師は、「では治療を辞めましょうか?治療を辞めて肌がどうなろうとも責任は負えませんからね。ただ言えることは薬の使用を辞めれば必ず悪化し酷い状態となってしまうでしょうね・・・。」

そんな回答を受け私は、このまま続けるしか道はないのだとがっかりしました。

また、医師はこうも言いました。

「薬だけに頼らずに、体質改善を行ってください。脂漏性皮膚炎になりにくい体を作らなければいけないのです。」

ステロイドは長期的に使用できませんし、抗真菌外用剤は一時的に菌を減らすことは出来るものの、そのまま菌が繁殖しやすい状態が続いていればすぐにまた増殖し出してしまうのです。

薬を使わなくてもよい体に持っていく事が大切でした。

脂漏性皮膚炎を治すために体質改善

脂漏性皮膚炎を治すために出来る体質改善の方法です。

スポンサーリンク
  • 脂分の多い食事は、皮脂の分泌量の増加に繋がります。揚げ物やナッツ類は避けましょう。
  • 糖分も皮脂の分泌量を増加させます。摂取のし過ぎには注意が必要です。
  • 便秘になると肌の調子が悪くなってしまいます、食物繊維を積極的に摂り、快便を目指します。
  • ビタミンBを薬だけではなく、食事からも摂取しましょう。
  • ストレスや睡眠不足はホルモン異常の原因となり、ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌量も増えてしまいます。ストレス解消、十分な睡眠をとりましょう。
  • 毎日入浴し清潔を保つことはて大切ですが、肌への刺激とならないように優しく、優しい成分の洗浄剤で洗いましょう。このような体質改善も脂漏性皮膚炎の完治のためには大切なのですね。

脂漏性皮膚炎について考えを変えた。

私は脂漏性皮膚炎を治すための考えを改めました。

今までの私は薬さえあれば症状は改善し、痒みも押さえられると思っていましたが、結局は肌の状態を完璧に治すためには、薬以外のアプローチも大切なのですね。

薬の説明で築いたかもしれませんが、脂漏性皮膚炎に処方される飲み薬や塗り薬は全て、その症状を少しでも緩和するものでしたよね。脂漏性皮膚炎への特効薬、完治を導く薬ではないのです。

そんなこんなで、毎日私は体質改善を始めました。同僚からの外食も断り自炊し、好きなものを食べず肌に良いものだけをたくさん食べました。脂分や糖分を恐ろしいものだと思うほど避けていました。食事ああまり楽しく感じなくなっていましたね。

更に、十分な睡眠をとりたい、ストレスを出来るだけ感じないように一人で居たいと思い、仕事後の食事や飲み会も徹底的に断りました。

そんな私をノリが悪い、付き合いが悪いという人もいましたが、本当に仲が良かった同僚であり友人は、私のストイックさに心配してくれていました。

皮膚科の薬よりも効果抜群?!完治に向かった要因は?

最善

私の事を心配してくれていた友人は、ある日仕事終わりに食事をしようと誘ってきました。

もちろん私は断ろうとしたのですが、「私が今日プレゼントするもので肌がものすごく良くなるかもよ!!」と言われ、嘘だろうな、騙されるものかと思いながらも、久しぶりに食事に行く事にしました。

その友人は見かけだけの心配をしてくれていたのではなく、脂漏性皮膚炎のこと、治し方、薬の副作用や再発のリスクなどを良く調べてくれていました。

それだけでもわかってくれている人が傍にいたという事に、うれしい気持ちと距離を置いていたことへの不甲斐なさでいっぱいになりました。

更に友人はある商品を私に紹介してくれたのです。

それは整菌スキンケアというものでした。

テレビで紹介された整菌スキンケア!
まずはお試しセット1080円!
【整菌スキンケアのヒューマンフローラ】

整菌スキンケアは、肌の表面にある常在菌の善玉菌のほうを育み、育て守ってくれるというボーディーソープ・ローション・クリームでした。

脂漏性皮膚炎を引き起こすマラセチア菌というカビ菌は悪玉菌であり、善玉菌を増やし強くすることで、肌を悪玉菌から守り、マラセチア菌の増殖は食い止めてくれるというのです。

これを使用すれば、皮膚科の薬を使い続けなくてももしかしたら脂漏性皮膚炎は治るのではないかと思いました。

こんなに私を心配したくさん調べてくれた友人からの紹介という事もあり、使用してみる事にしました。

まとめ

私が整菌スキンケアを使用し始めてからしばらくは皮膚科の薬と併用していたのですが、今まで以上に肌の調子がみるみる良くなっていくので、思い切って皮膚科で処方されていた薬を辞めて整菌スキンケアだけにしてみました。

私は再発を恐れていたのですが、その不安とは裏腹に肌の調子が悪くなるという事は一向になく、皮膚科の薬を使わずして脂漏性皮膚炎の完治を手に入れることが出来たのです。

脂漏性皮膚炎を治すためには、肌自体の状態をしっかりと変えることがとても大切なのだなと思いました。

副作用もあり、どんどん薬の効果も薄れてきてしまうという不安もありましたし、医薬品を使わずして肌の健康を保つことが出来るということは、とても安心で安全に感じています。

その後は会社に出社するのも苦しくなくなりましたし、友人との食事も楽しめるようになりました。

今でも食事や睡眠については気を付けていますが、以前ほどストイックにストレスになってしまいそうなほどの制限をしなくても良くなり、私も毎日を存分に楽しめているなと感じています。

テレビで紹介された整菌スキンケア!
まずはお試しセット1080円!
【整菌スキンケアのヒューマンフローラ】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です