脂漏性皮膚炎に飲み薬って効果あるの!?皮膚科医に聞いたレポ!!

脂漏性皮膚炎と飲み薬
スポンサーリンク

私は脂漏性皮膚炎と診断されてから、長いこと悩まされました。

しっかりと皮膚科に受診し、処方された薬も服用していました。

しかし、治ったのは一時的・・・。

薬をもらって治るのに、また少しすると再発してしまうのです。

はじめて脂漏性皮膚炎になった時は、ここまで悩むものだと思っていませんでした。

顔だけではなく頭皮にも症状が出るので、フケが良くついている人だと思われることがとても嫌でした。

また見た目にも当然悩みましたが、とにかくムズムズと何かに這われているかのような落ち着かない微妙な痒みにイライラしてしまっていました。

大事な会議の時も、お客様と話している時も、上司と会話している時でさえ痒みが襲ってくるのです。

掻いてしまえば悪化してしまいますし、化粧も崩れるフケのような皮膚も落ちてくる、掻くのを我慢していると顔が歪んできて、気分が悪いのかと心配されたり、機嫌が悪いのかと思われ、相手の気分を害してしまうことも離ありました。

どうしようもない状態に叫びたくなる毎日でした。

脂漏性皮膚炎に処方された薬

私は皮膚科に受診し、いつも飲み薬と塗り薬を処方されていました。

脂漏性皮膚炎に処方される飲み薬は?

脂漏性皮膚炎とかゆみ3

脂漏性皮膚炎になった私に処方された飲み薬はいつも2つでした。

1つはかゆみ止めの内服薬です。

痒みを感じるとつい掻いてしまい症状が悪化したり、痒みを我慢できずイライラしてしまうということを伝えたところ、かゆみ止め内服薬を処方されました。

2つ目はビタミンB内服薬を処方されました。

ビタミンBが不足してしまうと、マラセチア菌という脂漏性皮膚炎の原因となる菌の増殖を食い止めることが出来なくなってしまいます。

それはビタミンBが不足してしまうことによって皮脂の分泌量がコントロールできなくなり、過剰分泌された皮脂を餌としてマラセチア菌がどんどん増殖してしまうからです。

皮脂の分泌量の過剰を抑制するためにもビタミンB内服薬は必要でした。

脂漏性皮膚炎に処方される塗り薬

脂漏性皮膚炎の私には飲み薬のほかに塗り薬も処方されていました。

1つ目はステロイド外用薬です。

炎症を抑えるためにと処方されていました。

2つ目は抗真菌外用薬です。

脂漏性皮膚炎の原因となっているマラセチア菌を死滅させることで、脂漏性皮膚炎を治すためです。

薬での脂漏性皮膚炎の治療結果は・・・

脱ステロイド

冒頭でも言いましたが、私の脂漏性皮膚炎は皮膚科の薬で治りました。しかし、一時的にです。

すぐに再発してします。

治らないのです。

なぜ治らないのかということを医師に尋ねました。

するとまずステロイドは塗っても炎症が治まるだけで、根本的な解決にはならない、また抗真菌薬を塗っていたとしても皮脂があればまたすぐに餌を食べ繁殖してしまうというのです。

また、飲み薬ですが、かゆみ止めはあくまでも痒みを抑制するだけで、根本的な解決にはならない、ビタミンBはいくら薬で摂取したところで、蓄えることはできず毎日摂津しなければいけません。また油分の多いものを摂取すればそれだけビタミンBは消費されてしまうので肌の状態は元通り。

薬だけの力では治らないというのです。

え?医師でも治せないの?んじゃあどうしたらいいの?

頭の中は?でいっぱいでした。

薬に頼らず治しなさい?!

皮膚科の医師には、薬を使って一時的に症状を改善したとしても、予防のために薬を飲み続けたり塗り続けたりするのは不可能、予防のためには脂漏性皮膚炎になりにくい肌にするために体質改善をしなければいけないということを説明されたのです。

脂漏性皮膚炎を治すための体質改善とは?

脂漏性皮膚炎を治し、予防のためには体質改善が必要だということで行ってみることにしました。

・油分、糖分の多い食事は避けること

油分の多い食事、糖分の多い食事は皮脂の分泌が過剰となってしまうため避けます。

・便秘は避ける

便秘になると老廃物を排出しようとするため肌からも老廃物を排出しようとして肌が荒れてしまいます。

快便を目指します。

スポンサーリンク

・ビタミンBを薬以外から

ビタミンBを薬だけではなく食事からも摂取する必要があります。

・ストレス、睡眠不足

ストレスや睡眠不足になってしまうと、自室神経が乱れてしまい、ホルモンバランスが崩れ皮脂の分泌量が異常になってしまいます。

しっかりと眠りストレスを溜めない事も大切です。

体質改善だけでは限界が・・・

肌に薬を塗っていても一時的な症状の改善だけで根本的には意味がないということで、副作用も現れるようになる前にいち早くやめてやろうとおもい、塗り薬を塗るという行為を辞めました。

その分体質改善に努めることにしたのです。

体質改善を始めると、本当に徐々にですが炎症が酷く見られなくなっていきました。

一応飲み薬は飲み続けていたので、痒みは抑えられていました。

しかし、結構な期間体質改善を行っていたのにも関わらず、やはり完璧な完治は手に入れられなかったのです。

そんな状態が続き、私はどんどん疲れてしまっていました。

食事も決まったものを食べる、肌もいつも清潔に、皮脂が多い日は自分を責める、夜寝る前は朝になると症状が酷くなっているのではないかということを心配になり、ストレスを溜めないようにと思っても溜まってしまうのです。

そんな状態で一人になりたいことが増え、頑張ることにも疲れ、症状にも悩み、外出することにも気力がなくなってしまいました。

そんな私の状態を聞きつけた友人が自宅に尋ねてきてくれました。

友人にも会いたくないと玄関も開けずに断ろうとしたところ、同じように悩んでいた知人からあるものを紹介してもらった、これで治るかもしれないと言うのです。

そんなはずはない、こんなに頑張っても治らなかったのにと思いましたが、せっかく来てくれて私のためにと何かを持ってきてくれたということで、話を聞いてみることにしました。

脂漏性皮膚炎が治る・・・?!

友人が持ってきてくれたのは脂漏性皮膚炎が治るという整菌スキンケア
というものでした。

友人の知人も脂漏性皮膚炎になったことがあり、整菌スキンケアに救われたというのです。

なんとその商品は脂漏性皮膚炎の原因となるマラセチア菌が増殖できない状態をつくりだしてくれるというのです。

しかも、ただボディーソープで洗ってローションを塗ってクリームを塗るだけで・・・。

とっても胡散臭いと思いました。絶対に嘘だと思っていました。

一方で薬を塗らなくなった私には体内改善+肌の外側からのアプローチも必要だということはうすうす気づいていました。

そこでもし治ったらラッキ―だしなというくらいで使用してみることにしました。

私の現在の肌は・・・

最善

整菌スキンケアを使い始めてから、すぐに効果は見られませんでした。

しかし、購入した分だけでも使い切ってみようと思い、そのまま使い続けると、少しずつ肌が改善されていくのを実感したのです。

その後も徐々に肌の調子は良くなっていき、皮膚科の薬を塗っていた時のように回復しました。

気になるのはその後です。また再発するのかなと心配でした。

ところが、肌の菌の状態が良い状態で保たれているおかげか、症状が再発することなく過ごすことが出来ているのです。

今では自分で整菌スキンケアを購入し、毎日使っています。

薬では一時的にしか治すことが出来ないという衝撃から精神的にも落ちてしまいそうでしたが、皮膚科の薬を使わずに体質改善を行い、更に肌へのアプローチを整菌スキンケアで行うことで、健康的な肌を取り戻すことが出来ました。

今では肌のイライラする痒みに襲われることもなく、あの時の私とは見違えるほど仕事が出来るようになったと上司に褒められることもあります。

同僚とも心から仲良くすることが出来たり、何より快適な状態で仕事に打ち込める、プライベートも充実させられる今がとても幸せです。

整菌スキンケアの公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です