脂漏性皮膚炎にホホバオイルは使える?効果を感じた3つの使い方

○脂漏性皮膚炎とホホバオイル1
スポンサーリンク

脂漏性皮膚炎に悩む方は、保湿目的でホホバオイルを使ってみようと考えてみる方は多いのではないでしょうか。炎症で敏感になった肌には、ホホバオイルのような天然由来で、極力肌に刺激が少ないものをつけたいですよね。

でも、「脂の分泌が多い脂漏性皮膚炎に、オイルを使って悪化しない?」と不安になりませんか?実際に、良くない使い方をすると、悪化してしまう事も…。

私も20歳前後の6年間ずっと脂漏性皮膚炎に悩んでいましたが、その時実際にホホバオイルを毎日のケアに利用していました。

そこで、実際に私が脂漏性皮膚炎でホホバオイルを使った感想や、効果、利用法を紹介したいと思います。

ホホバオイルの特徴と使い心地

○脂漏性皮膚炎とホホバオイル2

ホホバオイルは、ホホバという植物の種子をぎゅっと絞って採取される植物由来のオイルです。クセがなくさらさらとした軽い使用感、低刺激で肌馴染がよく、どんな肌質にも合うためとっても使いやすいのが特徴です。体はもちろん、顔にも頭皮にも使えちゃいます。

ホホバオイルが脂漏性皮膚炎に最適な理由

私がオイルを使う時に心配したのは「油焼け」という症状。オイルの種類によっては、太陽光を浴びて皮膚の上で酸化する事により色素沈着などの「油焼け」と呼ばれるトラブルを引き起こしてしまいます。いくら保湿したいとはいえ、そんな目には絶対あいたくないですよね。

ホホバオイルの特筆すべき効能としては、保湿力の優秀さに加え、「成分が劣化しにくい事」が挙げられます。酸化しにくいオイルのため、油焼けを起こしにくいのだそうです。だから、朝晩を問わず使えるのが魅力的ですね。実際に私も朝にも夜にも顔の保湿に利用していました。

実際に脂漏性皮膚炎にホホバオイルを使ってみた感想

脂漏性皮膚炎とホホバオイル3

総評として、ホホバオイルを使ってみて本当に良かったです!

スポンサーリンク

何より良かったと思うのが、つけてもひりひりせず、痒くならなかった事。ホホバオイルは評判通り肌馴染みがよく、低刺激で痒みが悪化しませんでした。

次に保湿効果。サラサラとした使い心地ですが、しっかり保湿してくれます。

皮脂が沢山でているのに更にオイルをつけて悪化しないか不安でしたが、私は平気でした。でもつけすぎた時や、面倒で適当に使ってしまったときは少しムズムズしてしまったので、使い方や量を工夫する必要があると思います。

ホホバオイルの使い方いろいろ

脂漏性皮膚炎には、いろいろな症状が伴いますよね。

かゆみ、赤み、皮膚片の剥離、毛穴のつまりによる頭皮の悪臭、吹き出物などなど。

ホホバオイルは、そんな症状にも対応できる優秀なオイルなんです!

・保湿剤として

洗顔して化粧水で水分補給をした後、保湿剤としてホホバオイルをつけます。付けすぎはよくないので、自身の症状から適切な量を試していくのがおすすめです。

刺激なく保湿できて、皮膚片がぽろぽろ剥離してしまうのも防げて一石二鳥ですよ。

・メイククレンジングのオイルとして

メイクを落とすのにも使えちゃいます。メイクを落とす力は弱いので、ポイントメイクにはリムーバーをつかってしまうとスムーズです。市販のクレンジングオイルより優しい使い心地で、肌の乾燥が和らぎました。

注意点としては、洗い残しがないよう丁寧に洗い流す事。洗い流すのが少し大変なので、意識的に注意しましょう!

・顔や頭皮の毛穴のケアに

ホホバオイルを使って顔や頭皮をマッサージする事で毛穴のつまりが解消し、頭皮の悪臭の軽減や、吹き出物の予防につながりました。弱った皮膚を傷つけないよう、優しくやるのがコツです。

頭皮は自分でマッサージするの、結構難しいですよね…。良い動画を見つけたので、参考にして是非トライしてみて下さい!

まとめ

  1. ホホバオイルは優しい使い心地で低刺激
  2. 成分が劣化しにくく、抗酸化作用もあり、脂漏性皮膚炎向き
  3. 保湿にも、メイク落としにも、毛穴のつまりのケアにも使える

保湿効果に加えて、私には皮膚片の剥離防止、吹き出物予防、頭皮の悪臭予防にとっても役立ったので、肌に合えばきっと悩みが減るはずです!

脂漏性皮膚炎にホホバオイルがおすすめな理由を書いてきましたが、「ホホバオイルは自分に合わない」と感じる人もいるかもしれません。

医薬品ではありませんから、合わない、悪化したと感じたら、直ちに利用を停止してくださいね。焦らずに、自分に合ったケアの方法を探していきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です