脂漏性皮膚炎にも優しい化粧品とは、○○の量が重要なポイントに!!

脂漏性皮膚炎と化粧品1
スポンサーリンク

一度脂漏性皮膚炎になると、女性の場合一番困るのがメイクです。赤く炎症を起こした肌を隠すためにもメイクは必要不可欠!!ですが間違った化粧品選びで脂漏性皮膚炎を悪化させないためにも、脂漏性皮膚炎経験者である私が経験をもとにした化粧品選びについてご紹介します。

脂漏性皮膚炎になるとどうなる?

まずは脂漏性皮膚炎という皮膚疾患について理解しておきましょう。脂漏性皮膚炎を発症すると肌が赤くなりかゆみを伴います。

赤みだけでなく症状がひどくなった場合は皮膚がただれ浸出液まで出てしまい、完治までに長い時間を要します。長い人だと10年近くこの皮膚疾患の治療を続けている方もいます。

この脂漏性皮膚炎とは皮脂の過剰分泌により起こります。私自身も過去に仕事が忙しくストレスを抱えていた時期がありました。

生活リズムや食生活までもが不規則になったことでホルモンバランスを崩しオイリー肌になってしまい、その結果脂漏性皮膚炎を発症しました。

化粧品が脂漏性皮膚炎を悪化させる!?

脂漏性皮膚炎と化粧品2

あの頃の私はまさか自分が脂漏性皮膚炎だなんて思いもせず、頬の赤みや炎症はニキビだと勘違いしていたので、特にこれといった対処をせずいつものように頬の赤みをしっかりと隠すようなメイクをしていました。

固形のファンデーションよりも液体のクリームファンデーションの方がしっかりと肌をカバーするので頬や額の赤みを隠すように重ねづけするようにメイクをしていました。

どうしても目立ってしまう炎症部分はコンシーラーでさらに念入りに隠し、毎日コッテコテのメイクを繰り返していました(笑)でもこのメイク方法が実は大きな落とし穴だったのです。

化粧品の選び方

皮膚科を受診し自分の肌がニキビではなく脂漏性皮膚炎だと診断され、化粧品についても指導されました。脂漏性皮膚炎は皮脂が過剰に分泌された状態の肌に、マラセチア菌という肌の常在菌が大量に増殖します。

皮脂を好むマラセチア菌達は、栄養となる皮脂が多くあればあるほど増殖し脂漏性皮膚炎を悪化させます。

ですから普段から使う化粧品、スキンケアもなるべく油分を避けたものを選ぶ必要があるのです。化粧品でこれ以上肌に油分を増やしてしまってはマラセチア菌のエサを増やしていることになり皮膚は治るはずがありません。

いかに油分を減らしたケアをするかが重要になってくるのです。

私がおすすめする化粧品

脂漏性皮膚炎と化粧品3

私が使っていたクリームファンデーションやコンシーラーは油分を多く含んでいる化粧品なので、脂漏性皮膚炎の炎症をいくらカバーできたとしても症状の悪化を招いてしまいます。

スポンサーリンク

私のコッテコテメイクは一番やっちゃダメなメイクでした(笑)

そこで私が出会ったファンデーションがミネラルファンデーションの「オンリーミネラル」です。

ミネラル=鉱石の天然成分は肌に負担をかけず、その上紫外線などから肌を守る力があります。このオンリーミネラルは肌への負担にこだわり抜いて作られているので、

  • 合成着色料
  • 合成香料
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤
  • パラベン
  • 小麦由来成分

といった人工成分を使用していません。

このオンリーミネラルのファンデーションは肌に優しい微粒子100%のパウダーファンデーションで優しい成分で軽いつけ心地なのにカバー力にとても優れています。

パウダーファンデーションなので何と言っても脂漏性皮膚炎に良くない油分の心配もないので、赤みを帯びた肌を隠すようにファンデーションを塗り重ねても、罪悪感なく思う存分メイクを楽しむことができたのが私にとって何よりも良かったポイントです。

皮膚科での治療も並行していましたが、油分を最小限におさえたスキンケアや化粧品に変えたことで、1カ月間使い続けたころには肌の赤みが落ち着き始めました。

今まで皮膚科の治療でもあまり効果を感じられていなかったので、油分のバランスは本当に重要なんだと感じます。

メイク道具も忘れずに!!

脂漏性皮膚炎と化粧品4

油分をおさえたスキンケアだけで満足してはいけません。化粧品以外にも気をつけてもらいたいことを最後に一つ紹介します。それはファンデーションのパフやブラシを清潔にしておくこと、これ実は結構重要です!!

時々真っ黒になったパフを使い続けている女性いますよね?あれ絶対ダメですよ!あのパフも肌トラブルの原因なんです。汚れたパフには顔の皮脂や汚れがたくさんついています。

顔をいくら清潔にしていても、パフに大量の雑菌がウヨウヨした状態で使い続けていたらマラセチア菌の増殖なんか一向に止まりません。直接肌に触れるメイク道具は3~4日に1回の洗浄が理想的です。この機会に自分のパフを一度見直してくださいね。

まとめ

  1. 脂漏性皮膚炎を発症すると肌が赤くなりかゆみを伴う
  2. 皮脂の過剰分泌でマラセチア菌が増殖することで脂漏性皮膚炎を発症する
  3. 知らずに毎日の化粧品が脂漏性皮膚炎の悪化につながることもある
  4. 脂漏性皮膚炎には油分の少ない化粧品を選ぶこと
  5. パフやブラシなど直接肌に触れるメイク道具は雑菌が繁殖しやすいので、常に清潔にしておくことが大切

メイクは女性にとって必要不可欠なものであり、楽しみのひとつでもあります。脂漏性皮膚炎になってしまったからといて、メイクを控える必要はありません。

私はオンリーミネラルを知ったことで脂漏性皮膚炎の肌をしっかりと隠しながら、メイクを楽しむことができました。この脂漏性皮膚炎を逆に良い機会だと考えて、自分に合う新たな化粧品探しをしてみるのもなかなか楽しいものでしたよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です