脂漏性皮膚炎での皮膚科の選び方。どうしても治らない時はここを選ぼう!

脂漏性皮膚炎と皮膚科1
スポンサーリンク

脂漏性皮膚炎は家庭だけでのケアではなかなか治りません。重症化する前に皮膚科へ通うことが完治への近道です。

とはいえ、脂漏性皮膚炎は通院してもすぐに治るものではなく、重症化してしまうと何年も闘病することになってしまいます。事実、私も重症化してから通院を始めたため、発症から完治まで約6年かかりました。

なかなか治らないとお医者さんへ不信感を抱いたり、治療方針は本当にこれでいいのか、悩んでしまいますよね。

そこで、引越の関係で5,6件の皮膚科を転々とした私が、皮膚科の選び方や、どうしても治らない時の転院について悩んでいる方に知って欲しい事についてまとめました。

どこも治療方針はほぼ同じ。基本は先生とのフィーリングで選ぼう。

5,6件の皮膚科を転々して実感しましたが、どこの皮膚科も基本となる治療方針はほぼ同じです。つまり、ステロイド外用薬と抗真菌剤を主軸とした治療です。

それにプラスして食事指導があったり、ビタミン剤やヒルドイドローションの処方をしてくれたり、若干の差異があるくらいで、まったく違う治療法を勧める先生はいませんでした。

そのため、「先生との相性が良ければ、短期間で転々とする必要はないのでは?」というのが私の感想です。

治療方針は同じでも、女性医師であればメイクについてアドバイスして下さったり、最近の研究結果などから有益な情報を気さくに教えてくれる医師がいたり、個性様々です。

威圧的な先生も勿論いらっしゃいますし、まずはなんでも相談できる先生がいらっしゃるクリニックを選び、通えばよいと思います。

脂漏性皮膚炎と皮膚科2

治療方針の変更は、漢方皮膚科がおすすめ

半年~1年はきちんと皮膚科に通い、薬も指示通りに服用・使用し、生活習慣に気を付けて過ごしたとして、それでも良くならない、あるいは悪化していると感じる事があると思います。

そこで最終的におすすめしたいのが、従来の治療法と併せて漢方による体質改善を試みてくれる「漢方皮膚科」です。もし身近になければ、従来の皮膚科に加えて、別に漢方医を受診してみるのも良いでしょう。

脂漏性皮膚炎の症状と、対応する治療法を下記に記載します。

スポンサーリンク
  • マラセチア菌(真菌)が皮脂を餌に増殖(炎症) → 抗真菌剤で増殖抑制
  • ダメージを受けた皮膚の保湿力低下(乾燥肌) → 普段のケアで保湿
  • 皮膚保護の為皮脂が出る(脂性肌) → 食べ物やビタミン剤、保湿剤で調整

皮脂のコントロールだけ間接的で、頑張っても皮脂の分泌が鎮まらない人も多いと思います。ここを漢方の力を借りて、抑える力を上げてもらいます。

私も最終的に漢方皮膚科にかかり漢方をしばらく飲みましたが、皮脂が見るからに減って驚きました。

生活習慣を整えても改善しない方におすすめです。

漢方は長期戦になる事を覚悟する

漢方の効果は緩やかで、すぐに現れるものではありません。長く続けることが前提で、普段不養生をしていればなおさら効果は目に見えにくいものになります。

漢方を処方されるだけ薬の値段は高くなりますし、普通のクリニックより開院時間や予約に関して、融通が利かない所が多く、長期間通院するには強い意志が必要です。

私もなかなか予約が取れず平日仕事を休んで行くことにしたり、何時間も待たされたり、通院にかなり骨が折れました。漢方は苦くて、飲むたび憂うつな気分になったり…。

だから、1件目の皮膚科でなく、どうしても改善が見られない場合の2件目以降の手段としておすすめします。

漢方を飲んでも、西洋医学での治療を続けること

東洋医学の漢方は神秘的で体に優しそうだし、つい刺激の強い西洋医学的なステロイド外用薬や、抗真菌剤での治療が嫌になってしまうかもしれません。しかし、両方を並行して治療を行うことが完治への近道です。

両方の治療を同時に提案してくれる漢方皮膚科も多くあります。皮膚科と漢方医を別々に受診する場合は、飲んでいる薬を報告して飲み合わせをきちんと判断してもらいましょう。

まとめ

  1. 皮膚科はどこも治療方針は同じ
  2. 何でも話せる先生のところがおすすめ
  3. どうしても治らないときは、漢方皮膚科がおすすめ
  4. 漢方での治療は長期戦を覚悟する
  5. 漢方を使う場合でも、西洋医学の治療も並行する

私が6年の治療皮膚炎を完治させたときに通っていたのは、漢方皮膚科でした。勿論、最後までステロイドも抗真菌剤も使用していましたよ。

なかなか治らない脂漏性皮膚炎はそもそも体質が原因かもしれませんから、漢方という選択肢を取り入れると完治に繋がるかもしれません。ぜひ、近隣の漢方皮膚科を探してみて下さいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です