脂漏性皮膚炎が治らない!!でもそれ便利な世の中が原因ですよ

脂漏性皮膚炎と治らない1
スポンサーリンク

脂漏性皮膚炎を経験した方のほとんどが、なかなか治らないこの皮膚炎に悩まされています。適切な治療を受けても早くて1カ月から3カ月ほどの治療期間を要します。

治らないのは決してあなただけではありません。でも、なぜこの脂漏性皮膚炎は治りにくい皮膚炎なのか気になりますよね。治らない理由を少し調べてみました。

脂漏性皮膚炎の症状

まずは脂漏性皮膚炎の症状は、皮脂分泌が多い人に出やすい皮膚の炎症です。脂漏性湿疹と呼ばれることもあります。普段、皮脂の分泌量はバランスよく保たれているのですが、何らかの原因でそのバランスが崩れ、皮脂を過剰に分泌してしまっていることが原因で脂漏性皮膚炎が起こります。

皮脂の過剰分泌が原因ですが、それ以外にマラセチア菌が原因となっていることもあります。マラセチア菌はカビの一種!!

「カビだなんて私の皮膚はそんなに不潔なのかしら…」

って思うかもしれませんがマラセチア菌はみんなが持っている常在菌という菌です。

このマラセチア菌は皮脂が大好物。つまり皮脂をエサとして繁殖しているカビで頭皮、耳の後ろ、顔でいうと鼻周りやTゾーン、頬やあごにかゆみを伴う赤い湿疹が現れます。

皮膚が乾燥し水分を失ってポロポロと剥がれ落ちることもあり、この症状が頭皮に出るのがフケです。

気づくのが遅いからある程度症状が進行

実は病院にも行かないで、何年も気づかずに脂漏性皮膚炎を持ち続けている人が非常に多くいます。初期症状はニキビのような湿疹やフケ。どちらもニキビや乾燥肌なのかな?!程度で済ませ軽視してしまいがち。

いつか治ると放置してしまってはどんどん症状が悪化します。症状が悪化すればもちろん皮膚炎の範囲も広がり、病院を受診する頃には手遅れ状態なんてことも…。

こうなってしまっては完治までに相当時間がかかってしまいます。

間違ったケアが原因

脂漏性皮膚炎と治らない2

脂漏性皮膚炎の始まりは乾燥肌の症状とよく似ています。肌がカサカサしてかゆいからクリーム塗っておかなくっちゃ…まさにこんな感じのかゆみが。

乾燥肌の場合ならこのケアで正解。乾燥した皮膚に乳液や保湿クリームでしっかりと油分与え乾燥の悪化を防ぎます。でも、脂漏性皮膚炎にはこのケアは禁物。間違いなく誰に聞いても絶対やってはダメなケア。

過剰に皮脂が分泌しているのに、さらにクリームなどの油分を与えることは間違いなく悪化につながります。でも脂漏性皮膚炎と気づいていないのであれば、知らず知らずに間違ったケアで自ら悪化に導いているのです。

他の病気の可能性

皮膚の赤みやフケ、かゆみを放置していると脂漏性皮膚炎ではなく他の病気の可能性も考えられます。

アトピー性皮膚炎

皮膚科の先生ですら見間違うことがあるほど症状が似ています。

・赤みを帯びた肌

・かゆみを伴って肌が乾燥する

・皮膚の落屑

見分け方のポイントとしては、脂漏性皮膚炎であれば皮脂腺が少ない肘やひざの裏といった関節部分に症状は出ません。これはアトピー性皮膚炎特有の部位で左右対称の出方をします。

ニキビ

実は私もニキビだと思って放置していた一人。赤いポツポツした湿疹はニキビに良く似ており、ニキビも脂漏性皮膚炎と同じで皮脂の分泌が多い顔や頭皮にできる湿疹。

スポンサーリンク

素人の判断でニキビと思い込んでしまい長引いていても、ニキビだからと気にせず過ごしていました。

尋常性乾癬

尋常性乾癬は近年日本人にも増加傾向のある皮膚病です。頭部のみの症状だと皮膚科専門医でも区別することが困難。症状はニキビのような赤くぶつぶつした発疹が徐々広がり皮膚が赤みを帯びます。

脂漏性皮膚炎と同じかゆみを伴ったフケも出ます。もし頭皮や顔以外で身体にも湿疹が出るようであれば尋常性乾癬を疑ってください

なかなか治らない時にすべきこと

脂漏性皮膚炎と治らない3

皮膚科を受診

病院受診は必ずしてください。フケやかゆみを伴った湿疹を放置していると、症状はどんどん悪化し頭皮の症状は脱毛にもつながります。

早期に治療をすれば、比較的長引くことはありません。症状がある程度悪化したときに初めて病院を受診する人が多いので、脂漏性皮膚炎の治療が長引いてしまう原因でもあります。

食生活や生活環境を見直してみる

まずは、脂っこい食べ物を極力減らすように心がけてみましょう。

私はあまりガチガチに制限すると、逆にこの制限が自分のストレスとなって脂漏性皮膚炎の悪化につながりそうなので心掛ける程度で生活に取り入れてみました。

いくら治療をしていても毎日脂っこいものばかり食べていれば当然皮脂の分泌量は上がります。頑張っている毎日のお手入れも台無し(笑)

シャンプー・リンス・洗顔を抗真菌成分配合に変えてみる

抗真菌成分配合の石鹸はドラッグストアで手軽に手に入ります。分からなければ皮膚科で聞けば教えてくれます。私には驚くほど効果が現れたので

「本当に増殖したカビが私の皮膚に無数にいたのね…」

と少し悲しくなってしまうほどでした(笑)

何をしても効果がなければ、脂漏性皮膚炎の原因かもしれないマラセチア菌の撃退しかありません。マラセチア菌がいるかいなかが分からなくても、抗真菌成分に一か八かでかけてみるのです(笑)

抗真菌成分で彼らの増殖さえ食い止めることができれば必ず症状は落ち着いてきます。

これはニキビだと思って放置していた私には一番効果がありました。私の場合、症状は頬や鼻周りを中心にして広がっていたので洗顔を抗真菌成分配合に変えてみました。

頭皮のフケやかゆみに悩んでいる方はシャンプーやリンスを同じく抗真菌成分配合に変えてください。脂漏性皮膚炎なら必ず効果は出ます。

まとめ

  1. 脂漏性皮膚炎の原因は皮脂の分泌量が増え皮膚が炎症を起こしているか、皮脂をエサとするマラセチア菌の増殖が原因と言われている
  2. 脂漏性皮膚炎は誰でも起こる肌トラブルのような初期症状なので軽視され、受診する頃にはある程度悪化してしまっていることが多い
  3. 脂漏性皮膚炎と似た別の皮膚の病気の可能性もある
  4. 必ず病院は受診すること。勝手な自己判断であっかすれば髪の抜け毛も招く
  5. 自分でできることとして食生活を見直し、石鹸を抗真菌成分に変えてみる

 

今はスマホで簡単に病名推測できる便利な時代ですが、その反面勝手な自己判断で自ら病気を長引かせてしまっている可能性もあります。

まずは病院をきちんと受診した上で正しいお手入れをするようにしましょう。私も勝手にニキビと思い込んでいたのん気な10年前の私に言ってやりたい(笑)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です