背中ニキビが治らない人必見、入浴方法を見直すだけでキレイな背中に

背中ニキビの原因
スポンサーリンク

背中って普段人に見せることがないから、あまり気にすることってありませんよね?

ムダ毛が生えていようが、ニキビができていようが人に見られることさえなければ生活するうえで支障がない。気にはなりつつも、そのままでいっか♪って放置している人きっと多いはず。

ぶっちゃけ私もその一人です。そんな女子力低下な背中を放置していると、背中を人目にさらさなくてはならない時が急にやってくるんです。

夏には海やプールのお誘い、冬は友達との温泉めぐり、それ以外にも友人の結婚式や二次会でドレスを着る際の露出。季節を問わずその機会は急にやってきます。

ムダ毛であれば背中は人の手を借りてすぐに処理はできますが、ニキビとなると1~2日でなんとかなるもんじゃありません。そんななかなか治らない背中ニキビに悩んでいる人に、一度見直してほしい入浴ポイントをご紹介します。

背中ニキビができる原因

背中ニキビの原因

背中ニキビができる原因というのは基本的には顔のニキビと同じです。何らかの原因によって毛穴が詰まってしまって炎症を起こしたり、肌の皮脂を大好物とするアクネ菌やマラセチア菌といった常在菌が皮脂を餌にして増殖し、皮膚の炎症を起こすことでニキビが出来てしまいます。

背中って細かい部分まで手が届かずどうしてもケアがしにくい部分です。

顔のように丁寧な洗浄や保湿が行き届かず、逆にそこまで背中のケアしている人の方が珍しいはず。そんなお手入れ不足になりがちな背中は皮脂腺が多く、顔と比べると背中の皮膚は厚くて硬いので、一度ニキビができてしまったら悪化しやすく、悪化した後も跡が残りやすいんです。

湯船にゆっくりと入る

背中ニキビと湯船

そんな一度できてしまったらなかなか治らない背中ニキビ。そんな時に一度見直してほしいのが入浴方法です。これから挙げるポイントに心当たりはないですか? 

背中ニキビを治す入浴法として大切なのが湯船にゆっくりと入ることです。

夏場暑くなってくると、ついつい面倒になってシャワーだけで済ませてしまうこと多くないですか?実はこれではなかなか背中ニキビは治りません。

背中ニキビを治すためにはまず初めに湯船に入ってください。背中の皮膚は硬いので毛穴が開きにくく毛穴が閉まったままの状態でどれだけ体を洗っていても、毛穴の奥の汚れまで落とすことができません。

そこで初めに湯船に入って体を温めてあげることで毛穴を広げることで毛穴の奥にある皮脂や汚れが落ちやすくなります。きちんと毛穴の奥に詰まっているニキビの原因となる汚れや雑菌を落とさなければニキビは治らないんです。

スポンサーリンク

背中に残るすすぎ残し

背中ニキビの洗い残し

私みたいに日々育児に追われ女子力が大幅に低下している人間は、何事も子供中心に回っているので自分は時短優先で、頭も顔も体も全部洗ってから最後に上からジャーっといっきに流すまさに“部活男子”のような入浴スタイル!!(笑)

でもこれって背中ニキビの原因になっていたんです。

毛穴ニキビの原因は皮脂の詰まりからだけではく、実は毎日の入浴にも原因があります。シャンプーやコンディショナー、ボディーソープ、自分ではしっかりと洗い流したつもりでいても、それはあくまでも「つもり」であって、背中のすすぎ残しが原因ってことが結構あるんです。

特にコンディショナーに多く含まれている油分はニキビを悪化させる原因になってしまいます。腕や足なんかはヌルヌルしていたら、すすげていないことにすぐ気づくのですが、背中って届かないことが原因でやっぱり見落としがちに。

その対策としては、できるだけ顔を前に倒した状態で髪を洗い、流す時も同じ態勢ですすいでください。洗い流した泡などが背中をつたう洗い方をしなければ背中にシャンプーなどが残るリスクも大きく減るのですすぎ残しには効果的です。

意識してもらいたい洗う順番

これらに加えてもう一つ気を付けてもらいたいのが、洗う順番です。

はじめにシャンプー、コンディショナーを済ませます。その次に顔そして最後に体を洗います。はじめに体を洗ってしまっても、後からシャンプーや洗顔の泡が背中をつたってしまいます。

だから、最後に体を洗いつつすすぎ残したシャンプーなどを流すつもりで丁寧に洗いましょう。全身を流した後は最後に首元までしっかりと湯船につかってしまえば、ほとんどのすすぎ残しは防ぐことができます。

洗う順番まで決めてしまうとなんだかせっかくの入浴が堅苦しく感じちゃうかもしれませんが、手間が増えるわけでもなく、とくに面倒なこともないので毎日の習慣のようにしてしまえば自然と背中ニキビのできにくい肌になっていきますよ。

まとめ

  1. 背中ニキビは顔ニキビと同じで、毛穴に皮脂が詰まり炎症を起こしたり、菌の繁殖が原因で起こる
  2. 入浴の仕方が重要で、はじめに湯船に入り毛穴を広げ、毛穴の奥の雑菌や汚れを落としやすくする
  3. シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しが背中ニキビの原因になる
  4. お風呂で洗う順番を、頭→顔→最後に体と変えるだけで、背中ニキビのできにくい肌になる

背中って自分では見えないので背中ニキビの存在に気づいていない人も多いんです。でも思っている以上に他人の目につくのが背中ニキビ。一度できてしまうと、顔のニキビのようにこまめなケアができない部位なので、治るのにも時間がかかります。

ママになったら背中を人目にさらす機会なんてないって思ってませんか。私は子供ができてからの方が断然プールに行く機会も増え水着で背中をさらすことが多くなりました。

私のように子供に手が取られゆっくり自分に時間がかけることができない人も、毎日のケアがめんどくさくて苦手な人も、入浴方法を見直してみるだけの簡単な方法で自然と背中ニキビの改善や予防につながります。

今までなかなか治らない背中ニキビの原因は、自分の毎日の入浴習慣が原因だったなんてことが分かるかもしれないので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です