究極ズボラ女子の私でもできた!背中ニキビのらくらく対策法

背中ニキビの対策
スポンサーリンク

背中ニキビって気が付きにくいし、中々治りにくくて困りますよね?

私も海に行こうと友だちと計画していた時に、何気なく鏡を見た時に背中ニキビが全体的にぶわーっと出来ていることに気が付いて本当に心臓がバクバクして焦りました。。。

そこで背中ニキビを治すために「四苦八苦した私が特に重要だと感じた」お風呂での対策を紹介していきます。

どうしてお風呂が重要なの?

シャンプー

あなたはどのような基準でシャンプーやトリートメントを選んでいますか?

私はCMでやってたとか、薬局の目立つところで売っているとかあまりこだわりなく選んでいましたがそれがそもそもの間違いの始まりなのです。

シャンプーの何が原因?

洗浄剤…洗浄力の強い石油系界面活性剤

保護材…シリコン

以上、2つが主な原因です。

なぜこの2つがダメなのでしょう?実は洗浄力が強いと必要な皮脂まで洗い流して乾燥してしまい、さらにその上からシリコンが毛穴を詰まらせると背中ニキビが出来る環境を完成させるのです。

何気なく買ったシャンプートリートメントが原因なら今すぐにでも新しいものを買いに走るべきです。

ではどういう基準で新しいシャンプートリートメントを買えばいいのでしょう?

私はこれを基準に選びました。

洗浄剤…天然由来のアミノ酸系

保護材…ノンシリコン

またおすすめの使い方として

  1. 効果を確認するため1度試してみる
  2. 効果があれば使い切る。ダメなら使用をやめて別の種類を買う
  3. 背中を完全にきれいに出来たら次はもう少しお手軽なノンシリコンシャンプーに変える

です。

これを続けて背中ニキビの赤みが引けばシャンプーが原因です。

10代の頃ニキビになったことがなくても20代や30代になると背中ニキビに悩む人が急増します。私も効果がないシャンプーやトリートメントを残すのはもったいなく感じましたがその分早く自分に合ったものを見つけることができましたよ。

身体を洗うときに注意すること

保湿女性
スポンサーリンク

私の場合、身体が菌で汚いんだと思っていたのでナイロンのタオルで背中の菌を落とそうととにかくゴシゴシ・ガシガシとこれでもかってぐらい擦りましたが。。。

乾燥を招いてよくなるどころが酷くなるばかりであの頃の自分を叱ってあげたいです。

お風呂での正しい対策

  • 身体は柔らかいタオルで洗う。ナイロンやボディブラシはNG! 綿素材のものがおすすめ。
  • お風呂は毎日入ろう。汗をかいたらこまめに拭くのもGOOD!
  • シャンプーやトリートメントは身体を洗う前にすませる

またロングヘアーの人は髪の毛を束ねておくと化学物質の付着を減らすことが出来るので意識しておくといいですよ。

どちらかと言えば固いタオルでゴシゴシするのが好きだったので綿素材は汚れが落ちていない気がして落ち着きませんでしたがそんなこともなく背中ニキビによく効きました。

私の場合、入浴中にピーリング石けんも使用していましたよ。古い角質を取り除き、薬剤を背中に残しっぱなしにすることを防止することも出来て一石二鳥でした。

また背中ニキビを治すことも重要ですがお風呂でゆっくりすることによって楽しみながらケアできたのもよかったです。

お風呂のあとも対策は続く!

背中ニキビは清潔にするのと同じくらい実は「保湿」が1番重要なのです。

基本の対策は

  • 潤いを与える
  • 28日周期のお肌のターンオーバーを待つ

これだけ見ると背中ニキビ対策というより、お肌の再生を待つって感じです。約2カ月ぐらいで効果が表れてきますのでまずは続けてみることです。

保湿する場合に選ぶべき効果とは?

  • ニキビの炎症を鎮める抗炎症成分
  • ニキビの原因を対峙する抗菌成分
  • 皮膚をケアする保湿成分
  • ニキビ跡をケアする美白成分

この4つが配合されているものを選ぶと背中ニキビに効果が表れやすいですよ。また背中の皮膚は思っているより分厚いので肌に浸透しやすいものや使いやすく続けやすい化粧水を選ぶと楽です。

私は高ければ効果があると信じて使用し続けていましたが、効果があってもお金がいくらあっても足りないなと後悔してのでお手軽なのは重要です。

まとめ

  • シャンプーやトリートメントは天然由来&ノンシリコンで毛穴詰まりを予防
  • 綿素材のタオルで身体を優しく労わるように洗う。ゴシゴシしても意味なし!
  • お風呂を出た後も油断しない!顔と同じく丁寧に保湿する

この3つを意識すれば自然に背中ニキビ対策になっていくので再発することもなく海やプールなどで誰もが振り返る見返り美人の美しい背中を手に入れることができますよ。

ただしこの3つの対策をしているからと油断せず、定期的に鏡で背中を確認してみると早期発見につながりますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です