瞑想でアトピー症状を改善する?赤みを取る新しいアプローチ方法!

アトピーと赤みを取る方法1
スポンサーリンク

瞑想と聞いてあなたはどういったイメージを持っていますか?

和、精神統一、寺でやること、などのイメージがあると思います。

瞑想には集中力を高める効果があり、いまあらゆる会社が仕事の効率をあげるために、瞑想を取り入れています。

しかし、この瞑想にはなんとアトピーによってできた皮膚の赤みを取ってくれる効果もあるのです。

そこで今回は、瞑想で皮膚の赤みを改善する方法、生活習慣でできることも紹介します。

マインドフルネス瞑想でアトピーでできた赤みを取る

アトピーと赤みを取る方法2

少し変わったアプローチで赤みを取る方法があります。

それが「マインドフルネス瞑想」です。

最近グーグルやフェイスブックなどでも仕事の一環として取り入れられており、マインドフルネス瞑想をすることで、精神が落ち着き、仕事を効率的に取り組むことができると言われています。

「だけどマインドフルネスと赤みを取るのになにが関係があるの?」と思ったあなた、安心してください、いまから説明しますよ。

日本免疫治療研究会会長の西原克成氏の研究によると、マインドフルネス瞑想をすると、ストレスホルモンであるコルチゾールの量を正常にする効果があることがわかりました。

そして、マインドフルネス瞑想は睡眠に匹敵する細胞疲労の回復効果があり、それが肌の新陳代謝を促してくれます。

わたしは一年前にマインドフルネス瞑想を取り入れたのですが、とてもリラックスすることができ、それによって睡眠の質も良くなり、いつの間にか皮膚が普通のひとと同じくらいきれいな皮膚になっていました。

やり方は簡単です。静かな部屋に行き、リラックスした体勢になり、軽く目を閉じます。

そして、呼吸に意識を向けて、15分間その状態を続けます。

やっている間に余計なことが浮かんだときは、その意識に囚われているなと、感じ取り、考えすぎにまた呼吸に意識を向けます。そしてゆっくり目を開けて、終わりです。

最初のうちはなかなか難しいですが、慣れるととてもリラックスでき、肌の改善に役立ちます。

生活習慣を見直してもあまり効果がなかったひとは、ぜひマインドフルネス瞑想を取り入れてみてください。

生活習慣からアトピーの赤みを取る方法

アトピーと赤みを取る方法3

ウィスキーを適量飲む

ウィスキーには抗酸化作用がある、ポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールを摂取すると、体が酸化するのを防いでくれて、きれいな肌に近づくことができます。

そして、ウィスキーの樽のにおいには森林浴と同じリラックス効果があると言われているので、ストレスを緩和させて、皮膚症状も改善できます。

厚生労働省では、20グラムが適切なアルコール摂取量と言われているので、その量を守って飲みましょう。

有酸素運動をすること

アトピーの治療には定番中の定番ですが、有酸素運動をおこないましょう。

有酸素運動をすることによって、血液の流れが良くなって、全体にたくさんの酸素、栄養分が届きます。

そして、皮膚の新陳代謝が改善されて、肌の赤みも段々と薄くなります。

スポンサーリンク

有酸素運動は、ドーパミン(快楽を感じたときに分泌されるホルモン)、メラトニン(幸せを感じた時に分泌されるホルモン)が多く出て、気持ちが前向きになります。

わたしは、皮膚の赤みが気になって鏡の前でいつもため息をついていましたが、有酸素運動を取り入れたことによって、赤みをあまり意識しなくなり、いつの間にか、赤みが取れていました。

保湿剤を使って改善するのも重要なのですが、有酸素運動によって体の中から、気持ちから改善することも皮膚の赤みを取るのに重要です。

体内時計を整える

夜遅くまで仕事して、ご飯食べてゆっくりしていたら、いつの間にか12時回っている。

わたしが昔よく行なっていた習慣です。肌はくすみ、赤みもひどかったです。

しかし、夜早く寝て、朝日を浴びて起きる。そんな生活を続けることで体内時計が整って、体が健康になり、皮膚もきれいになりました。

どうしても仕事が遅くまでかかってしまうという人は、帰宅してから軽くシャワーを浴びて何もしなしですぐ眠りましょう。

快眠ができ、早く起きることもできて、皮膚もたっぷり休めることができます。

ビタミンCを摂取する

アトピーによる赤み改善に、ビタミンCは必須の栄養素です。

ビタミンCは体内では取ることができないので、積極的にとりましょう。

前に飲み物でビタミンCを取ろうと思い、アセロラドリンクを毎日のように飲んでいたのですが、費用がかさむのと、効率的でないことに気が付いて、錠剤で取ることにしました。

すると費用も抑えられて、効果もすぐ出たので、錠剤をうまく使ってビタミンCを摂取しましょう。

皮膚に直接塗って、アトピーの赤みを取る方法

アトピーと赤みを取る方法4

セラミド入りの保湿剤を使う

アトピーによってできてしまった赤みは、セラミド入りの保湿剤を使うことによって大きく改善されます。

アトピーのひとは勉強家のひとが多いので、もうすでにセラミドの大切さは知っているかもしれませんが、一応セラミドについて説明します。

セラミドは、細胞間脂質という成分のひとつで、水分を皮膚の中に閉じ込めてくれる皮膚の健康のためには欠かせない、成分です。

同じ役割を担っている天然保湿因子や皮脂がありますが、セラミドは50パーセントも数を占めており、セラミドの数を常に補充しておくことは赤みを取る方法のとても重要な改善策のひとつです。

ドラッグストアでもセラミド入りの保湿剤がたくさん置いてあるので、皮膚の赤みを取るために、ぜひ使いましょう。

ピーリングをしてみる

ピーリングも皮膚の赤みを取るために重要な方法です。

なぜなら、ピーリングは狂ってしまった皮膚の新陳代謝を促してくれるからです。

どこの薬局でもピーリングのローションは売っているので、試してみましょう。

しかし、肌にまだ炎症が残ってしまっているひとはおすすめできません。

なぜなら、ピーリングによって、皮膚の状態が悪化する恐れがあるからです。

なので、皮膚の状態が落ち着いているときにやることをおすすめします。

まとめ

  • マインドフルネス瞑想にはコルチゾールを正常化する、睡眠と同じくらい細胞疲労の回復効果があり、皮膚の新陳代謝を促して、皮膚の赤みを取ることができます。
  • 生活習慣では、規則正しい生活を行い、食事はビタミンCを積極的に摂取して、適量のウィスキーを飲むことで皮膚の赤みが良くなります。
  • アトピーでできた皮膚の赤みを取るには、セラミド入りの保湿剤やピーリングをするなどの皮膚に直接塗って改善する方法があります。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です