日焼け対策には服選びが重要!間違えるととんだ悲劇が待っている!

日焼けと服1
スポンサーリンク

ジメジメした暑い夏、白やオフホワイトの服を涼しげに着こなしたりノースリーブの服をかっこよく着てる人って素敵ですよね。

でも将来的な美容と健康を考えると、その時の見た目だけ重視するというわけにもいきません。夏は軽やかに白系できめたい!なんて思うところですが、服選びと着方が日焼けに大きく影響するんです。

それに、自分では日焼け対策をしているつもりでも、その方法が間違っていたら悲惨ですよね。しっかりチェックして失敗のないようにしましょう。

長袖過信にご用心!

じめじめと蒸し暑い時に長袖を着て頑張っている人っていますよね。堪え性のない私には到底マネできないな、と尊敬してしまいます。でもその努力ってちゃんと成果が出ていなかったら…悲惨ですよね…。

長袖などで肌を覆ってさえいれば日焼け対策になると信じている人がいるようですが、それは間違いなんです。せっかく肌を覆っていても、それが紫外線を透過してしまうものだとあまり意味がありません。

UVカット効果のないシースルーのような素材で、特に白っぽい色だと暑さに見合うだけの成果は得られないでしょう。長袖というだけで安心するのではなく、色や素材を考えるようにしましょう。

顔の日焼けが気になる人のうっかりミス

日焼けと服2

顔の日焼けが気になるという人は、もしかしたら服の選び方を間違えているのかもしれません。顔の日焼けと服なんて関係ないように感じるかもしれませんが、実はかなり影響が大きいんです。

証明写真を取る時などに白い服を着たり白いハンカチを膝に掛けると映りが良くなると聞いたことはありませんか?これは白い色が光を反射して顔を明るく照らしてくれるからです。

写真を取る時に効果的なこの方法ですが、それを太陽の下でやったらどうなるのでしょうか?戸外で白い服を着ていると、常に反射が顔に当たっていることになってしまうのです。

それで直接あたる光と反射の光の両方で顔の肌を焼くことになってしまい日焼けしやすい状態を作りだしてしまっているのです。

夏のビーチでは水着の上から羽織れるラッシュガードを着ている人が多くいます。でも白や薄いピンクなどの色をよく見かけます。

白い砂浜からの照り返しと海面の反射、そしてさらにラッシュガードからの反射があったら顔はきれいに日焼けするので要注意です。

スポンサーリンク

ちなみに、サングラスを掛けても襟元や胸元などの目の下方向から来る反射には対応できないので気をつけましょう。

服選びの重要ポイントとは?

日焼け対策のために服を選ぶなら、まず考えたいのが色でしょう。清々しい白を選びたいところですが、白は光を反射するだけでなく紫外線を透過します。

トップスに白の服を選ぶと顔も焼けるし腕や肩も焼けるという悲劇が待っています。以前私の友人もこれで失敗して、しっかり下着の形が付いてしまったことがありました。白い服を着ていても紫外線はどんどん透過してくるんですね。

ここはグッと我慢して黒や黒っぽい色をチョイスするようにしましょう。アウトドア用の服などではUVカット効果のあるグッズが販売されているので、これらを利用するのもよいでしょう。

最近では街中でもちょっと羽織れるカーデガンがUVカット加工されていたりするので便利ですね。UVカット加工がされていれば白い服でもきちんと紫外線をカットしてくれるので心強いです。

でも顔への反射がなくなるわけではないですよ。それに、このUVカット加工にもちょっと落とし穴が。

UVカット加工がされているからと言って、その効果がずっと半永久的に続くとは限らないんです。それは加工の方法と関係があります。

UVカット加工には二種類の方法があります。一つは服を作る時にUVカットの素材を織り込む方法で、もう一つは出来上がった服にUVカットの薬品をかけてコーティングする方法です。

コーティングしてあるだけだとだんだんその成分が落ちていくので、二年ほどでその効果はなくなると言われています。そうとは知らず使い続けていたらしっかり日焼けしちゃいますね。

一つ目の方法だとの物だと効果は長く、服の寿命まで効果が続くと言われていますが、その分購入時の値段も高いのでいろんな考え方ができるでしょう。

まとめ

日焼け対策のことばかり考えると思うようにファッションを楽しめなくなってしまうかもしれませんが、そこはバランスです。便利グッズを上手く取り入れながら効果的な日焼け対策をしていきましょう。いくつかのポイントを復習すると、

  • 長袖を過信せず素材や色をチェックする。
  • トップスには黒っぽい服を選ぶ。
  • どんな方法でUVカット加工がされているかを確かめる。

となります。それに、服に頼り過ぎずに体にも日焼け止めを塗る習慣をつけるようにしましょう。

帽子や日傘やサングラスといったアイテムを使うのもお勧めです。大き目の物を選ぶと紫外線をカットできる面積が大きくなるのでより効果的ですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です