新生児の保湿はいつから?新生児期の保湿が将来の肌を決める!?

新生児と保湿といつから1
スポンサーリンク

私は我が子が生まれてから様々な悩みや不安にぶち当たりました。

その中でも一番初めの悩みだったともいえるのが肌の保湿についてです。

沐浴指導はありましたが、その中では沐浴を終えたら水分をしっかり拭きとり服を着せるという指導で、保湿については触れられていませんでした。

尋ねてみると、乾燥しやすい冬の時期などは保湿をした方が良いと教えられましたが、普段の保湿は必要ないのでしょうか。

私は、大人になってから、肌の頬の赤みがとても気になり、調べたことがありました。すると大人になってから肌がどれだけキレイかは、赤ちゃんの頃からのケアに関係するという情報を見たことがあったのです。

赤ちゃんの頃に肌をしっかりとケアすることで、大人になってからも肌が綺麗になるのかなと思うと、我が子の保湿ケアはいつから始めたらよいのか疑問になりました。

私が物心ついた頃、小学生くらいの頃には肌のケアなど何もしていませんでした。

やはり保湿などの肌ケアは肌を気にし始める年くらいからで良いのでしょうか・・・。

新生時の保湿ケアはいつから?

なぜ?

生後間もなくから生後3カ月くらいまでは、お腹にいたときの母親の女性ホルモンの影響などにより、肌に十分な水分量や皮脂量が蓄えられています。

しかし、生後3カ月くらいになると母親から受け継いだ女性ホルモンの影響はかなり落ち、それとともに水分量や皮脂量も落ちてきてしまいます。

すると春夏は汗をかき、汗の蒸発とともに必要な水分量が無くなり、肌が乾燥してしまいます。秋冬は外気が乾燥しがちで、肌も共に乾燥しやすくなります。

新生時頃から生後3カ月頃までは皮脂量が十分なので、その上から保湿剤を塗ってしまうと肌トラブルが起きてしまうことがあるので、生後3カ月を過ぎたころから保湿ケアを始めるのが良いでしょう。

すると水分量も皮脂量も丁度よく保たれ、肌のバリア機能が高まるので、健康的な肌が保たれ肌トラブルが起きにくい肌となります。

更に赤ちゃんの肌は大人の肌の半分クライン厚さしかないのです。そのため細菌感染なども起こりやすく、肌トラブルが起こりやすいともいえます。

保湿をして細菌にも外部刺激にも負けない肌を作りましょう。

新生時期の保湿は将来の肌を決める?

両手

新生時期の保湿は将来の肌を決めるのでしょうか。

まず、新生時期に保湿をすると、健康的で綺麗な自然な肌を保つことが出来ます。また乾燥が引き起こると、肌のバリア機能が高まり肌トラブルが起きにくくなります。

一方保湿をしないと、肌のバリア機能は低下し肌トラブルが引き起こりやすくなります。

肌が荒れたり、酷い時には皮膚炎を引き起こし、完治までに長期間かかることもあるのです。

例えばアトピー性皮膚炎になってしまった場合、アトピー性皮膚炎の特徴として慢性的に湿疹が起きやすくなってしまうことになってしまいます。

すると大人になってからも湿疹が出来やすい肌になってしまうことがあるのです。

従って、赤ちゃんの頃から健康的で綺麗な肌を保てる力を作り上げていく事で、大人になってからも綺麗な肌を保ちやすく肌トラブルが起こりにくい肌を手に入れられることができるのです。

赤ちゃんの頃から肌をしっかりとケアしてあげることはとても大切ですね。

スポンサーリンク

赤ちゃんの保湿剤の選び方

触る手

赤ちゃんの肌は先ほども言ったように大人の半分くらいの厚さしかありません。

そのためその薄く繊細な肌に使う保湿剤は刺激が少なく、肌に優しいものを選びましょう。

防腐剤

赤ちゃんの肌に刺激となる一つ目の成分としては防腐剤や保湿剤です。

良く保湿剤等のスキンケア商品には、防腐剤やアルコール、エタノールなどが商品を腐敗させないように含まれていることが多いのです。

パラベン

2つ目はアレルギーの原因となるパラベンというものは皮膚アレルギーを発生させる可能性があるのにも関わらず、安全だとして保湿剤に含まれていることがあるのです。

防腐剤やアルコールなどやパラベンは赤ちゃんの肌にはあまりよくありませんので、含まれていないものの方が良いです。

化学成分

3つ目は石油系の化学成分です。

保湿剤には界面活性剤や鉱物油合成香料、着色料、パラフィンなどと記載されているでしょう。

これらは大人であってもホルモンバランスを崩してしまうことがあります。

大人よりも皮膚が薄い赤ちゃんの肌に大人でも影響されるような成分を塗るのは避けたいですよね。

化学成分が含まれていないものを選びましょう。

ワセリン

ワセリンは、時に肌を保湿するためには一番最適だと言われることがあります。

しかし、実はそれは間違いだと言えます。

ワセリンは石油由来であり、油分が肌のカバーのようになり、水分の蒸発を防いでくれるのです。

しかし、肌自体が乾燥しているところにワセリンを塗っても、肌に水分を与えることはできないので、正しい保湿ケアはできていません。

また石油来なので肌が赤くなったり発疹が出てしまうこともあるので注意が必要です。

ワセリンが含まれていない保湿剤のほうが安心して使用することが出来るでしょう。

私が選んだ保湿剤は?

前向き

我が子の肌に直接塗るものです。私は慎重に選びたいと思いました。

そこで薬局をまわり、避けるべき成分の含まれていない保湿剤を探したのですが、なかなかよい商品に出会う事が出来ませんでした。

我が子を抱っこしながら薬局を回るのも疲れたので、自宅インターネットで探すことにしました。

すると薬局では一度も見たことのなかった【アトピスマイル クリーム】 というものを見つけました。

アトピスマイルクリームには私が我が子に塗るのを避けたかった成分は全く含まれていませんでしたし、更に肌への保湿力がとても高く、肌バリア機能が高まり、強い肌の基盤を作ってくれるというのです。

私は我が子に安心して使用できるのは間違いなくアトピスマイルクリームだと思い、購入しました。

それ以来お風呂上りの保湿ケアとして全身にアトピスマイルクリームでケアしているのですが、冬の時期でもカサカサになることもなく、いつもスベスベで潤った肌を保つことが出来ています。

ママ友から「子供の保湿剤何使っているの?」と聞かれるほど、肌トラブルが起きません。

根気よく保湿剤探しをしてよかったなと思います。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です