接触性皮膚炎と症状

接触性皮膚炎と症状1
スポンサーリンク

接触性皮膚炎の症状は、他の病気の症状とも類似しており判別が難しいのが現実です。

特に幼児の場合は、どこで何をしているかを説明することもできずまた、アトピーという事やアレルギーなど様々な原因があるので非常に複雑です。

ここでは接触性皮膚炎の主な症状について説明していきたいと思います。

<接触性皮膚炎 症状>

接触性皮膚炎の症状としては、原因物質が接触した皮膚の部分が赤くなり、紅斑や丘疹を伴う事があります。

また人によって差はありますが時として、水疱を伴う事もあります。

このような症状が出た場合には焦る人が多いです。

特に幼児や子供のいる家庭では水疱などが出現すると水疱瘡などを考えてしまう子tもありますがそこは冷静に対処する必要があります。

ここでもう一度押さえておいてほしいポイントとしては、「接触した皮膚の部分に発症する」という事です。

つまりは、原因物質が接触した部分としていない部分とではあきらかな境界が出現するという事です。

水疱瘡の場合は全身性で、接触性皮膚炎のように境界が明確ではありません。

まずはそこで水疱瘡かどうかを判断していきます。

一次的な接触性皮膚炎の場合には、水泡、発赤などの症状のまま経過することが多いです。

適切な治療が行われない事や原因物質が特定できずに放置されてしまったりし慢性的な皮膚炎になってしまうと乾燥、苔癬化などの症状を呈することとなります。

<接触性皮膚炎症状2>

接触性皮膚炎と症状2

皮膚科などではあまり目を向けられることはありませんが、実は精神症状も大きな影響を与えます。

精神症状とは、皮膚炎などの症状で自分の見た目が大きく変化したことで社会的断絶、引きこもり傾向、人間性の変化などが出現することを意味します。

特に思春期以降で多いのが特徴です。

思春期の場合は、完璧なものを追い求める傾向にあります。

そのためにイケメンアイドルや女優などを意識したりすると心理学的観点から説明が出来ます。

そういった時期に皮膚炎などで容姿が変化してしまうと、「人の前に出たくない」「学校に行きたくない」などという発言が見られるようになり精神不安へと陥っていく人も少なくはありません。

実際に病院などでもそのような患者さんが来られたり入院したりもします。

思春期の子供の精神症状については、親をはじめ学校関係者などの適切な対応によってすぐに終息する場合が多いのですが、大人の場合が重症例へと発展しやすくなります。

スポンサーリンク

<大人の症状>

接触性皮膚炎と症状3

大人の場合が実は一番厄介な例です。

私は心理カウンセラーとして様々な人の悩みなどを聞いてきた中の事例を紹介します。

老人施設で働く男性で、ある時施設で使用していた消毒液が原因で接触性皮膚炎となってしまいました。

すぐに受診行動をとらなかったことから、慢性経過へと移行してしまい皮膚のただれなどが出現しました。

利用者の人と接していたある時、家族の方から「皮膚がただれていて気持ちが悪いから担当を外してくれ」と苦情が殺到しました。

それを受けて施設側も対応をし、その男性を送迎係へと変更しました。

それにより男性は精神不安となり、無断欠勤を繰り返した末に退職しました。

大人が発症すると社会的影響も大きいというのが分ります。

特に人と接する職業についている人についてはきちんとした治療を早期に行う必要があるというのが分ります。

そうで中れば下手すると自分の人生にまで大きな影響を与えてしまいます。

接触性皮膚炎の治療については、日本では保険適用となり比較的早期に受診することが出来重症化していなければ安価、早期に症状を軽減することが出来ます。

接触性皮膚炎だから大丈夫ではなく、皮膚炎一つでもこんなにも影響があります。

そこのところをしっかりと押さえたうえで適切な対処をすることを願っています。

<まとめ>

接触性皮膚炎と症状4

接触性皮膚炎は症状が似た病気がたくさん存在します。

素人判断ではなかなか難しく、間違って違う病気に市販の皮膚炎治療薬を使用してしまえば悪化させてしまう恐れだってあります。

特に幼児の場合にはアトピー性皮膚炎をはじめ免疫力が弱いことから感染症の可能性も否定はできません。

その間違った判断が時としてその人の人生を狂わしてしまう事があります。

そこのところを十分に理解したうえで、もしも自分をはじめ家族や友人などが今まで書いたような症状が出現した際には皮膚科などの専門医へと受診するようにと声をかけてあげるという事を大切にしていってください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です