接触性皮膚炎と広がる

接触性皮膚炎と広がる1
スポンサーリンク

接触性皮膚炎は一般生活をしていても簡単に発症してしまうのが特徴的な病気です、

そして感染症とは異なり、広がらないだろうと考える人もいますが広がってしまう事が皮膚炎でもあります。

ここからはそれについて詳しく説明していきます。

<接触性皮膚炎>

接触性皮膚炎の元々の定義としては、なにか物質と接触する事で発症するものと考えられています。

そのために基本的には、何かの物質と触れていない限り皮膚炎が発症することはありません。

しかしこれはあくまでも接触性皮膚炎の場合に限ります。

ではいったいどんな皮膚炎が広がっていくのでしょうか。

<アレルギー性皮膚炎>

接触性皮膚炎と広がる2

アレルギー性皮膚炎はその名の通り、アレルギーがきっかけで発症するもので、前述したように体中に広がっていきます。

そもそもアレルギーとはいったいなんなのかを説明していきます。

アレルギーとは、異物が体内に侵入する事でその物質に対して過剰に反応してしまう状態を指します。

例えば、そばを食べることでそばがアレルギーの原因のアレルゲンとなり、全身のかゆみなどを引き起こします。

アレルギーが引き起こされると、体内では異物を除去するために様々な物質が放出されます。

異物を除去するためにより多くの異物除去に関わる血球などを体中に送るために毛細血管などが拡張します。

そうすると皮膚の腫脹が認められるようになります。

また、同時にヒスタミンという物質が放出されかゆみを引き起こします。

特にアレルギーで顕著なのが、眼のかゆみです。

アレルギーはそばで例えると、食べることで体中に症状が発生します。

アレルギー性皮膚炎でも同じで、一か所でアレルギー反応を起こしてしまうとそこで発生したヒスタミンなどが血流にのり全身へ広がっていく事であちこちで症状が出現します。

この場合に治療としては、抗アレルギー薬の内服などが挙げられます。

薬物治療でアレルギーはほとんどコントロールが可能ですが、場合によっては今後のためにも血液検査でアレルゲンを特定することも大切になります。

<伝染性膿痂疹>

接触性皮膚炎と広がる3
スポンサーリンク

次に紹介したいのが、この伝染性膿痂疹です。

一見難しそうな名前ですが、一般に言われている病名としては「とびひ」です。

子どもの頃などに経験したことが多いのではないでしょうか?

これは簡単にいうと、かさぶたが形成されているときに掻きむしることでそこから浸出液が出てきてしまい、それが正常な皮膚に付着する事でさらにそこから炎症を起こしてしまい広がっていくというものです。

実は皮膚炎でも同じようなことが発生します。

ある時、病院の皮膚科へ来られた患者さんで足全体に広がって発疹やかゆみが出ている患者さんがいました。

診察をしてみると驚いたことに最初は2㎝ほどの接触性皮膚炎から発症したものでした。

その方はガーデニングを行った際に、植物との接触で皮膚炎を発症してしまいました。

発症した後に病院へは行かずに、市販薬で治療をしていましたがかゆみが夜間に出現し、無意識のうちに掻きむしってしまい伝染性膿痂疹を発症してしまいました。

接触性皮膚炎でも、ヒスタミンが分泌されるためにかゆみが発生します。

市販の薬ではかゆみ止めはある程度成分などの量も制限されているために病院と同じように処方することはできません。

そのためはっきり言うと、市販薬は効果がありません。

その方は市販薬のかゆみ止めを使っても効果がなかったのですが、病院で塗り薬と飲み薬でかゆみ止めを処方したところ夜間のかゆみを気になることもなくなり、快眠が出来るようになりました。

皮膚炎事態の治療は難しい治療ではありません。

しかしここで注意したいのが、合併症です。

とくに小児の場合は前述したかゆみを我慢することが出来ず、掻破してしまうことが珍しくありません。

そうして伝染性膿痂疹などを発症してしまうリスクが高いです。

<対処方法>

接触性皮膚炎と広がる5

かゆみが出現しやすい場面としては、入浴時が挙げられます。

温熱効果により血管が拡張し、ヒスタミンなどの物質が今までよりも速いスピードで体中に拡散されます。

そのためにお風呂などは長湯をしないで上がるか、シャワーなどを使用する事をお勧めします。

また夜間の掻破については就寝前に包帯などを膜などの手段を行っていく必要があります。

<まとめ>

接触性皮膚炎と言っても、正しい知識がなければ完治させることはできません。

皮膚炎によって引き起こされてしまう合併症などをしっかりと理解し、適切な対処方法を取っていく事を大切にしていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です