接触性皮膚炎と市販薬

接触性皮膚炎と市販薬1
スポンサーリンク

接触性皮膚炎は、日常生活の中で発生するものすごく身近な病気です。

ここで覚えていただきたいことは、薬では接触性皮膚炎は治らないという事です。

では薬局などで売られている薬はいったいどんな効果があるのかを、ここで解説していきたいと思います。

<接触性皮膚炎の治療薬はない>

接触性皮膚炎の原因は、その名のとおりに何かの物質と接触することで発症する皮膚の炎症です。

おもな症状としては、かゆみや発疹、腫脹、熱感です。

市販で販売されてる薬はこれらの症状を改善する目的で販売されている物です。

ではどんな種類の薬があるか紹介します。

<抗ヒスタミン剤>

主にかゆみの原因となるのは、ヒスタミンといわれる物質です。

このヒスタミンは、外傷や熱傷などの物理的侵襲によって分泌されます。

そのため、皮膚炎などで炎症を起こした際にもヒスタミンが分泌されてしまいかゆみを感じます。

薬局などで販売されている接触性皮膚炎に効果があるといわれている薬としては、ムヒという薬があります。

これは前述したように、かゆみの原因物質を抑制する抗ヒスタミン剤でこれによって細胞中に分泌されたヒスタミンを抑制しかゆみを軽減させます。

<副作用>

接触性皮膚炎と市販薬2

抗ヒスタミン剤は、かゆみをはじめとしてアレルギーなどにも有効です。

日常生活の中で広く使われている薬ですが、一方で副作用があります。

代表的な副作用としては、眠気、口渇感、吐き気、血圧低下などが挙げられます。

市販薬の場合は、病院などで処方される薬と比べると副作用が出現しやすくなっています。

副作用が心配な人は、市販薬を使用することは控えて病院で処方薬をもらうことをお勧めします。

<抗ヒスタミン薬 塗り薬>

飲み薬では副作用が出現してしまうという人は、使用できる部位は限られてしまいますが塗り薬を購入するのも一つの手段です。

塗り薬は飲み薬に比べて副作用も少なく手軽に使用することが出来ます。

飲み薬と比べると効果は低いですが、副作用がないことを考えるといいかもしれません。

抗ヒスタミン薬の塗り薬の場合は、虫刺されのかゆみ止めを使用することがります。

抗ヒスタミン薬で、成分は変わりないので虫刺され薬を使用するのも一つの手段です。

代表的な抗ヒスタミン塗り薬としては、レスタミンが挙げられます。

<ステロイド薬>

接触性皮膚炎と市販薬3
スポンサーリンク

接触性皮膚炎でも、重症化すると皮膚が腫れ、赤みを帯びて炎症が重症化します。

そうなってしまうと皮膚が剥がれたりして、感染症の危険やボディーイメージが変化してしまい社会的関わりを拒む様になります。

このように重症化してしまった場合は、自己免疫などでの修復は困難です。

その為にステロイド薬を使用して、炎症を押さえます。

<市販のステロイド薬>

市販薬でもステロイド成分が含まれている薬があります。

市販薬の場合は配合されているステロイドの量が制限されているため、効果は処方薬ほどではありません。

また医師の診察がなく素人判断での使用となるので場合によっては症状を悪化させてしまう恐れがあります。

<ステロイド薬注意>

ステロイド薬は市販でも販売されていますが、実は素人が安易に使うべき薬品ではありません。

ステロイド薬には成分ごとに、薬の強さが細かく分けられています。

医師が皮膚の炎症状態を診断したうえで、その程度に合わせて適切なステロイドを処方します。

ここまでステロイドに厳しいのには、副作用の心配があるからです。

<副作用>

接触性皮膚炎と市販薬4

ステロイド薬を長期間使用することで、糖尿病、易感染状態、多毛、塗布部位の色素脱色などの様々な副作用が報告されています。

その為に医療機関でもステロイド薬の選定は慎重に行われています。

最近の皮膚科の処方傾向としては、出来るだけステロイドを避ける傾向にあります。

ステロイドを使用すればすぐに炎症などを抑制することが出来ますが、自己免疫で治すことが一番ですがそこで薬を使用してしまうと、自己免疫が働かなくなることもあり身体機能の低下を招いてしまう事もあるので注意が必要です。

<まとめ>

接触性皮膚炎と市販薬5

市販薬の方が価格は若干ですが医療機関に比べて安く、なおかつ病院に行く手間がないことから手軽ともいえます。

しかし、ステロイド薬の選定は確かな経験と知識が必要です。

もしも間違った強力なステロイドを使用してしまえば、皮膚炎よりも重篤な副作用を招いてしまう恐れもあります。

なので時間がないと思いますが、何とか時間を作り医療機関で診察してもらう事をお勧めします。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です