接触性皮膚炎と原因

接触性皮膚炎と原因1
スポンサーリンク

接触性皮膚炎は様々な原因が存在します。

今日はそれらの分類などについて説明していきたいと思います。

<皮膚炎の原因別分類>

皮膚炎には大まかに分類して、刺激性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、光接触性皮膚炎、接触蕁麻疹、職業性皮膚炎という風になります。

それではここから細かく原因などを見ていきたいと思います。

<刺激性皮膚炎>

接触性皮膚炎と原因2

これは名前の通り、皮膚に接触した物質が原因物質となり皮膚炎を発症してしまうものです。

主な原因物質として挙げられるのは、シャンプーや育毛剤、ピアス、下着、コンドームなどです。

これ以外にも日常生活中に存在する物質が原因物質となり皮膚炎を発症します。

私が今まで出会った例としては、輪ゴムで皮膚炎を発症した人を見たことがあります。

よく輪ゴムなどを腕に付ける主婦がいますが、それが原因となり手首が腫れてきてしまった人などもいます。

<アレルギー性皮膚炎>

接触性皮膚炎と原因3

アレルギー性皮膚炎はその名の通り、アレルゲンが付着することにより赤くはれていき皮膚炎を発症するものです。

主なアレルゲンとしては、コバルト、ニッケル、クロムをはじめとする金属類、使用した薬剤、植物などが存在します。

これもまた日常生活の中であふれています。

アレルギー性皮膚炎で私が印象的だったのは、高校生でのアレルギー性皮膚炎の人でした。

お年頃という事もありおしゃれをしたいという気持ちからピアスを耳に付けたところ、アレルギー性皮膚炎を発症してしまいました。

症状としては、全身のかゆみと耳の腫れでした。

ピアスを外してしばらくすると症状は軽減されていき薬を使用する事で症状は落ち着きました。

また別な例としては、自動販売機で販売されているお茶を飲んで発症した人もいました。

お茶の中にアレルゲンが含まれており飲んだために、全身にかゆみが生じ蕁麻疹を発症した人もいました。

<光接触性皮膚炎>

接触性皮膚炎と原因4

皮膚にある物質が光(紫外線)が照射されることで初めて皮膚炎をおこすものを言います。

スポンサーリンク

例えば皮膚に湿布薬を貼っていてそれに紫外線が照射されることで皮膚炎症状を呈するものもあります。

発症事例としては日焼け防止クリームでの発症もあります。

これは中学生のテニス部の女の子で、ある日皮膚炎症状で外来を受診した人でした。

症状としては、皮膚のただれ、発疹、発赤で一時は日光湿疹の可能性もあると考えていましたが、何か塗ったりしなかったかと確認したところ、日焼け防止クリームを使用したと話してくれたため、すぐに検査を行った結果、日焼けクリームを塗ったあとから紫外線を当てると同じ症状が出たために光接触性皮膚炎と診断が出来ました。

このように日焼けを防ぐために使用したもので発症することもあります。

<接触性蕁麻疹>

経皮的な物質との接触により引き起こされる蕁麻疹反応で即時性に原因物質が付着した部位に蕁麻疹が出現します。

アレルギー型の蕁麻疹の場合は症状に注意する必要があります。

症状としては皮膚炎症状だけではなく鼻炎や喘息などの呼吸器症状の出現、腹痛や嘔吐などの消化器症状を引き起こします。

また最悪の場合には、アナフィラキシーショックなどを引き起こすこともあります。

そのため接触性蕁麻疹には十分に注意が必要です。

実際に小児で接触性蕁麻疹が出現したとして病院に来られた人がいました。

その人はすぐに入院となりましたが、じつはアナフィラキシーショックの症状がみられておりあと一歩遅ければ重症化していました。

そのためこの皮膚炎には十分な注意が必要です。

<職業性皮膚炎>

接触性皮膚炎と原因5

最後に紹介するのが、職業性皮膚炎です。

その名の通り職業によって接触する物質によって発症する皮膚炎です。

例えば食品関係者であると、石鹸や手指消毒などに使用するアルコールが原因となって発症するものなどがあります。

地域によって異なりますが、農村地帯では農家が多いために農薬などによる発症が多いのが現状です。

また医療関係者などであれば、ゴム手袋などが原因で発症する人も少なくはありません。

<まとめ>

接触性皮膚炎は、何度も言いますが日常生活の中に存在する物質によって発症します。

そのため知らないうちに物質と接触してしまい発症することも少なくはありません。

万が一、接触性皮膚炎などと思われるような症状が出現した時にはすぐに医療機関を受診し、もう一度よく自分が一日の中で何に触れたかなどを思い出してわかる範囲での情報を伝える必要があります。

それらの情報が今後の治療を大きく左右していきます。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です