悩み深し… 乳児湿疹の治し方、あなたはちゃんと知ってる??

おしゃぶり咥えた赤ちゃん
スポンサーリンク

乳児湿疹がなかなか治らないと、ママ達の心もどんどん暗くなっていきますよね。

久しぶりに会った旦那さんの両親に「お肌が痛そうね〜」なんて言われちゃうと、悪気はないと分かっていても自分が責められている気分になったり。

まさに私が言われたことなんですが。笑

そうやって相手は責めていないつもりでも、責めているように聞こえちゃうんです。

なぜかって、誰よりもママが乳児湿疹と向き合っているからです。

そして、誰よりも「どうして治らないの??」と不安に思っているから。

そこで色々な情報が溢れているからこそ、一度リセットして乳児湿疹の治し方を確認していきましょう!

当たり前のことだからこそ、一つ一つ確認していくと安心ですよね。

 

 

色々な種類の乳児湿疹

まず最初に乳児湿疹について。色々な湿疹がありますよね。

脂漏性湿疹、乾燥性湿疹、乳児アトピーなど。

一つだけなら良いですが、全部合わさってるんじゃ?!という赤ちゃんも多いと思います。

でも、治すために必要なことはほとんど同じです。そう考えると少し気が楽ですよね。

最初は清潔にすることから確認していきましょう。

清潔にすることが第一!!

産後病院で沐浴の仕方を教えてもらえますよね。

正直私は、産後すぐ自分の体が痛かったり、眠たくてボーッとしてたり。教えてもらっているのに、あまり頭に入っていなかったんです。いざ自分でやるときになってから、ネットで検索するという始末。

赤ちゃんが新生児時期だとまだ良いのだけれど、1ヶ月過ぎたぐらいから体もムチムチになってきますよね。そうなると洗うのが難しい場所も出てきます。

体のシワになる部分が増えますから。

その部分が要注意。洋服の繊維や皮脂汚れ、赤ちゃんのヨダレや吐きもどしなど… どうしても汚れが溜まりやすくなってしまいます。

ムチムチのシワの部分も忘れずにしっかりと泡で洗ってあげましょうね。

お風呂以外でも、吐きもどしや汗をかいたことによってお肌はすぐに荒れてしまいます。

赤ちゃんってすぐ赤くなったり、お肌が荒れますよね。それだけお肌が弱いということですね。

そんな弱い肌だからこそ、汚れに気付いた時にはすぐに拭いてあげましょう。ぬるま湯で濡らしたガーゼを使って拭くと良いと思います。

そして乳児湿疹がジュクジュクなら、洋服に汚れがついてしまうことも出てきます。

我が子の時は、いつも洋服の襟元にジュクジュクが付いていたので、襟元にガーゼを挟み込み、汚れたらガーゼを交換していました。

しょっちゅう汚れるので、お着替えが間に合わないことも出てきますからね。

保湿をたっぷりと!!

赤ちゃんと触れ合う

お風呂の後は、ベビーマッサージの時間と考えておけば良いかもしれません。

私がズボラだからなのか、冬になると寒いだろうと早く服を着せてあげる事ばかり考えて、保湿を忘れてしまう日もありました。これがダメなんですね〜

しかも私は乳児湿疹が出来るまで、保湿というものをしたことがなかったんです。

乳児湿疹になってから保湿できるローションを買うとなると色々考えてしまいますよね。赤ちゃんに合うものはどれなのか。

ドラッグストアで売っているもので大丈夫です。

アトピタ和光堂ベビーローションピジョンベビーローション
スポンサーリンク

アトピタ、和光堂、ピジョンなど他のベビーグッズでも使用していて見慣れたメーカーだと思います。

値段もお手頃で、口コミなどでも悪い評判はあまり聞きません。

すぐにでも欲しい場合は、こうやって手軽に手に入るもので十分だと思います。

そして楽天市場やAmazonなどのオンラインショップでも1位を取るほど人気なのが、「ALOBABY」です。悪いと思えるものは一切入っていないどころか、ほとんどが植物由来成分で安心できるローション。

そんなに??って思ってしまうほど、私の周りの友人や知り合いはこの「ALOBABY」を使っています。

ALOBABYの詳細はコチラ。参考まで♪

他にも色々とあるんですが、一番大事なのは赤ちゃんに合うこと。

そしてたっぷりと保湿をしてあげること。こんなに塗っていいの?というぐらい保湿をしてあげると良いですよ。塗ってもしばらくすると乾燥していたりするので、気付いた時にはまた保湿してあげてくださいね。

病院に行こう!!

不安になったり、心配になった時には悩んでいないで病院へ行っちゃいましょう!

ちゃんと専門の先生に診てもらうのが一番なのです。

少しひどい場合、「ステロイド」が処方されます。「ステロイド」ってものすごく種類があるって知っていましたか?先生も赤ちゃんの症状を診て、赤ちゃんにあった強さのステロイドを処方してくれると思います。

どれくらいの期間塗るのかもちゃんと確認しましょうね!勝手にステロイドを止めてしまうと、せっかく治りかけていた湿疹がまたぶり返してしまったりします。

そもそもステロイドをなんとなく拒否してしまうママ達もいると思いますが、他の風邪薬にしても副作用って必ずあるんです。ステロイドの副作用だけを過剰に心配する必要はありません。

大丈夫!! 何もずーっと塗り続けるわけではないですから。

治りかけてきたけど、完全には治ってくれないという時も、病院で相談してください。

ママが心配なこと全て、病院の先生に話せばいいのです。分からないことは全部聞いちゃいましょう。そうやって話せる先生がいてくれると、その後の病気の時なども心強い味方となってくれるはずですよ。

長い付き合い

乳児湿疹になって、それがひどくなると色々と口を出す人も出てきます。

・母乳がダメなんじゃない?

・お腹の中にいるときの母親の体が良くなかったかも

などなど…

赤ちゃんはママのお腹の中が心地よかったし大好きだったはずです。

お腹の中と外の世界という全く違う環境に適応するために、湿疹ぐらいできますよ〜。

色々諸説ありますが、そういうのは気にしないでおきましょう。何が原因なのか、考えたところで湿疹は治りません。

そして母乳のために食事制限する必要もないです。クリーム系などを食べていると、乳腺が詰まってしまいますから、そういう制限は必要かと思います。

でも、乳児湿疹のためなら大丈夫。1年経てば必ず良くなります。考えすぎずに長く付き合おう!!という気持ちでいましょうね。

まとめ

  1. 体のシワの部分まで丁寧に洗い、汚れた時にはすぐ拭いてあげる
  2. お風呂の後や乾燥した時にはたっぷりと保湿をしてあげる
  3. 病院に行って診てもらう
  4. ステロイドは怖がらずに処方された通りに塗ってあげる
  5. 乳児湿疹は長い付き合いになると諦める

今我が子は3歳ですが、周りを見ても3歳まで乳児湿疹になっている子を見たことありません。

必ず治るのです。だから安心して、赤ちゃんとの今だけの時期を楽しみましょうね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です