実際に私が実践しました!乳児湿疹を悪化させないための種類別対策法

かわいい赤ちゃん
スポンサーリンク

可愛い赤ちゃんの肌に赤味や湿疹が現れた時のママの気持ちはとても複雑なものですよね。

どんな赤ちゃんにも乳児湿疹があらわれる可能性があるとわかっていても、可愛くてツルツル肌で生まれた赤ちゃんと生後1.2か月と過ごす間に湿疹ができ始めれば、しっかりお世話していたはずなのに。。と自分を責めてばかりいませんか?

どんなにママが頑張っても「冬の乾燥」「夏の汗」など赤ちゃんの肌に良くないことは年がら年中、色んな所に強敵は潜んでいるのです。

そこでどうしてもできてしまった湿疹に焦らずに対処するために私が実践した「乳児湿疹を悪化させないための種類別対策法」を紹介していきます!

赤ちゃんもママも安心して暮らせるようになりましょう。

湿疹の原因と基本的な対策

泣く新生児

大人の肌よりとても敏感な赤ちゃんの肌は、脂質が多く分泌され、それによって守られています。

ですが、この脂質をそのままにしてしまうと湿疹の原因になってしまうのです。

でも赤ちゃんの肌は脂質で守られているなら下手な事出来ないし、どうすればいいの・・・?と考えているあなた!

実はとっても簡単!

脂質を「減らす」のではなく、肌を「清潔に保つ」ことです。

清潔に保つためのポイントは石鹸で赤ちゃんの顔を1日2回洗うこと!

たったこれだけで湿疹が悪化することを抑えられるのです。

どうしても生後3カ月ぐらいだと首がまだすわってないから思ったように沐浴させにくい部分がありますが私の場合、子どもの乳児湿疹を悪化させたないように敏感になっていたのもあり、必ず洗ってあげていました。

2回洗っているのになぜか完治せず、症状が悪化する場合は他の原因が考えられるので、皮膚科への受診が必要になります。

もしかしたら乳児湿疹と勘違いしているだけで本当は食物アレルギーや、アトピー性皮膚炎の可能性もあるのです!

あの時、病院に行っていれば…と後悔する前に子どもを助けてあげましょう。

湿疹の種類と個々の対策法

すやすや眠る赤ちゃん

さきほどの乳児湿疹の原因と基本的な対策の時にも少し触れましたが実は湿疹の種類によって対策が違ってくるのでこちらで分かりやすくまとめていきます。

乳児湿疹・脂漏性湿疹

生後1.2か月からできる湿疹で、一般的に認識されている乳児湿疹はこれです。赤くニキビのようなポツポツができたり、それが悪化すると黄色いかさぶたができて頭皮にも湿疹が広がります。

さすがに黄色いかさぶたが出来てくると焦ってしまいますよね?

でも安心してください。湿疹にはかゆみがないので赤ちゃんもぐずることはほぼないです。

とはいえ違和感はどうしてもあるので対策としては

  • 赤ちゃんが引っかいたりしないように爪を切る
  • ミトンをするなどばい菌が入らないように注意する

を意識してあげるだけでこの湿疹はほぼ良くなっていきます。

私の子どもは普通の乳児湿疹だったので病院に行くこともなく自然と完治していきました。赤ちゃんのうちってちょっとお外に出るだけでも荷物が多くて準備が億劫だから病院に行かなくていいのは心の余裕が出来て助かりました。

食物アレルギー

赤ちゃんって食品アレルギーとかあるのって思いますよね?

私も実はたまたま検診で行った時に看護師さんから食品アレルギーの話を聞いていい大人なのにちょっぴり恥ずかしい思いをしました。。

スポンサーリンク

実は赤ちゃんが食物アレルギーだとママからの母乳が原因で湿疹が出る場合があります。なぜなら離乳食を始めていない赤ちゃんは母乳かミルクしか体内に入れていないからです。

もしかしって食品アレルギーの可能性がありそうなら、ご自身の食生活を見直してみてください。

それに赤ちゃんがアレルギーではなくても、ママが油っぽいものばかり食べていたらそれが母乳を通して赤ちゃんに伝わり脂質の分泌がより多くなってしまいます。

肌を守るためにもともと脂質が多い赤ちゃんは、より脂質が増えることで汚れも付着し、湿疹も悪化してしまうことになるのです。

食品アレルギーの対策

  • ママの食生活と、赤ちゃんが口に入れるものに注意する
  • 病院により検査できる月齢が違いますがアレルギー検査を行う

が1番の対策です。食品アレルギーは母乳以外でも離乳食が始まるとどれが大丈夫なのか気になることが増えてくるので検査しておくと安心して離乳食を進めることが出来るのでおすすめですよ。

アトピー性皮膚炎

現在の医学でははっきりとした原因は実はまだ解明されていません。

非常に強いかゆみをともなうため、汗にもお肌が反応するのでかゆみも酷くもなります。遺伝が関係している場合が多いので、家族にアトピー性皮膚炎の方がいる場合は疑ったほうがいいでしょう。

私の子供も1人アトピーと診断されました。

耳のつけね、クビや腕などの皮膚の弱い部分にできやすく、赤くなってガサガサになっていきます。どうしても赤ちゃんは気になってしまうので、我慢させるのは限界があります。これは薬に頼るしかありません。

塗り薬はステロイドが処方されます。ステロイドって聞くと抵抗のあるママは多いと思いますが、小さい子供に処方されるステロイドはとても弱いです。

副作用もほぼないと言われていますので、安心して使ってあげてください。

アトピー性皮膚炎の場合の対策

  • 病院に行き、薬をもらう
  • 汗を吸いやすい綿100%の肌着にする

すべての症状に言える話ですが、乳児湿疹の原因と基本的な対策に紹介した清潔に保つは必ず行ってください。そこから細かい対策に移った方が治りが早くなってきますよ。

私の子どもは乾燥に弱かったので洗顔をあまりマメにするとカサカサになってしまいます。そこで清潔にしてあげた後はアロベビーを使って保湿にも気を使い、乾燥からお肌を守ってあげました。

先輩ママからアロベビーの事を教えてもらいましたが「湿疹予防」や「あせも予防」だけじゃなく「アトピー性皮膚炎の予防」にも効果があると聞き、その日のうちに購入を決定!

今では暇さえあれば子どものほっぺをスリスリしてプルプル感を楽しんでいます笑

本当に常に触っていたいくらい触り心地は最高です!

まとめ

  • 基本的には洗顔で清潔さを保つ
  • 乳児湿疹はお家での努力次第で自然完治に近づける
  • 食品アレルギーは食べるものを見直してみる
  • アトピー性皮膚炎は病院で薬をもらう

種類によって対策が違いますがこれさえ気を付けて生活してあげれば乳児湿疹がこれ以上悪化することはありません。

徐々に湿疹が治ってこれば、ある程度の刺激を受けても平気になるのでこれからの外出が今よりもっと楽しくなりますよ!

ただし、これらの対策をしても治りが遅く悪化していく場合は放置せずに必ず病院へいってください。赤ちゃんの湿疹はどうしても再発してしまいます。

毎日のケアは大変ですが、可愛い赤ちゃんの笑顔の写真を少しでも肌の綺麗な状態で残せるよう、頑張ってみてください。

【Amazon&楽天 No.1】アロベビー 国産オーガニックベビーローション
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です