子供のアトピーっていつからわかるの?赤ちゃんでも診断可能?

産まれたばかりの赤ちゃん
スポンサーリンク

生まれたときから肌が弱かったうちの娘。

「女の子なのにかわいそう」

とよく言われました。

「私もそう思ってるよ!」と心の中では怒ってました。

私自身、家族も含め肌が弱い人はいなかったので、「なんでだろう?」と不思議ででした。

梅雨生まれだった娘

image002

娘は梅雨生まれでこれから暑くなる時期でした。

寝かせれば頭にアセモ。

ベビーカーにタオルを引いても抱っこ紐にガーゼを引いても治まらないアセモ。

お宮参りにも行きたいし、写真も撮りたい。でもこのあせもじゃ、写真に残すのはかわいそうだと写真の予約日もずらしました。

「治りますように!」

と強い思いを込めながら。

撮影当日、最初の予約日よりは良くなったもののやはりアセモは消えませんでした。

主人の汗っかきが遺伝したのかしら?

それともアトピー?

突発性湿疹発症

突発性湿疹は特に珍しい病気でもなく良く聞きますよね?

でも実際に子供にそんな湿疹が体中に出来たらパニックでした。

大慌てで病院へ行きました。

心配で待っている時間がとても長く感じました。診察で「よくあせもが出るんです」と言いましたが、「汗っかきでそういうお子さんもいますよ」と言われやっぱり仕方ないのか。

とあきらめました。この時娘は生後7ヶ月でした。それまでの定期健診でも「異常なし」の診断でした。

とびひ

 1歳になる直前から娘は保育園に入りました。娘にとっては、いきなり始まった集団生活。

話には聞いていたけど、それはもう沢山の登園禁止の病気をもらってくることったら。

今までより遥かに外に出る事が増えた娘は、毎日のように虫に刺されて帰ってきました。「まあ、夏だし喰われるよね」私はそんな軽い考えでしたが、それがとびひに!

「汁が飛ばないように絆創膏やガーゼで覆えば登園しても良い」

といわれても、数え切れないほどの数

娘はミイラみたいになってしまいました。

この頃の写真はほとんどありません。

とりたくなかった。。。

治まらないかゆみと湿疹

なんでこんなに肌が弱いんだろう?

ただ、ただ不思議でありませんでした。

そうなんです。

私はこの時期娘がアトピーだって事に全く気がついていませんでした

疑いすら持っていなかったのです。

赤ちゃんの頃は顔も手足も全身でしたが、3歳をすぎるころになると段々服で隠れる部分に湿疹が出てくるようになっていました。

いつも見てもらっていたのは小児科。

お薬をもらいそれを塗ればキレイな肌になります。

アレルギー検査をしても異常はなかったので、それを

「治った。良かった!」

本当に私はそう思っていたんです。

それから数年そんな生活を過ごしました。

だってこんなにキレイは肌になるんですよ?

image003
スポンサーリンク

突然のアトピー診断!!

そんな日々を過ごし、娘は病院へ行く頻度が多くなっていました。お薬も増え徐々に強いものに変わっていったのです。

その頃、母の法事があり久しぶりに親戚のお姉ちゃんに会いました。

美容関係の仕事をしているお姉ちゃんは直ぐに私に

「アトピーじゃない?」

と聞いてきました。

私はそれまで病院では

乾燥肌ですね

と言われていたので、アトピーという認識はまったくありませんでした。

その後、お姉ちゃんと色々話しました。

結論として

  1. 今使っている薬をやめること。
  2. 保湿剤はお姉ちゃんが用意してくれる物使う事に。

真剣に「今のままじゃ絶対に治らないから私を信じて!」と言ってくれたお姉ちゃんを信じました。

その後、いきなり薬をやめた娘には本当にかわいそうで直視出来ないような現実が待っていました。

簡単に言ってしまえば今まで薬を使っていたツケが一気に出てきたんです。

image004

なんとかしてあげたい。

でも私に出来ることは、保湿剤を塗ってあげることだけでした。

あまりに酷いので再度別の病院でアレルギーの検査もしましたが、やはりアレルギー反応は一切無し!

ネットで調べて「アトピーの名医」と言われる病院を見つけました。

通うには高速を使う距離でしたが、それで娘が苦しまずに治なるらとすがる思いで病院へ行きました。

病院では特に治療はなく、抗アレルギー剤のみ処方と、かなり厳しい生活指導と食事指導を受けました。それと娘は非常にかぶれ易い体質だということが分かりました。

生活と食事は私の責任です。娘のために出来ること、やらなければいけないことがやっと見つかりました

半年後の入学式

image005

お姉ちゃんからもらった保湿剤と病院で言われた生活指導と食事指導のおかげでこんなにキレイになりました。

一生に一度の小学校入学式、娘が笑顔で出席出来て本当に良かった。

赤ちゃんの時のアセモが本当にアセモだったのか?その後の湿疹はなんだったのか?

小児科ではなく、皮膚科に行くべきでした。そうすればもっと早くにアトピーだと分かっていたと思います。

まず原因が分からないと対処のしようもないですよね。

皮膚の事はまず皮膚科へ!

これが私の経験から得たものです。そして合わないと思ったら病院を変えること!これも大切だと思います。

恩師姉のお勧め保湿剤を最後に⇒アロベビー

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です