子供のアトピー、繰り返す浸出液には掻きむしり対策が効果的

アトピーと掻き毟り
スポンサーリンク

アトピーを持っている人なら分かる掻きたくないのに、掻かずにはいられないほどの慢性的なかゆみ。掻いてしまったら皮膚が傷つき生臭いにおいを放つ汁が出てじゅくじゅくの肌になってしまいます。

肌が落ち着いてもかゆみが消えない限り、掻くことでじゅくじゅくの肌を繰り返してしまいます。そう、掻きさえしなければ!!

私の次男は生まれてから乳児湿疹を経てアトピーへ移行しました。これ以上肌を悪化させないために私が試した掻かないアトピー対策をご紹介します。

なかなか治らない乳児湿疹

アトピーと浸出液

私の次男は生後3カ月ごろから乳児湿疹が現れました。皮膚科でも赤ちゃん特有の「乳児湿疹」と診断され処方されたステロイドで様子をみていたのですが診断を受けてから半年を過ぎても一向に良くならない乳児湿疹。

強いかゆみもあり目を離した隙に爪を立て頬を掻きむしり、顔面が血だらけなんてことが日常茶飯事でした。悲しいことに真っ赤な息子の顔に見慣れてしまうほど長引きました。「乳児湿疹」程度に考えていたのに気づけば必死に次男の肌をケアするようになり1年近くが経ち、のちにこのしつこい乳児湿疹の原因はアトピーと診断されました。

赤ちゃんの場合症状がよく似ているアトピーと乳児湿疹を見分けるのは医師でも難しいと言われています。もし、今長引く乳児湿疹に悩んでいるお母さんがいるのならアトピーかもといった選択肢も頭の中に入れておいた方がいいと思います。

アトピーの特徴は良くなったり、悪くなったりを繰り返します。両親ともにアトピーと無縁であっても子供がアトピーになることだってあります、我が家のように。心当たりがある場合アトピーの可能性も疑ってみてください。アトピーであっても正しい保湿ケアで十分治る可能性もあります

繰り返す肌荒れと浸出液

どこの病院でも「乳児湿疹だから仕方がない」、「赤ちゃんの肌はこんなもの」と言われるばかりで肌は良くならず。

むしろ処方されたステロイドもあまり効かなくなってきた気もして肌は以前より酷くなっている気さえしました。ツルツルと潤いのある赤ちゃん肌とはかけ離れている次男は、常に赤く炎症を起こしてじゅくじゅく。

この次男のかわいさを邪魔する憎きじゅくじゅくの汁の正体は浸出液(しんしゅつえき)、リンパ液と呼ばれるものです。皮膚を掻きむしってしまったことで、その傷を治そうと体から自然に排出される分泌液で、膿やばい菌に感染した悪いものではないので安心してください。

時間が経ては傷口が治り始めると共に浸出液も出番がなくなったことで止まります。

でも、浸出液の肌が落ち着いて患部が乾燥し始めても我慢できずにまた掻きむしってしまっては浸出液の肌に逆戻り。

次男はまだ幼いのでこの「掻かない」ということができず負のループから抜けだすことができませんでした。掻きむしることが息子にとっても、私にとっても精神的なストレスで掻いていないかを一日中監視しなくちゃならないし、掻いたらすぐその手を持ち止める毎日。目を離した隙に掻きむしってしまったら自分に対する後悔で気がおかしくなりそうでした。

スポンサーリンク

特に寝ている間は体温が上がり掻きむしることが多く夜中目覚めて息子を見ると顔面血だらけで周りも血まみれ、まるでホラーのようでした。この光景が私のストレスにさらに追い打ちをかけるのです。

浸出液対策は掻きむしり対策

アトピーとミトン

監視することに限界を感じた私はいろいろとかきむしり対策を考えました。そこで効果的だったのが、

かゆみ止めの内服薬「ザイザルシロップ」

・アトピー用ミトン

の2つです。

掻くことが悪化につながっているので皮膚科でかゆみをおえるために抗ヒスタミン剤の「ザイザルシロップ」が処方されました。

この薬はアレルギー性鼻炎(花粉症)、蕁麻疹、皮膚疾患に伴うかゆみをとるために使われる薬で、生後6カ月以上から服用できます。

息子には有難いことに速攻効果があり血がにじむほどの掻きむしりが驚くほどなくなりました。

ザイザルをやめたらかゆみが現れてしまうので、薬に頼らない方法として私が使っていたのがミトンです。ミトンと言っても新生児用の赤ちゃんミトンは残念ながら全く役に立ちませんでした(笑)

ミトンをしていても赤ちゃんが爪を立ててゴリゴリ掻けば肌は血だらけ。そこで私が出会ったのが、「ドクターミトン かゆいっこ」です。

これはアトピーの人向けに考えて作られたミトンです。このミトンの他とは違ってすごいところは掻いてしまうことを前提に作られていることです。

「掻いても掻き破りにならない工夫」

がされており、構造が2枚重ねになっていて内側ミトンは肌に優しい抗菌素材が使われており、外側ミトンにはツルツルとしたすべりの良い天然系繊維キュプラが使われています。

この二重構造のおかげで掻いても空すべりし皮膚を傷つけることがありません。

夜間の掻きむしりが減り、徐々にジュクジュクだった肌が目に見えて良くなっていったのです。これに出会ってからは睡眠中で防げなかった夜間の掻きむしりが解消され「これ考えてくれた人本当に神だわ!!」って思うほどこのミトンには助けられました。

この写真のように、まだそこまで動きが激しくない時期は日中もこのミトンを使い掻きむしり対策をしていました。

まとめ

  1. 繰り返す長期間の乳児湿疹はアトピーの可能性もある
  2. アトピーの肌を掻きむしり傷ついてしまうことで、その傷を治そうと免疫作用で浸出液が出る
  3. 赤ちゃんのじゅくじゅく肌を治すには掻かない事が大切
  4. 掻きむしり対策には、かゆみ止めの内服とアトピー用ミトンが効果的

 

乳児湿疹、アトピーなどの肌荒れは掻かないことが大きなポイントだと感じました。掻かなければ浸出液があふれるようなジュクジュクお肌を防ぐことができます。

けど、「掻かないこと」と簡単には言えますがそれが難しいからこそアトピーに多くの人が悩まされています。

アトピーの治療には時間がかかるので、今回知ったミトンのように子供は視点を変えて「掻いても大丈夫」といった工夫次第でストレスは解消されますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です