塩風呂でアトピー症状が改善!?簡単な作り方と注意点を伝授

アトピーと塩風呂1
スポンサーリンク

塩風呂って聞いた事ありますか?ホームセンターなどの入浴剤コーナーで「バスソルト」という名前で売っているアレです。

入浴剤にすると、リラクゼーション成分を追加したり肌当たりをよくする為にいろいろ調整されていますが、本来の塩風呂ってとってもカンタンに作れるんですよ。

しかもアトピー治療だけでなく、肌がすべすべになるので美容・美肌効果が高いと言われて今話題になっているんです!

塩風呂の効果

塩サウナってみなさん知っていますよね。熱い部屋で塩を体に刷り込んで、「血行促進」「代謝改善」「殺菌作用」「デトックス作用」を促すサウナです。

この塩サウナ、体のすみずみに塩を刷り込むのは大変ですし、塩の種類によっては肌に擦り付けると痛いので苦手な方もいるんじゃないでしょうか。

この塩サウナの方法を入浴に代えて体のすみずみに塩を浸透させるのが塩風呂なので、効果が良いのは当然ですよね。

だからといって体に傷のある状態で塩を入れすぎると、「この世の地獄だ」と思うくらい激痛が走るのでお気をつけて・・・。

塩風呂の作り方

アトピーと塩風呂2

よく「特別な塩を使うんじゃないの?」「どうせお高いんでしょ?」なんて言葉を聞きますが、必要な物は「お湯」「博多の塩」これだけです。

この塩を入浴時に500g程度入れて少しづつ追加していきます。「ちょっと体に沁みるな」ってところで塩の追加をストップ。どうです?カンタンでしょ。

博多の塩を選んだのは、食卓塩よりもミネラルも一緒に摂れそうだからです。どちらの塩風呂も試してみましたが、入浴した感じに違いはないですね。お好きな塩でお試しあれ!

ここから先は、私のオリジナル塩風呂のご紹介。

塩風呂って肌に刺激を与えて血行促進するので、肌ストレスって多少なりあるんじゃないかな?って思っています。そこで登場するのがベランダで育てているローズマリーです。

ハーブってリラックス効果があるんですよね。その中でローズマリーは香りの種類が沢山あるんですよ。甘い香りからバーべーキューの香りまで様々楽しめるので、その日の気分で手のひらいっぱいに摘んで、塩風呂に浮かべています。

ガーデニングが面倒な方は、アロマエッセンスを入れるのもオススメですよ。

とにかくゆっくりしたい方は、大分県に塩風呂(海水)の温泉処もあるので旅行がてらにいかがですか?

ここの食事処の海鮮丼は、店の外にある海で釣った魚を目の前のいけすから出して調理してくれるので新鮮、絶品ですよ!

スポンサーリンク

大分県佐伯の絶品海鮮丼の店 塩湯

 入浴方法

入浴してすぐだと塩が肌に浸透しないので、短くても30分は湯船に浸かりたいところです。

時々、塩を体に揉みこむようにマッサージすると毛穴の汚れもキレイに取れて効果的ですが、アトピーの傷がひどい時には無理してマッサージしないように気をつけてくださいね。

音楽を聴いたりスマホをいじったりしながら30分くらい入浴して風呂から上がると、いつもより汗は出るし、こんなに肌が汚れてたの!?

ってびっくりするくらいお湯に汚れが浮く事があります。塩風呂ってすごいなーって思うひと時ですが、家族と一緒に塩風呂を楽しみたい方は、先に石鹸などで肌表面の汚れを落としておくと良いかもしれません。

海水浴も効果的

アトピーと塩風呂3

夏場には海水浴もおすすめですよ。

家庭で作る塩風呂より塩分濃度がすっごく高いので、傷が多い方は沁みるかもしれないのでご注意あれ。

浮輪で浮かぶのも効果がありますが、泳ぎが得意な方は、平泳ぎで30分程度泳いでいると全身の筋肉を使うので、体力、免疫力アップ、ストレス発散にも繋がってさらに効果アップです♪

どうしてもアトピーの人は、皮膚の治癒などで体力が低下しがちですから体力はつけたいですね。

私が幼少の頃はアトピー治療に熱心だった両親の教えで、毎週海水浴場の隅から反対側まで3往復していたのを覚えています。

おかげでアトピーと同時発症していた喘息も肺活量があるのでだんだん苦しくなくなってきたり、酸素を多く取り込むのが癖になっているので有酸素運動効果で太りにくい体になっています。海水浴って良いこと尽くめ♪

塩風呂と海水浴の比較

海水浴の事を良く書きすぎた気がしたので、塩風呂との差を改めて見てみたいと思います。

塩風呂

良いところは、塩さえあれば自宅でいつでもできる事。

悪いところは、長時間の入浴でないと効果が薄いので、入浴中が暇。

海水浴

良いところは、基礎代謝が上がるのでアトピーの症状が出にくい体を作りやすい。

悪いところは、近くに海が無い人は大変。

ご自身の環境に合った方法でお試しあれ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です