危険!アトピーの人がコーヒーを飲んではいけない理由はこうだった!

アトピーとコーヒー1
スポンサーリンク

アトピーで悩んでいる皆さんは眠気を覚ます時どんな方法を使っていますか。ついつい眠気覚ましにカフェインと思い、コーヒーをたくさん飲んだりしていませんか。

わたしはまさによくコーヒーに頼ってしまう人でした。アトピーにはカフェインは良くないと言われているのも知っていたのですが、寝不足になると無意識にコーヒーを買ってしまうくらいカフェイン中毒でした。

そんな生活を長らく続けていたら、最初はなんの変化も無かったのですがその生活を1ヶ月くらい続けていたら突然我慢ならないアトピーの痒みに襲われました。

アトピーが治るまでわたしはとても時間がかかってしまうので、しばらくはとても痒く辛い日々でした。

今回はアトピーが悪化してしまった原因のカフェインと、アトピーの人がどうしてもカフェインを取りたい時の打開策を紹介したいと思います。

カフェインにはどんな作用があるの?

カフェインには

  • 利尿作用
  • 交感神経活性化作用
  • 血管縮小作用

の3つがあります。

まず、利尿作用はコーヒーを飲むとよくトイレに行く回数が増えますがまさにそれです。

トイレに行くことは、体内の毒素を排出できて良いと言われていますが行き過ぎは問題です。

行きすぎてしまうと体内の栄養素まで排出されてしまって、栄養不足状態になってしまいます。この栄養不足状態がアトピーを誘発するキッカケになってしまうのです。

次に交感神経活性化作用です。この交感神経活性化作用があるおかげでカフェインを摂ると眠気が覚めるのですが、アトピー体質の人にはこの作用が悪影響になってしまいます。

もともとアトピー体質の人は身体のストレス耐性が弱い人が多いので、カフェインを摂取することで自律神経が乱れてしまいます。この自律神経の乱れが起こることによって痒みが発症してしまうのです。

最後に血管縮小作用です。この血管縮小作用は血管を縮小して血液の流れを止めようとする動きのことです。

この作用は皮膚の炎症を抑える効果もあるので悪いものではないのですが、血管を一度縮小させると体はもとの状態に戻ろうと血管を拡張させます。

この拡張によって縮小されていた血液が突然流れることになるので、皮膚の炎症を引き起こしてしまうのです。

この3つの作用が組み合わさり、カフェインを摂取するとアトピーを引き起こしてしまうのです。

目を覚ますために飲んでいるコーヒーはこんなにも体に影響を及ぼすのです。

しかしたまに体質によっては痒みを引き起こさない人もいるので、どちらかわからない人は怖いですが少量飲んで見るといいかもしれません。

睡眠とアトピーの関係は?

アドバイス
スポンサーリンク

毎日カフェインに頼ってしまうくらいちなみに眠い日が続いてしまう場合もアトピーは悪化します。

寝ている時には「成長ホルモン」というものが分泌されていて

  • 疲労回復
  • 肌の新陳代謝を活性化させる
  • 肥満解消

などの効果をもたらしてくれます。

さらに寝る時間によってもこの効果は全く違っていて、22:00~2:00の間は寝るのが一番効果的です。ちなみにこの時間の別名はゴールデンタイムといわれています。

この時間帯は一番成長ホルモンが活性化する時間なので肌の再生を一番助けてくれる時間です。

実際に私も短時間睡眠の日に、同じ4時間でも適当な時間に4時間寝るのと、ゴールデンタイムに4時間寝るのでは肌の痒みの状態と疲労の取れ方が全く違います。

しっかり寝ないとどうなるの?

ゴールデンタイムを利用してしっかり睡眠をとらないと、成長ホルモンがうまく作用せず炎症の起きた肌を元に戻してくれません。それどころか、再生が追いつかずどんどん悪化してしまいます。

わたしは忙しくて徹夜が2日ほど続くことがよくあったのですが、肌の再生が追いつかず延焼した肌は悪化する一方で痒くて掻きむしってしまうことばかりでした。

夏場だと肌が炎症を起こしすぎて、長袖を羽織らないと外に出れない程でとても苦しかったです。

その時にわたしは、アトピーには不眠とコーヒーの組み合わせが一番痒みを誘発するということを身をもって体験しました。この時はイライラするし痒いし眠いしと、とにかく平常心を保つのが大変でした。

まとめ

アトピーとコーヒー3

カフェインにはアトピーを誘発する

  • 利尿作用
  • 交感神経活性化作用
  • 血管縮小作用

この3つの作用があります。

アトピーの人が全員カフェインでアトピー性皮膚炎を引き起こすわけではありませんが、引き起こしてしまう可能性が高まるのでコーヒーなどはあまり取らないようにしましょう。

この時にコーヒーの中に砂糖を入れるとアトピーの人にとって、更に悪影響を与えてしまうで気をつけてください。

眠気覚ましだと思って普段からコーヒーを取るよりも、しっかりと睡眠を取り体を休ませることで肌の再生も早まるので規則正しい生活を心がけましょう。

私は小さなことからコツコツ続けてみたら、3ヶ月後にはほとんど炎症がでなくなったので効果は絶対にあります。

小さな努力を諦めず続けていけば綺麗な肌は必ず手に入るので諦めないで頑張りましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です