何を使っても肌荒れしてしまう、敏感肌の下地選びの秘訣とは?

敏感肌と下地1
スポンサーリンク

有名ブランドの新作化粧品やSNSで話題の化粧品…

かわいいパッケージや高機能に惹かれて高価な化粧品をるんるんで購入!でも肌荒れを起こしてしまいメイクボックスの肥やしに、、、

実際に毎日使ってみないと自分の肌に合うかわからず、買って試しては肌荒れを起こしてしまい、もったいない経験を何度もしました。

しかも一度肌荒れを起こすと、完全に治るまで数日かかってしまいます。

なかなか肌に合う化粧下地に出会えず、色々試しすぎて何が原因で肌荒れを起こしているのかわからなくなり、いつも肌荒れしているような状況になってしまった時期もありました…。

敏感肌と下地2

体調の悪い時や季節の変わり目など、肌が弱っている時でも使える化粧下地を1つ持っていると便利ですよね。そこで敏感肌の方でも使える、肌に負担のかからない化粧下地の選び方をご紹介します。

全成分を確認しよう

お店に行ったら商品を手に取り、裏面の全成分を見てみましょう。

「敏感肌におすすめ」や「美白成分〇〇配合!」といったポップだけでなく、何が入っているのか?に肌に合うか合わないかのヒントが隠れています。

成分チェックのポイント!合成ポリマーは控えよう

敏感肌の方は、 避けたほうがいい成分があります。それは、肌のサランラップと呼ばれる“合成ポリマー” です。

“合成ポリマー”は、変質しない、腐らない、そして安価な原料として化粧品に多く使われていますが、汗や皮脂を通しません!

出口をふさがれて、行き場のなくなった皮脂は毛穴に詰まってしまいニキビの原因となり、正常な肌環境を保てないため肌のバリア機能を弱める原因となります。

敏感肌と下地3

代表的な合成ポリマーは、ジメチコン・シクロメチコン・カルボマー・アクリル酸〇〇〇・メタクリル酸〇〇〇・メチコン~などが挙げられます。

とはいえ、完全に合成ポリマーが入っていない下地はほとんどありません。成分表示は入っている量の多い順番に並んでいます。できるだけ、後ろに合成ポリマーが記載されているものを選びましょう。

成分表示を見ても最初はカタカナが多く並んでいて、よくわからないな~と思いますが、慣れてくると成分を見ただけで使用感が想像できるようになります!

私も最初は何の成分が合わないのかよくわからず手あたり次第試した結果、合成ポリマーが多ければ多いほど肌の調子が悪くなるという実験結果になりました。

スポンサーリンク

また、「毛穴が目立たなくなる!」と謳った化粧下地も、毛穴をふさぐ成分がたっぷり入っている可能性が高いので要注意です。

同じように日焼け止め効果の高いものも肌をコーティングする成分がたっぷりの可能性があります!日焼け止めで、シミを予防しても、ニキビで炎症ができれば意味がありません。。。

良い化粧下地は、肌荒れを起こさないことが大前提です!

オーガニックや敏感肌用に気を付けよう

オーガニックや敏感肌用=肌に優しいというイメージだけで商品を購入するのは危険です。自然な素材であることと、肌に合うか合わないかは全く別問題です。

オーガニック化粧品や敏感肌用化粧品にいいものもたくさんありますが、売り文句に流されずにまずはきちんと全成分を確認しましょう!

シンプルな成分のものを選ぼう

それでは、人気のオーガニック化粧品ブランドの化粧下地の全成分を見てみると…なんと20種類の植物性オイルが沢山入っています。

全部のオイルがお肌に合うような強いお肌の方だと問題ありませんが、肌の弱い人が使用し、これだけ様々なオイルが入っていると1つ合わないオイルが含まれているだけで不機嫌なお肌になってしまします。

シンプルな成分だと合わない可能性が減り、もし合わなければどの成分が合わないのかをチェックしやすくなります。

合わない成分が特定できれば、次は絶対この成分が入っているものは買わないぞ!と、選ぶことを習慣づけましょう。

どうしても合う下地が見つからないときは、ミネラルファンデーションもおすすめ

ミネラルファンデーションとは、天然の鉱物(=ミネラル)で作られたファンデーションのこと。

毛穴を塞いでしまわないため、肌が荒れる心配がありません。肌ただし、重度の金属アレルギーの方は注意が必要です。

 毎日洗顔でしっかり落とそう

とはいえ、デートの日やお出かけの日など、どうしても肌に合わないけど補正効果の高い化粧品を使いたい日もあるはず。

そんな時は、お家に帰ったらすぐにクレンジングと洗顔を入念に行い、メイクしっかり落としましょう。

スチーマーや洗顔ブラシを使ったディープクレンジングで毛穴の中の汚れまで落として保湿を行い、肌を癒してからぐっすり眠りましょう!

まとめ

  1. パッケージの裏側に載っている成分をしっかりチェック!
  2. 自分の肌に合わない成分をはっきり知ろう。
  3. 洗顔でしっかり汚れを落としてからおやすみなさいZZZ

お肌に合うコスメを見極めて、つるつるぴかぴかのお肌になりましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です