何もしないスキンケア「肌断食」のススメ

スキンケアと何もしない1
スポンサーリンク

毎日のスキンケアをとっても丁寧にやっていても、肌は重力に負けられないですよね。

しかも、綺麗になるために続けてきたスキンケアのせいで、肌が逆に老化を進めていたら、すごくショックですよね。

情報が煩雑化していて、本当にいいものを選ぶことが難しい今こそ、何もかも取り払って、シンプルなスキンケアで潜在している美肌力を上げていきましょう!

基礎化粧品が肌を壊す?

市販の化粧品の成分って、見たところで意味不明ですよね。意味不明な物を使うって不安じゃありませんか?

もしかしたら発がん性の物質が入ってるかもしれないのに、まだ使い続けますか?

化粧品を使用し続けていると、そもそもの美しさを保持している機能を破壊して、無理やり綺麗にしようとするので、肌本来の力が衰えてしまうようになることがあります。

そのため、まだシワが気になる年齢でないはずなのに、シワが目立ってきてしまう。この化粧品を使って無理やりリフトアップしなければいけなくなってしまう訳です。

まつ毛エクステをしている友人が、ある日エクステをやめていました。残ったのは、以前の2倍以上短く薄くなった地まつ毛。

エクステをつけていたことで、地まつ毛は全く機能しなくなってしまったんだそうです。

人の体は、適応が早く、頑張らなくてもいいんだと思えば、ビックリするほど手を抜いてくるんですよね。まだ遅くありません。肌の潜在能力を戻してあげましょう!

何もしないスキンケア=肌断食

さて、化粧品を使わないスキンケアなんて恐ろしいこと、想像がつきませんが、「肌断食」と呼ばれた立派なスキンケア方法として確立されているのです。

肌はもともと、水分を保持して油分とのバランスをとり、健康な状態に整える働きを持っています。こうした肌の動きを取り戻してあげるのが肌断食。

始めてみると、肌は一度化粧品に甘えていたために、洗顔後のツッパリやニキビが一時的に出ることがあります。

しかし、時間の経過とともに、見違えるほど健康的な肌になっていくので、めげずに断食してみましょう!

肌断食の仕方

肌断食には、洗顔時にクレンジングを使用しないことが大前提です。ほとんどのクレンジングには石油が入っており、石油を肌に塗っていいことはないのです。

濃いメイクがお好きな方は、ナチュラルメイクに切り替えましょう。石鹸で落とせるメイクにする必要があります。

近年は石鹸で落とせるスキンケアファンデーションも販売されているので、是非使用してください。洗顔時のみ、化粧品ではないですが、純石鹸を使って洗っていきます。

スポンサーリンク

化粧の汚れはさすがにお水だけではとれないので、たっぷり泡だてた石鹸の泡で優しく、手早く1分以内に洗いましょう。お水はかならずぬるま湯を使います。

今回の肌断食では、純石鹸での洗顔を推奨していますが、もうひとつおすすめのものがあります。それが【ブラックシリカソルト】です。

スキンケアと何もしない2

なんとビックリ、泡立てない塩の洗顔料です。石鹸で落とせるメイクであれば、この洗顔料一本でメイク汚れも一緒に落としてくれます。

チューブから黒い塩のペーストが出てきますので、指が肌に直接触れないように、塩を指で30秒ほど転がしてからぬるま湯で洗顔します。

この商品を出している黎明という企業自体が、洗顔した後は化粧水などを使わないでくださいと謡っていますので、ブラックシリカソルトを使った後のスキンケアは不要です!

いいお値段はしますが、洗った後のツルツル感がクセになり、手放せなくなります!洗顔後は清潔なタオルで水分をとり、あとは寝るだけ♪

ちょっと心配だけどラクチンですね~!

お水を最大限に活用する

お肌には水分が必要なので、スチーマーを使って潤いを与えることもおススメです。スチーマーの蒸気で毛穴を開き、毛穴の奥底の汚れもあぶりだしてあげることも大事です。

スチーマーで人気があるのはこちら

スキンケアと何もしない3

【PANASONIC スチーマーナノケア】

温かいスチームと冷たいスチームの両方でるため、一度この機会の前に座れば、保湿と引き締めのどちらもできてしまいます。

洗面所に行って冷水を当てなくていいという手軽さがとてもいいですよね。

肌断食前に注意すべきこと

肌の調子が悪い時は、一度皮膚科の受診をおススメしています。処方されたお薬を併用しながら、肌断食をすることが効率的ですよ。

健やかな肌をコツコツ取り戻せるよう頑張りましょう!

まとめ

  • 肌にいい成分だけが入った化粧品は少ない
  • 化粧品の力に依存しない肌を取り戻すために肌断食に挑戦する
  • お水と石鹸以外のスキンケアはしない
  • スチーマーなどで潤いを足し算させて、水だけで毛穴の奥までケアをする
  • 皮膚科の受診も念頭にいれる
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です