乾燥肌だった私が勧める肌が潤う入浴方法とは?

乾燥肌と入浴1
スポンサーリンク

寒い季節が続きますね。この時期は、帰宅すると身体の芯まで冷えてしまって、熱いお風呂に入るのが楽しみな方も多いのではないでしょうか。

お風呂は、冷えた身体を温めて、身体を清潔にするだけではないんです。

お風呂には冬の季節でカサカサになってしまった肌に、潤いを取り戻してくれる素敵な効果もあるんです。

冬場になると全身が痒くなったり、顔のお肌がカサついて化粧が浮いたり…様々な肌のトラブルに悩まされる乾燥肌の女性も多いですよね。

実は、私もひどい乾燥肌に悩まされていました。

そんな私の肌が潤いを取り戻した「美肌になるためのお風呂の入り方」をご紹介します。

ゴシゴシタオルはストップ!洗い方にもポイントが。

乾燥肌と入浴2

固いタオルでゴシゴシ全身をこすって、身体を洗うのは気持ち良いですよね。

でも、その方法だと、身体の表面に目に見えない小さな傷を付けてしまったり、乾燥対策に必要な身体の油分まで落としてしまったり、あまり肌には良くないんです。

乾燥から肌を守るためにも、身体を洗う時はゴシゴシこするのではなく、手の平で優しく撫でるように洗いましょう。

中には、「ゴシゴシこすらないと汚れは落ちないんじゃないか」と思われる方も多いと思います。

しかし、身体の汚れは、お湯をかけて手で撫でるだけでも、ほぼ落ちているんです。なので、撫で洗いだけ十分に汚れは落ちます!

それでも、身体の汚れがどうしても気になる方は、固形石鹸を泡立てて身体を洗うことをオススメします。

固形石鹸は、液状のボディウォッシュやボディソープよりも洗浄力が高く、肌に優しいんです。

天然由来成分で作られた固形石鹸を泡立てて、優しく撫で洗いをすることで全身を乾燥から守りましょう。

湯船の温度が熱すぎるのはNG。乾燥肌に最適な温度は…

「肌が乾燥するな」と感じる季節は、気温も下がっています。寒い季節は熱いお湯に浸かりたいと思うものですよね。ついつい湯船の温度を「41度…42度…」と高い温度に設定してしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、お湯の温度があまりに熱いと、肌の表面の油分まで溶かしてしまい、逆に肌を乾燥させる結果になってしまいます。せっかくお風呂に入っても、肌が乾燥してしまっては嫌ですよね。

乾燥から肌を守るのに最適なお湯の温度は約40度程度とされています。寒い季節に、お湯の温度が低すぎたり、半身浴程度にしかお湯を張らなかったりすると、身体を冷やし風邪の原因にもなります。入浴するお湯の温度は、適度に温かさを保った40度に設定し、肩まで浸かる全身浴ができる状態で、入浴しましょう。

スポンサーリンク

長風呂が身体に良いって言うのはウソだった!?

乾燥肌と入浴3

 

綺麗な女優さんやモデルの方で、「趣味は長風呂です。」とか「30分から1時間はお風呂に入っています」というお風呂エピソードを語る方も多いですよね。

実は、長風呂ってお肌の乾燥対策には良くないんです。20分以上の時間、長くお湯に浸かっていると、身体の油分が溶けてしまったり、身体に必要な体内の水分が出すぎてしまったりして、逆に肌を乾燥させてしまうんだそうです。

お風呂に入っていて肌がふやけてきたら、それは長風呂の証拠です。肌がふやけるほど、お風呂に入るのは控えましょう。

乾燥から肌を守り、肌に潤いを取り戻すためには、お風呂は15分程度に済ますのがベストです。

入浴後の保湿ケアは、そのまま浴室で!

乾燥肌と入浴4

入浴後の乾燥対策の中で一番のポイントは、何といっても保湿ケアをするタイミングです!

顔のお肌のケアは入浴後、約6分以内に済ますのがポイントと言われています。毛穴が開いていて、化粧水が浸透しやすいタイミングに保湿ケアを行いましょう。

全身の乾燥ケアについても、パジャマや部屋着を着る前に行うことがポイントです。

保湿ケアは、少し肌に水分が残る位で、行った方がより効果的です。タオルで優しく肌の水分を拭き取ったら、肌に残った水分をそのまま閉じ込めるように保湿ケアすると良いですよ。

また、保湿ケアは乾燥した脱衣所よりも、湿気の多い浴室でそのまま行う方が、時間短縮も兼ねることができてオススメです。

まとめ

  1. 身体を洗う時はゴシゴシこすらずに、手の平で優しく撫でるように洗う。
  2. 温度が高すぎるのはNG。40度くらいがベストな温度。
  3. 長風呂は肌の油分を失ってしまうので入浴は10~15分程度で済まそう。
  4. 乾燥肌の方は入浴後、そのまま浴室で保湿ケアするのがオススメ!

この入浴方法が私のおすすめです!

寒い季節、身体の芯から温まることもできて肌も潤うので、普段シャワーで済ませている方はぜひ湯船に浸かってみてください。

ただし、入浴中に気分が悪くなる場合などは無理せず入浴を中止してくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です