乾燥肌さんのための化粧方法

乾燥肌と化粧1
スポンサーリンク

乾燥肌のみなさん、毎日のお化粧どうしていますか?

私も乾燥肌で特に冬はひどいので苦労していました。夏でもエアコンで乾燥しがちなので油断はできないんですけど、やはり大変なのは冬です。

念入りにすればするほどヨレたり、まるで粉ふき芋のように粉をふいた残念メイクになってしまいがちでした。その都度うんざりしながら化粧直しするのも面倒。

長年悩み続けましたが、メイクの上手な友人に聞いてみたり美容部員さんに相談したりして乾燥肌でも粉をふいて見えない、そして崩れにくいメイク方法をみつけたのでお伝えしようかと思います。

同じような悩みがある方はぜひ読んでみてくださいね。参考になればうれしいです。

メイクの前にまず保湿

乾燥肌と化粧2

いきなり化粧に取りかかる方はいないと思いますが(笑)まずは保湿。これがとても大切です。

洗顔後なるべく早く保湿化粧水でたっぷり潤します。化粧水は数回に分けて肌に染み込ませるように念入りにつけます。手のひらが肌に吸い付くような感触になるまでが目安です。

つぎに乳液、クリームを丁寧に伸ばします。私は肌が柔らかくなっているかどうか確認するためにコットンではなく手を使っています。

乳液もクリームも余分な分は首と手の甲に伸ばしてしまいます。こうすればムダにもならないし、首のシワ予防にもなりますし一石二鳥。

スキンケアが終わったからさあメイク!ではなく、少し間を置きます。すぐにベースメイクをしてしまうと時間が経つと崩れやすくなります。

なので5分くらい時間を置きましょう。目安は手で包み込んだ時にしっとりしているけどくっついてはこないくらいです。

ベースメイク

乾燥肌と化粧3

スキンケアが終わったらベースメイク。1日快適にするためにはここも大事です。ここでの大切なポイントは「厚塗り厳禁」という事です。

下地もコンシーラーも厚塗りは化粧崩れの原因となりますので薄く、薄くを心がけてください。どうしても気になるところだけ個別に2度塗りするようにしましょう。

そして、私の場合化粧下地はよく言われる「パール粒大」よりも若干少なめに使います。

伸ばし方はセオリー通りの両頬・鼻・おでこ・あごの5ヵ所に乗せて内側から外側へ向かって優しくムラのないように均一に伸ばしていきます。

目元と小鼻はムラになりやすいので指で丁寧に伸ばしてくださいね。最後に手のひらで包み込んで落ち着かせます。

あ、そうそう!私が今まで使ってみての感想なのですが、よく「毛穴を目立たなくする」と書いてある下地ありますよね?そういう下地を使うと乾燥がひどくなるように感じました。

スポンサーリンク

別に毛穴に目立って欲しくはないのですが乾燥肌がこれ以上ひどくなるのはいやなので私は普通の下地クリームを使うようにしています。

パウダー派?クリーム派?リキッド派?

乾燥肌と化粧4

ファンデーションを選ぶとき悩みますよね。

私もそうでした。それぞれにいいところがあるのですが簡単なのはパウダーファンデーションだと思います。私は旅行や出張など自宅以外でのメイクにはパウダーファンデーション。

自宅でメイクするときはクリームタイプを使っています。

パウダータイプを使う場合、付属品のスポンジではなくパフを使うようにしています。

両頬、おでこをベースと同じように外側に向かってこするのではなくポンポンと軽いタッチで「置くように」パフを使います。

目元、鼻、口元はパフに残った分で十分です。厚くつけないこと。そして仕上げにプレストパウダーを使います。

これはパール入りの方が断然仕上がりが良いです。シワも目立ちにくくしてくれます。こちらもパフでつけましょう。ブラシがあるならブラシの方が良いです。

クリームタイプの場合は下地と同じ要領で顔の5ヵ所に置き内側から外側へ伸ばしていきます。この時、スポンジではなく指を使うようにしています。

スポンジだとどうしてもこすった感があって肌を痛めていると思うからです。肌を痛めると乾燥肌はますますひどくなっちゃいますからね。

クリームタイプでも目元、鼻、口元は余っている分で薄くつけるようにしています。

クリームタイプで気を付けたいのは「しまった!量多過ぎ!」となった場合。ついティッシュで拭き取りしていませんか?これNGなんだそうです。

せっかく保湿とベースをがんばってもティッシュで拭き取りすると余分なファンデーションだけじゃなく、大切なうるおいも一緒に拭き取ってしまうんだそうです。怖いですね。

なので思っているよりも少なめを心がけるようにしています。足りないときは足せばいいだけなので。

そして仕上げはプレストパウダー。パフかブラシでやさしく肌に置くようにつけていき、最後に余分な分を払い落とします。

乾燥肌と化粧5

まとめ

  • メイクの前にまず保湿。スキンケアは手間を惜しまずに。
  • ベースメイクは厚塗りしない。気になる部分は2度塗りで。
  • 粉ものはパフかブラシを使って、クリームは指で。
  • 仕上げは魔法のパウダー(パール入り)

朝の忙しい時間ですが手間を惜しまなければ消そう直志をしなくても1日快適に過ごせるのでおすすめの方法です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です