乳児湿疹??3つの方法で、真っ赤になったほっぺもキレイに!

泣く赤ちゃん
スポンサーリンク

あなたはこんな悩みを抱えてはいませんか?

赤ちゃんの顔に湿疹ができ始め、どんなにケアしてあげてもなかなか良くならない。

「もうできることは何も残ってないのに。。。このまま、何をしても良くならないで、顔に跡でも残ったらどうしよう。。。」

不安を抱え、辛い気持ちにもなることでしょう。私もかつてそうだったので良く分かります。

湿疹にはたくさんの種類がありますが、湿疹は放っておくと酷くなる一方です。まずは原因と正しい対処法を知り、赤ちゃんの綺麗な肌を取り戻してあげましょう。

湿疹の原因

大人の肌よりずっと薄くデリケートな赤ちゃんの肌は、乾燥などから守るために脂質が多く分泌されます。

ですが、この脂質をそのままにしてしまうと、脂質に汚れが付着して肌に悪影響を与え、湿疹になってしまうのです。

それに加え、ママのホルモンの影響から脂質の分泌が最も多い時期が生後1.2か月なので、そのころに湿疹ができ始める赤ちゃんは多いはずです。

湿疹には何種類かありますが、なかなか治りが遅い湿疹で、黄色いかさぶたのようなものができる湿疹を脂漏性湿疹と呼びます。

ほっぺなど顔にプツプツと赤くできる湿疹は乳児ニキビと呼びます。

そして、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎など、病院へいかなければ分からない湿疹もあるのです。

ですが、まず自宅で行える基本的なケア方法は同じなので、是非実践してみてはいかがでしょうか。

また、日常生活の中で意識する点として、母乳があります。

母乳をあげているママは、ご自身の食事に注意してみましょう。

母乳はママの血液です。食べたものの成分は母乳に移行します。

たくさんあげたらたくさん食べなきゃと、暴飲暴食をすることは良いことではありません。

食生活が乱れると、母乳の質が低下し、その母乳を飲んだ赤ちゃんに影響し、脂肪や糖質が湿疹を悪化させてしまいます。

湿疹を自宅でケアする方法とは?

赤ちゃん部屋

 ①赤ちゃんの肌を清潔に保つために一番大事なことは、洗顔です。

脂質を減らそうとするのではなく、清潔に保つことを心がけましょう。

脂質が多く分泌されるのは肌を守るための自然な現象だからです。

余分な皮脂を落とし、綺麗にしてあげてから保湿してあげましょう。

赤ちゃんの小さな顔を洗うのは大変ですが、慣れたら簡単です。

キレイなガーゼを使用し、泡を使い優しく洗ってあげましょう。

夏など、汗をかきやすい時期はこまめに顔を洗い、汗疹を予防するためにシャワーを浴びることも大事です。

ただし、ここで一つ注意してほしいのは、「ソープによっては使い過ぎで肌が乾燥してしまう」ということです。

肌の乾燥は、よりたくさんの皮脂の分泌を促し、場合によっては湿疹の悪化につながりかねません。

スポンサーリンク

そうならないためには、肌を乾燥から守ってしっとりさせてくれるタイプのソープを使用するのが良いです。

今ならこちらのドルチボーレだと、LINE@の登録で300円分のクーポンもついてきて大変お得ですよ!

②外部からの刺激をなくすために、赤ちゃんの肌に触れるものを清潔にしてあげましょう。

肌着は綿100%にする、寝具などはこまめに洗う、お布団を干す。

そして、かゆくなくても赤ちゃんは顔を触ったりします。爪を切ってあげましょう。赤ちゃんの爪は柔らかいですが、すぐに伸びてきます。

小さな手をしっかりとつかみ、爪の先がとがらないように切ってあげましょう。

③そして、食事を和食中心にしてみましょう。

味も濃いものではなく、できるだけ薄く。

脂質を減らそうとするのではなく、清潔に保つことを心がけましょう。

脂質が多く分泌されるのは肌を守るための自然な現象だからです。

ただでさえ脂質の分泌の多い状態の赤ちゃんの肌に、とてもよくないのが、低下してしまった質の悪い母乳です。

野菜中心の和食は母乳の質を高めるためには最高の食事です。

栄養価の高いものを使い、油を多く使う料理を避けることが赤ちゃんの健康にもママの健康にもつながります。

ただ、ママ自身がまずいと思うものを食べ続けるのはストレスになるので、好みに合わせた味付けにしながら、薄味を心がけてみてください。

そして、甘いものが食べたいときは洋菓子よりも和菓子にすれば、少しでも糖質の少ないものを選んだことになります。

糖質が多い食事は乳腺炎を引き起こす原因にもなります。

私は3人子供を産み3人とも乳腺炎になりました。

どんなに気を付けてもなってしまったので体質もあると思いますが、特に気を付けた3人目は酷くはならずに済みました。

湿疹も、3人目が一番軽く早く治りました。

それほど食事が母乳に影響することを知ってください。

まとめ

赤ちゃんのほっぺ

生後1.2か月からできる湿疹はどんな赤ちゃんにもできます。

赤ちゃんに見られる湿疹のほとんどが赤くニキビのようなポツポツができたり、それが悪化すると黄色いかさぶたができて頭皮にも湿疹が広がります。

ただ、このような乳児湿疹は自宅でのケアでほぼ良くなっていくのです。

かゆみがないので赤ちゃんも湿疹のせいでぐずることはほぼないと思います。

そして、ケアを続けママの食生活に気を付けても治らない時は病院へいきましょう。

  1. 洗顔と保湿を
  2. 外部からの刺激を少なくしてあげる
  3. 質のよい母乳を

これらを実践し、赤ちゃんの綺麗な肌を守ってあげてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です