乳児湿疹?突発性発疹?湿疹が全身に広がる様々な原因と症例

赤ちゃんの全身
スポンサーリンク

どんなに赤ちゃんのお肌のケアをしていても

どうしてもあらわれてしまうのが乳児湿疹です。

では、自宅でのケアの仕方はあっていますか?

赤ちゃんの湿疹、顔や身体、全身に広がってしまった時の原因と対処法をご紹介します。

赤い発疹が出る場合の仕組み

湿疹とは、体内に入ったウィルスや細胞などの免疫反応、または特定の刺激に対する防御反応から起こる皮膚の変化です。

よく見られる赤い発疹は、皮膚の表面に近い毛細血管が拡張して血流が増えるため赤く見えるのです。

そして、特に顔や胸、背中やお腹は刺激をうけやすく湿疹ができやすい箇所になります。

その湿疹が虫刺されによるものなのか、乳児湿疹なのか、あるいわなにかの病気の症状なのか、それを見分けることは私たちにはとても難しいことです。

発熱はないか、症状はなにをきっかけに起こったのか、赤ちゃんの触れたものにいつもと違ったものはなかったか・・・

ママはそんなことにも気を付けながら生活しましょう。

そして必ず皮膚科や小児科にかかることをおすすめします。

熱を伴わない湿疹

赤ちゃんの顔

 【乳児湿疹】【脂漏性湿疹】

新生児にできる多くの湿疹の場合がこれだと診断されます。

これは赤ちゃんの肌が弱いために、脂質や汚れの付着によってできるもので、どの赤ちゃんにも起こりうることです。

主に顔や頭、胸や首などの上半身にできます。

【ケア方法】

肌を清潔に保つことです。

まずは赤ちゃんの洗顔をこまめにしてあげてください。石鹸を泡立てて優しく洗います。そして綺麗なガーゼで優しくふき取ります。

小さな赤ちゃんの顔を洗うのはとても大変ですが、頑張ってしっかりと洗ってあげましょう。そして、赤ちゃんの肌に触れるものは全て清潔に。

かゆくなくても顔を引掻いてしまうことが多いので、赤ちゃんの爪のお手入れも忘れずにしてあげてください。

私はミトンなどを使いましたが、だいたい自分ではずしてしまっていました。

見張っていることは難しいので、爪を切ってあげることが一番です。

【あせも】

汗をかく場所で、肌と肌が密着してる首や背中など、汗がたまりやすい場所にでき始めます。

放っておくとどんどん広がりますので注意してください。

スポンサーリンク

【ケア方法】

夏場はこまめにシャワーなどで身体のあせを流してあげましょう。

風通しの良い肌着を着せ、汗を吸い取りやすい綿100%を選んであげてください。

汗疹はかゆみをともないますので、赤ちゃんがかゆがったら薬を使ってあげましょう。かならず医師に相談してから使用してください。

熱を伴う湿疹

赤ちゃん泣き顔

【突発性発疹】

赤い発疹が胸、お腹、背中、顔などに広がります。

一気にひろがっていくため焦るママは多いと思いますが、ほとんどの赤ちゃんがかかる病気です。

発疹が出る前に40度近い高熱が出るのが特徴的です。

その後に発疹が広がり、2,3日で自然に消えていきます。

まれに2回かかる子供もいますが、たいがい1回やればその後は高熱の後の発疹はあらわれません。

乳児の通る道だと思い、焦らず病院を受診してください。

【はしか】

高熱とともに、耳の後ろや首などに発疹があらわれます。

発熱にせき、鼻水、くしゃみ、目の充血が3,4日続き一度熱が下がってもまたぶり返して熱がでます。そのときに発疹が全身に広がります。

はしかは肺炎や中耳炎などの合併症を引き起こしますので、必ず予防接種をうけてください。

【風疹】

37度程度の熱と一緒に、薄い赤の小さな発疹が現れます。

顔や耳の後ろにあった発疹が身体全体に徐々に広がっていきます。

発熱数日後からリンパが腫れ触ると痛いのが特徴です。

これもかならず予防注射を摂取してください。

【水疱瘡】

発熱と同時に頭皮から酷いと足の先まで虫刺されのような発疹ができます。

強いかゆみをともないますので、爪を切るなどのケアをしてあげてください。内服薬や軟膏が処方されます。

任意ではなく国が指定し補助金が出る予防注射になりました。

まとめ

湿疹でも全身に広がる場合数々の原因が考えられます。

発熱を伴わない湿疹に関しては自宅でのケアが大事になりますので、もう一度赤ちゃんの肌にとって良いものを使用しているか、赤ちゃんの肌を清潔に保つためにきちんと洗顔してあげているかを見直してみてください。

それでも治りが悪い場合は受診し、医師と一緒に時間をかけて治していってあげましょう。

そして、発熱を伴う場合はすぐに受診をおすすめします。

まずは焦らず、赤ちゃんがどんな状態なのかを把握してあげることが大事です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です