乳児湿疹時に出る「黄色い汁と膿」!!すぐに治った私の対処法!!

乳児湿疹の赤ちゃん
スポンサーリンク

我が家の子供は、生後3ヶ月の頃から、乳児湿疹が出始めるようになりました。

状態はどんどん酷くなるばかりで、かなり乳児湿疹に悩まされました。顔は赤くてボツボツで体中湿疹だらけ、頭皮はフケのように皮膚が剥がれ、耳はただれて切れてしまい痛々しいほど・・・。

とても、外に出て人目にさらせる状態ではありませんでした。

そう思っていても買い物などの為、外出しなければいけませんよね。

赤ちゃんの顔を可哀そうと言いたげな目でジロジロ見られるのが、たまらなく辛いものでした。

その中でも一番悩んだのが、「黄色い汁と膿」についてです。

初めての出来事で、これはなん何だ!?とハテナが浮かぶばかりで、どう対処していいかも分からず右往左往…。

この先、この子はどうなってしまうのだろう、と不安な日々が続きました。

胃が痛くなるほど心配になる毎日でした。

しかし、この「黄色い汁と膿」の原因とそれが完治したケア方法があったのです。

実際に私も安心して行えた安全なケア方法ですので、参考にしてみてください。

そもそも「黄色い汁と膿」ってなに!?

黄色い汁と膿

先ほどからちょくちょく出ているこの謎の「黄色い汁と膿」。

首から上に症状が出てしまう事が多いのです。

我が子は、特に頭皮を中心多く出ていました。

これは、乳児湿疹の一つで「脂漏性湿疹」というものの症状なのです。

生後3ヶ月ぐらいまでの赤ちゃんは、皮脂の分泌が多く、皮脂の出口を塞いでしまうことによって、そこから菌が繁殖するというのが、脂漏性湿疹です。

簡単にいうと、皮脂が詰まってそれが炎症を起こしている状態ですね。

赤ちゃんの場合、ママから貰ったホルモンの影響で、皮脂の分泌が盛んであり、毛穴が未発達であるという事もあり、毛穴に皮脂が詰まりやすく、脂漏性湿疹になりやすいのです。

そして、この「黄色い汁」って固まってしまうと厄介です。

我が子は、頭皮に脂漏性湿疹が大量にできてしまい、黄色い汁が固まって、それがポロポロと剥がれ落ちて、いわゆるフケみたいな状態になってしまいました。

これを見たときは、正直とてもショックを隠しきれませんでしたね。

我が子ながら汚いように見えてしまったり、痛々しかったり、目を覆いたくなるような状態でした。

脂漏性湿疹のケアについて

脂漏性湿疹は、先に少し説明してしまいましたが、皮脂のつまりが原因で湿疹が起こります。

その為、原因となっている、皮脂を取り除いてしっかりと肌ケアをして清潔にしたら治すことができました。

かさぶたを取ろう!

オリーブオイル

脂漏性湿疹の影響で、黄色い汁が固まり、頭皮にかさぶたのような状態のものが出来始めると、頭皮から嫌な臭いがするようになってしまいます。

実際に毎日洗っているはずなのに、2,3日洗ってないのかと思われるような匂いがしました。

時間が経った皮脂が嫌な臭いを発してしまっているため、黄色い汁が固まってできた、かさぶたのようなものは取ってあげましょう。

しかし、取ろうと言っても、無理矢理はがすのは絶対にNGです!!赤ちゃんのデリケートな肌を傷つけてしまうので、やめましょう。かさぶたのようなものの下にある、健康的な頭皮までをも傷つけてしまい、細菌感染などを引き起こす可能性もあります。

正しい剥がし方としては、入浴前に食用のオリーブオイルまたはベビーオイルを頭皮に馴染ませて、かさぶたをふやかすイメージで塗ってあげてください。

30分くらい経ったら、ベビー用ブラシで優しくとかしてあげてください。

この時に、取れるだけでいいので無理に全部はがそうと思わないでください。

無理やりはがそうとすると炎症が激しくなり逆効果なので、やりすぎには十分注意してくださいね。

また、このかさぶたは、時間が経ち乾燥すると自然と落ち、服や枕などに落ちてしまいます。

枕などは特に、見た目が汚れていないように見えても、不衛生になっていることが多いので、こまめに洗濯すると良いですね。

また、枕の上にタオルを敷いて使い、タオルを毎日取り換えるのも良いです。

入浴方法

たっぷりのベビーソープで洗いましょう。

指の腹で円を書くように優しく洗うのがコツです。

手で洗うというよりも、泡で洗うというイメージで洗うと良いですね。

我が家では、ボトルから泡の状態で出る赤ちゃん用ソープを使用していましたが、泡立てる手間もかからず、片手で行えるので、とても重宝しました。

余分や皮脂を洗うのが目的であるため、洗い残しが無いように洗う必要はありますが、ゴシゴシと力を入れて洗うと、乾燥の原因や、肌を痛めてしまうので気をつけましょう。

また、泡の流し残しも悪化の原因となってしまうため、注意したいですね。

赤ちゃんの爪

大人がかさぶたを慎重に剥がしても、健康な頭皮まで傷つけてしまう可能性があるため、注意が必要なのにも関わらず、子供はかゆいと容赦なく掻いてしまいます。

我が子も寝ているときにガリガリと掻いてしまったようで、頭皮に傷ができ、酷い時は血が出てしまっていました。

細菌感染に至る場合もあるため、爪を切っておいてあげると良いですね。

爪を切るときに爪の端がとんがってしまっていると、余計傷をつけやすくなってしまいます。

丸みを帯びるように切りましょう。

寝る時にミトンを活用するのも良いですね。

起きているときに切ろうとすると、動くのでなかなか上手く角がない形に切るのが難しく、切りすぎてしまう事もあったので、寝ているときに行うと、うまく着ることができました。

保湿が大切

一連のケアの中で最も重要なのが、仕上げの保湿です。

どんなに他のケアをきっちり行っても、この「保湿」を行わなければその効果は激減してしまいます。

スポンサーリンク

ここまでのケアで、湿疹の原因である皮脂はサッパリ取れているはずです。

そしてそれは、同時に「肌が最も乾燥している」ことを意味します。

しっかりと洗って乾燥した肌を潤わせてやらないと、それをカバーするために過剰に皮脂を分泌し、脂漏性湿疹が悪化してしまいます。

症状の改善のためには、保湿は絶対行わなければいけませんね。

頭皮にも塗るの?と疑問を持つかもしれませんが、当然患部である頭皮にも塗らなければいけません。

髪に付くとベタベタしてしまうので、上から塗るのではなく、手のひらで、クリームをなじませてから、毛の根元のほうから指を入れ、頭皮に塗ると髪がベタベタしにくいのでおすすめです。

多少髪がべたついてしまうのは否めませんが。笑

治らない脂漏性湿疹

上記の方法で、当初よりはだいぶマシな状態になり、黄色い汁の量もかさぶたも減ったのですが、何度も繰り返してしまうのです。

良くなったなと思いきやまた出てくる・・・。

気を抜いてしまうのが原因かと思い、治りかけてきてもケアを怠ることなく続けているのに、なかなか完治には至らないのです。

どうして綺麗な状態に完全に治らないのか、とても悩みました。

気を付けてクリームを塗っても、多少髪がべたつくので、塗らなくても良い状態まで改善してあげたかったのです。

皮膚科にも相談しに行きましたが、やはり上記のケア方法に間違いはなく、続けて様子を見ましょう。と言われるばかりでした。

頭皮の炎症を鎮め、外部刺激に強い肌にしてあげたい。

毎日塗る保湿剤・・・。今よりも効果のある保湿剤は無いのかと思い探してみました。

市販の赤ちゃん用保湿クリームを何種類も試しましたが、良くなるどころか悪化を招く保湿剤にも出会いました。

そんな時に、ママ友からあるクリームを紹介されたのです。

完治に至ったクリームとの出会い

ママ友が遊びに来た時に、ベビー用品の話になり保湿クリームに何を使っているかという話題になりました。

私がいい保湿クリームに出会ったことが無いと嘆いていると、ママ友がカバンから出したクリームは【アトピスマイル クリーム】 というものでした。

市販では売られていないようで、もちろん私も見たことがありませんでした。

ママ友はインターネットで発見してから注文し、子供が生まれて間もないころから愛用し、子供に乳児湿疹が出たことが無いというのです。

誰しもが乳児湿疹に悩んでいると思っていた私は、驚きました。

そして、使ってみたくなり、ママ友が帰ってからすぐにアトピスマイルクリーム調べました。

アトピスマイルクリームを使用すれば、ママ友の子供のような綺麗な肌が手に入れられるかもしれないと思ったのです。

5実際に使用したら・・・

アトピスマイルクリームを実際に購入し、使用してみることにしました。

どうして乳児湿疹などが治るのかも知らずに・・・。

早く使って治るかどうか早く知りたかったのです。

そして、正しいケア方法の後に、毎日塗っていた保湿クリームをアトピスマイルクリームに変え、2週間。

なんと頭皮がほぼ綺麗な状態になったのです。

いつも帰宅が遅く子供の様子を見ることのなかった旦那にも見てほしいと言うと、最初のひどい状態の時に見たきりだったので、綺麗になった頭皮を見てびっくりしていましたwww

しかし、また手を抜いたら再発するだろうと思っていたものの、症状がほぼないと、少々手を抜いてしまうのです。

それでも酷い脂漏性湿疹に発展することはありませんでした。

それ以来、髪もべたつくので、頭皮にクリームを塗る頻度を減らしましたが、脂漏性湿疹の症状が出なくなったのです。

効果抜群のクリームのおかげで・・・

ママ友が教えてくれたアトピスマイルクリームは、本当に神でした!!笑

我が家では、こんなにも効果のある保湿クリームは、他にないと思っています。

なぜこの【アトピスマイル クリーム】 でこんなにも良くなったのかは、私も後から知ったのですが、保湿力が市販のクリームと全く違うのです。

市販の保湿クリームの場合、肌の表面部分しか潤わせることができないのに対し、アトピスマイルクリームの場合は、肌の深層まで潤いを与えてくれるのです。

だからかさぶたのようになった黄色い汁を剥がし、より乾燥した状態となった肌もしっかりと潤い、余計な皮脂が分泌してしまう事が無くなり、症状が治まったのですね。

またこの深層まで届く水分により、肌がバリアされ外部刺激に強い肌を手に入れることができ、再発も防いでくれたのです。

顔や体の湿疹にも効き、とても万能で、全身綺麗で強い肌を手に入れることができた我が子でした。

成分的にもかなり優しく、主成分がお米から中執されたライスパワーというもので、ステロイドやカゼインなどの肌への刺激となるようなもの、依存してしまうような効能の薬などは、一切使用されていません。

小さな子供にも安心して使用できますね。

あんなに酷く、外出すると冷ややかな目で見られていた私と子供ですが、今では「かわいいねー」と声をかけられたり、頭をなでられたり、目線も嫌なものを見るような目とは異なり、暖かい目線が感じられ、買い物などを心から楽しめています。

また、子供への関心が薄かった旦那も、心なしか子供と接する機会が増えたように思います。

脂漏性湿疹が酷い時は、痛々しくて見ていられなかったのでしょう。

本当にアトピスマイルクリームに出会えてよかったと思う毎日です。

脂漏性湿疹が治った今でも、時々乾燥しやすい時期になると、体を掻く姿や肌荒れの兆候が見られたら、アトピスマイルクリームを活用しています。

薬でもないのにすぐに良くなるので、子供も私もアトピスマイルクリームにとても助けられています。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です