乳児湿疹初期の拠り所!!最強「プロペト」の効果とは…!?

赤ちゃんの背中ケア
スポンサーリンク

こんにちは!

11ヶ月になろうとしている息子を育てている、まだまだ新米ママです^^

産まれてくるまでは、「まさか自分の子がこんなひどい乳児湿疹になるなんて…」思いもしませんでした。

今となっては、すっかり良くなり「すべすべ」「もっちり」「美白肌」の息子です。

ですが、ここまで行きつくのにたくさんの苦労がありました。同じ悩みを抱えているママに少しでもアドバイスできたらいいなと思います。

乳児湿疹の始まり

9月生まれの我が子なのですが、寒い・乾燥する季節につれて、顔に赤いぽつぽつができるようになりました。最初は、「ちょっとした刺激があったのか?」と軽い気持ちで過ごしていました。

数日が立ちみるみるうちに、目をそむけたくなるような顔になってしまい、顔だけでなく頭皮は皮がむけて、まるでふけのようにぽろぽろと皮が落ちてきたり、耳の裏が真っ赤になってしまったり、耳たぶが切れてグチュグチュになったりと大変な状態になってしまったのです。

毎日のように、育児書やネット検索で少しでも良くなる情報を手に入れようと必死の毎日でした。この文章を読んでくださっているママ!きっと昔の私のように必死になっているのではないでしょうか!?

私が実際に試した方法をご紹介いたしますね!

乳児湿疹を和らげる対処法

赤ちゃんの背中ケア

1.とにかく保湿!!

本当に乾燥する季節だったので、気づいたら保湿剤を塗っていました。頭皮までベタベタになるまで、塗りまくっていました。

2.顔を清潔に保つ!!

朝起きたら、温めたガーゼで顔を優しく拭いてあげていました。拭いた後は必ず、保湿してくださいね。

3.保湿剤・シャンプー・ボディーソープを変える!!

もう、何種類試したかわからないほどいろんな商品を購入していました。最初は、お手頃な値段でどこでも手に入りやすい商品だったのですが、息子のひどくなる症状につれて最終的には、高級でお値段もはる、手に入りにくいものを使用していました。

4.市販の薬を試してみる!!

「新生児の赤ちゃんに薬なんて使いたくない」と思って遠ざけていた私ですが、ついに市販の薬に手を出してみました。症状の軽いところには、効き目がありました。

ここまでやっても治らないなら病院へ

私が試した対処法を上記に記載しましたが、私の息子の乳児湿疹はしぶとく完全には綺麗になることはできませんでした。

「薬が嫌だとか言っていられない!」「息子を1日でも早く乳児湿疹から解放しなくてはだめだ!」当時の私はそんな気持ちでいっぱいでした。

スポンサーリンク

出産した産婦人科に、小児科外来があり、その外来の中で「スキンケア外来」というものに巡り合いました。小児科や一般と同じ皮膚科にはとても抵抗がありました、乳児専用のスキンケア外来は、私にとって救いの手が舞い降りたのだと感じました!!

処方された「プロペト」について

プロペト

先生に処方された薬が「プロペト」というものでした。

病院に行こうと決心した私ですが、それでもまだまだ薬には抵抗があったので、先生に笑われちゃうほどしつこく「この薬は新生児に塗っても本当に大丈夫なんですよね!?」

「副作用なんてないですよね!?」

「自分なりにいろいろ試してもだめだったのに、この薬1つで本当に良くなるんですよね!?」など、

今思えば『当たり前だろ!!!』と突っ込んでしまいそうになるようなことを平気で聞いていました。

言い換えれば、それほど私は息子のために必至だったのですけどね…笑

プロペトとは、白色のクリーム状になっていて

使用方法は、1日1~2回塗る

必ず、保湿剤を塗ってから「プロペト」を塗ること

というものでした。

な、な、な、なんと…!!

あんなに苦労していた日々が1ヶ月で嘘のように、ぷりんぷりんの赤ちゃん肌に戻ったのです。生まれた時に体験した、赤ちゃんならではのすべすべ肌に触った時は本当に涙がこぼれてしまいました…

「もっと早く病院に行ってあげればよかった」ととても後悔しました。

「プロペト」と共に1日の流れについて

起床したら、ちょっと熱めのお湯にガーゼを濡らして顔を拭いてあげます。保湿剤を塗ってから「プロペト」を塗る

お昼寝から起きたら、保湿剤を塗る

お昼を食べたら、また優しく顔を拭いてあげて、保湿剤→プロペトを塗る

お風呂上りに、たっぷりの保湿剤とプロペトを塗る

寝る前に、保湿剤とプロペトを塗る

↑というように、使用回数守っていませんでしたが、我が子はかゆくてすぐに顔をこすってしまうので頻繁に塗っていました。

実はプロペトは、大人にも効果あり!!??

赤ちゃんにも使えるほど「安心して」使える薬となっています。

大人の方でも、肌荒れで悩まれている方・美容として小じわ対策などに使われてもいいですね。

最後に…

 今回の乳児湿疹もそうですが、自分の先入観だけで行動してはだめだなと深く反省しました。愛する我が子のためにも、まずはママが一歩踏み出してみてくださいね!!

11ヶ月になろうとしている息子は、ほおずりしたくなるほどになりました^^

乳児湿疹で悩まれているママに少しでもお役立ちできればいいなと思っています。

ここまで、読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です