乳児湿疹を見落としがち!!首周りは要注意!!チェックしていますか??

情報に振り回される赤ちゃん
スポンサーリンク

初めまして!

「そのうち治るから~」とのんきに構えすぎて、乳児湿疹を悪化させ、そこからなんとか完全回復までたどり着いた一歳半の娘を持つママです。

うぅ情けない。。。

 

このページにたどり着いたママさんは、子どもさんの乳児湿疹でお悩みなんだと思います。

そして、まだ病院に行ったりはしていなくて、自分でできるセルフケアを探し中じゃないですか?

 

わたしの経験上、乳児湿疹は初めの段階でいかに早く気付いてあげれるかと、症状に合った適切なケアで、絶対に治せます!

 

ネット上には乳児湿疹に関する記事がたくさんあふれているので、その中から子どもさんの症状に合った記事を探し出してあげてくださいね!

 

この記事は、わたしの経験から言える「自分なりの乳児湿疹に対するケア」の仕方を書いています。

なので、乳児湿疹についてネットの情報を調べ尽くしたママさんに、もうちょっとだけプラスのポイントとして、ご自分の知識に追加してもらえれば嬉しいです。

娘に初めて赤い湿疹がポツポツ出たのは顔でした。

そこから、お腹、背中、手、足と徐々に広がっていったわけですが、見落としていた体の部分がありました。

 

それは首です。

 

わたしの場合は、状態がかなり悪くなっていたので最終的に病院に行き診察を受けました。

その時に先生に首の状態も指摘されて、初めて首にも乳児湿疹が出ていることに気付きました。

 

そこで、見落としがちな首もとに、なぜ乳児湿疹が出来やすいかをまとめてみました!

 

見落としがち要因

ミルクがこぼれる、食べこぼし

image002

 

ミルクをあげた後や、授乳のあとは口の周りが汚れるのでもちろん拭いてあげますね。

しかし要注意!こぼれたミルクが首の方まで垂れてしまっていることがあります。

口を拭くと嫌がって泣いたりするので、どうしてもとりあえず口の周りだけ拭いて、あやすことを優先してしまいがちになります。

 

そしてママはちゃんと注意して首元まで拭けていても、パパや、おじいちゃん、おばあちゃんにミルクをあげるのをお願いした後などが、拭けていない。ということも原因になりますので、ミルクをあげるのをお願いする時は、そのポイントまで伝えて徹底しましょう。

離乳食が始まると尚更です。

食べるものによって、かぶれたりもするので注意です。

 

自分で食べれるようになると、手づかみで食べたあと気付かないうちに、その手でぐちゃーっと顔や首に塗りたくっていたりします。

 

そうなってくると、拭く回数も増えてくるので柔らかいガーゼで拭いてあげるのが良いと思います。手、口用のアルコールシートも販売されていますが、毎回使うと刺激が強くなりすぎるので、乳児湿疹の子どもさんにはお湯で濡らしたガーゼが良いと思います。

スポンサーリンク

 

拭いたあとは保湿クリームを塗ることも大切です。拭きっぱなしだと乾燥してしまうので、乳児湿疹を悪化させてしまう原因になります。

 

わたしはご飯を食べる前と食べた後、口元と首周りにワセリンを塗ってあげていました。

とくに食べる前に塗ると、直接肌に食べ物がつかないので効果がありましたよ!

 

しわがお肉で埋もれている

image003

赤ちゃんは、ムチムチでお肉が輪っかのように重ねっているのがたまらなく可愛いですよね!

でもそこに乳児湿疹が隠れているポイントになっているんです。

 

お肉で埋もれたしわの部分に湿疹が出ていることがあります。首だけでなく、手首や足首などのくびれている部分は要チェックです。

 

娘の場合は、冬生まれだったので寒さが気になって靴下をはかせていたのですが、その為に汗で蒸れて、足首のムチっとしたくびれのしわの部分に湿疹が出てしまいました。

 

靴下もはかすかはかせないかで、意見が分かれますよね。

赤ちゃんは大人の3倍も汗を掻き体温も高く、足の裏で体温調節を行っているらしいです。なので靴下は冬でもはかさないほうがいいと。。。

 

湿疹が出来てしまってからは、靴下ははかさない派になりましたが。触ると足がひんやり冷たくなっているので、親心としてははかせてあげたくなりますよね!

 

乾燥

image004

はい、乳児湿疹の大敵「乾燥」です。

とりあえず、保湿です。保湿命!でケアしてみてあげてください。

どうしてもお風呂上がりの保湿以外は気にしなくなってしまいがちです。でも、1でも書いたように、ご飯を食べた後や前、朝起きたらなど1日に何回もこまめに気付いたら塗ってください。

 

子どもは嫌がって泣き叫ぶは暴れるは、で大変ですが、心を鬼にして頑張って下さい!最初だけです。

 

今では娘は慣れたのか、おとなしく塗られてくれるようになりました。きっとそこまでになったら乳児湿疹も沈静化しているはずです!

 

まとめ

1、食べこぼしなどの処理の徹底が大切!

2、しわの間に湿疹が隠れています!

3、なんといっても保湿命!

 

これから暑い夏がやってきます。

汗をかく頻度も量も増えるので、乳児湿疹の子どもさんは特に丁寧なケアが必要になってきます。

 

特に首元、手首や足首といった「首」の部分は汗がたまりやすいので要チェック!というポイントを覚えておいてくださいね。

 

今年の夏を悪化させずに乗り切れたら、もう完治はすぐそこ!目の前です!

 

今からこまめなケアで頑張りましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です