乳児湿疹は肌のカサカサが原因!?

乳児湿疹とカサカサ1
スポンサーリンク

乳児湿疹は、新生児期~乳児期に現れる湿疹の総称です。

新生児期~生後2か月くらいまでは、ママの体内のホルモンに影響されているため、皮脂の分泌が盛んです。生後3か月を過ぎると、皮脂の分泌が落ち着くため、肌がカサカサしやすくなるんです。

そのため、乾燥による湿疹が出やすくなってしまうんです。乾燥による湿疹を乾燥性湿疹といい、これも乳児湿疹の一つです。私の子どもも、赤ちゃんの頃からカサカサがひどく、冬場になると肌のカサカサが強くなって、かゆくてよく引っ掻き傷を作っています。

乾燥性湿疹の特徴ってなに?

乾燥性湿疹は、冒頭でも説明したとおりに、皮脂の分泌が落ち着くことによって肌が乾燥し、カサカサしていきます。
カサカサ部分に湿疹が出てくるものです。

特に、湿度が低くなる冬場が出やすくなります。湿疹が出やすい場所は、お腹や背中や腕などの特に皮脂の分泌が少ないところに出ます。特徴としては、赤いプツプツだったり全体的に赤くなったりします。
かゆみがあったりする場合もあるので、体を掻いて引っ掻き傷を作ってしまうこともあります。

カサカサしているところを掻いてしまう時は?

湿疹にかゆみがあるときは、早めの病院受診をした方がいいですね。かゆみ止めの薬をもらい、使ってあげることでかゆみが治まり、赤ちゃんの苦痛を取り除くことができます。

あとは、爪を切ることが大事です。赤ちゃんの爪は伸びるのが早いので様子を見ながら、こまめに切ってあげることをお勧めします。爪が伸びていては、かゆみ止めを使っても簡単に引っ掻き傷ができてしまいます。爪を切ってもどうしても引っかいてしまう場合は、ミトンをつけてあげるのも一つの考えだと思います。

冷たいタオルやアイスノンを当ててあげるのも効果的です。

ただし、当てすぎには注意が必要ですよ。

服の素材にもかゆみを強くしてしまうものがあるので、低刺激のものを選んであげてください。綿100%や絹100%なんかだと肌への刺激は少ないと思いますが、赤ちゃんによって皮膚の状態は違うので、様子を見ながらですね。

乳児湿疹とカサカサ2
スポンサーリンク

カサカサのケアが大事!!

湿疹ができる前に、やれることは肌がカサカサにならないことが大事なんです。

まずは、お風呂できれいに体を洗ってあげましょう。ゴシゴシ洗うのは禁物です。必要な皮脂まで洗い流してしまいますので、しっかり泡立てだ石鹸でやさしく洗ってください。石鹸で洗ったら、よく洗い流すように!!
石鹸の成分が残っていると、その刺激によって肌トラブルの原因になります。

お湯の温度は、ぬるめの38~39℃くらいで、お風呂の時間は、10~15分くらいがお勧めです。

お風呂から上がった後が大事なんです。体を拭いたら、なるべく早く保湿クリームやベビーローションを塗ってあげてください。塗りすぎも、ベタベタになってしまいますよ。

お風呂以外にも、肌が乾燥していたらこまめに保湿クリームなどを塗ってあげることもいいですね。

環境調整も必要

肌の乾燥には、室内環境や外の環境も関係してきます。室内の乾燥はお肌にとっても良くないことです。
保湿クリームも大切ですが、室内の室温・室温もとっても重要なんです!

室温は、夏場は26~28℃・冬場は20~23℃。湿度は、季節問わずに40~60%に調整するのがいいですね。

夏場にエアコンや扇風機を使う時は、赤ちゃんに直接風が当たらないようにしてください。除湿器を一緒にするのがベストです。冬場は暖房を使うと思うので、乾燥しやすいです。
加湿器や窓を開けての換気をすることが、室内の環境調整には必要なことです。

まとめ

  1. 乾燥性湿疹の原因はお肌のカサカサが原因
  2. カサカサ部分のかゆみに対する対処方法
  3. カサカサのケアが大切
  4. 環境調整の必要性

肌のカサカサは、肌トラブルの原因になります。
赤ちゃんは、言葉はまだ話せませんので、泣いて自分の体の不快感を訴えます。お風呂に入れてあげるとき、着替えさせる時など全身をチェックしてあげることで、カサカサや湿疹に早めに対応することができます。

保湿剤やお薬は万能ではありませんので赤ちゃんの肌に合わない場合もあり、逆にカサカサや湿疹を悪化させる原因にもなりますので、塗った後の肌の様子も見るようにしましょう。

成長とともに、お肌の強さも成長していきます。
肌トラブルも起きなくなってくるので、湿疹が出てもあきらめずにケアをしてあげてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です