乳児湿疹の種類って多すぎませんか!?いったい何種類あるの??

数種類
スポンサーリンク

   

乳児湿疹とはなにか

 乳児湿疹とは、生後1.2か月頃から、首から上にできる湿疹のことを言います。

そのほとんどは自宅のケアによって3.4か月で治っていきます。

ですが、そのまま完治せずに症状が悪化する場合、他の原因が考えられますので、受診が必要になります。

私の子供たちはそれぞれに湿疹の種類が違い、治療法も違いました。

まずは自宅でのケアを行い、湿疹に種類があることを知ってから、お子様が当てはまることがあればぜひ病院へ行って診察を受けてみてください。

湿疹は必ず治ります、一人で悩まずに周りに相談しながらゆっくり治していきましょう。

赤ちゃんにできる湿疹の種類

赤ちゃんの靴下

 新生児ニキビ

 

思春期のニキビと同様、おでこや頬などに赤いブツブツができます。

赤ちゃんは大人よりも肌が敏感なため、乾燥から守るために皮脂の分泌量が多いです。

それに加えて赤ちゃんは産まれてからしばらくはママのホルモンの影響から皮脂が増えるため、生後1.2か月はとても多い分泌量になるのです。

そのために汚れや皮脂が肌につき、それらをキレイにしきれずに湿疹ができることがほとんどです。

かゆみはなくニキビが原因で不機嫌になることはありません。

生後1週間くらいから2か月ほどで自然治癒することがほとんどです。

脂漏性湿疹

 

新生児ニキビと原因も症状もよく似ています。

新生児ニキビの症状に加え、頭皮などにも湿疹がみられ、黄色いかさぶたのようになり、フケのようなものが出てきます。

自宅のケアで治る事が多いですが、赤ちゃんがひっかいて傷ができそこからバイ菌が入って炎症などをおこさないよう、常に清潔に保つことが大事です。

汗疹

 

汗疹(あせも)は、汗をかきやすい夏場によくなる症状ですが、赤ちゃんの体温は高く、冬場の暖房のききすぎなどが原因になることもあります。

首回り、脇、おなか、肘、お尻、背中など汗がたまりやすい場所にでき、かゆみをともなうことが多いです。

私の子供はみんな夏産まれなので汗疹に悩まされました。

1日になんども汗をふいても予防できないときは、皮膚科を受診し薬を出してもらいました。

かゆみがある湿疹は赤ちゃんも可哀想ですよね。

かゆいとかきむしってトビヒしてしまう場合もあります。トビヒは傷から細菌が入り感染してしまうと発症します。

水泡などができるため、治るのも時間がかかり赤ちゃんもかゆい状態が続いてしまうので、早めの受診が大事です。

アトピー性皮膚炎は

泣く赤ちゃん
スポンサーリンク

 

顔や頭皮などに赤い湿疹ができ、耳の付け根や皮膚の弱い場所があかくなり強いかゆみをともないます。

良くなったり悪くなったり、環境などで変化し、慢性的に続きます。

最初の子供は、アトピーの症状が出たため、たまたま近くにあった皮膚科を受診し、現在も皮膚科をかかりつけにしています。

アトピーの原因はまだよくわかっていません。

遺伝といわれたり、なんらかのアレルゲンによって引き起こされたり、特効薬と呼ばれる薬がない状態です。

赤ちゃんの場合、生後2.3か月では診断が難しいため、5.6か月で血液検査などを行いアトピーの診断が可能になります。

親族にアトピーの者がいなかったのもあり、自分の子供がアトピー性皮膚炎と診断された時はショックでしたが、じっくりと時間をかけて治療することにより、今ではだいぶよくなってきています。

疲れたり、汗をそのままにしていたりすると湿疹がでてかゆがっていますが、すぐに肌を清潔にたもち、酷くなったら薬をぬることで肌も綺麗になってきています。

自分の子供に限って・・・と思っていたので動揺するママは多いと思いますが、大丈夫です。焦らずゆっくり治していきましょう。

食物アレルギー

 

軽度なものなら口の周りや全身に赤いプツプツができる程度です。

他には目が赤くなったり、瞼が腫れる、口の中にも湿疹ができたりもします。

重度になると、おう吐や下痢、くしゃみ鼻詰まり、咳、呼吸困難、意識障害などを引き起こすのが食物アレルギーです。

私の子供はミルクでアレルギー反応が出たため受診したところ、他にも卵と大豆のアレルギーも持っていました。

アレルギーの場合は、早期にアレルゲンの特定をすることで除去できますので、まずは受診が大事です。

現在母乳で育てているママは、ママ自身の食事に気を付けましょう。

アレルゲンがママの母乳から赤ちゃんの体内にはいりこみ湿疹ができている場合もあるのです。

赤ちゃんのアレルギー特定は、離乳食が始まる前に行うのがよいので、もし湿疹の治りが悪く病院にかかる場合はそのことも伝え血液検査などをしてもらうといいと思います。

まとめ

眠る赤ちゃん

湿疹ができ始めてしまったら、まずは自宅のケアが大事です。

皮脂の分泌が多い赤ちゃんの肌を清潔に保ってあげましょう。

赤ちゃんの顔を石鹸で洗うのは大変ですよね。

毎回ドキドキしながら顔を石鹸で洗い、綺麗に流したことを思い出します。

まずは頑張って洗顔をしましょう。

赤ちゃんの触れるもの、例えば寝具や肌着なども常に清潔を心がけ、夏場など汗をかきやすい時期にはこまめにシャワーやガーゼでふいてあげることが大事です。

赤ちゃんの爪もきちんと切って、顔に触れても傷ができないようにしてあげましょう。

そして、それでも治りが悪く酷くなる場合には、病院へ行きましょう。

 

赤ちゃんの湿疹には種類があります。

そして湿疹はどの赤ちゃんにも起こりうることです

原因を特定するためには、病院へ行って相談することが大事です。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です