乳児湿疹の治りかけ!!ママが心得るべき事はたった2つだけ。

泣き顔赤ちゃん
スポンサーリンク

赤ちゃんが泣き出してしまうと、ついつい不安になり、焦ってしまいます。

初めての赤ちゃんなら尚更ですよね。

「オムツを替えるとか、母乳やミルクをあげるとか、寝かせてあげるとか…泣かないようにすべきことはしたはずなのに、泣き止まない。一体どうして泣いてしまうのだろう・・・。」

と、子育ての最初の試練の中で、更に乳児湿疹が始まると、ますますどうしたらいいのか分らなくなってしまいます。

毎日何回もそういう感情に襲われたものです。

そして意外と湿疹の治りかけが赤ちゃんにとっては痒いらしく、不機嫌な時間が増えます。

治ってきてもまた新たに出てくる乳児湿疹・・・。

医者にも見せたのですが「とにかく拭いて清潔に」と言われるばかり、1時間に1度はガーゼで拭いても良くならず、水道水が合わないのかと思い、温泉水にしてみたりいろいろやりましたが、何度も再発というか、乳児湿疹の範囲が広がっていってしてしまうのです。

薬の処方もお願したのですが、「ステロイドが含まれる薬だから痕に残る事があり、責任は取りません」などという事を言われるので怖くて使用しますとは言えませんでした。 1日でも早く治してあげたい、跡を残さず治したい、そんなことを考えていた時に出会ったのがアトピスマイルクリームという商品でした。

この商品は祖母が孫のためにと購入して郵送してくれました。

こんなもので良くなるのかと疑いながらも使用してみたところ、なんと綺麗に治り、その後も乳児湿疹とは無縁の生活が送れるようになりました。

乳児湿疹が酷い子を持つママ

赤ちゃんの肌の乳児湿疹が酷くなると、ママの気持ちは情緒不安定になるでしょう。

産後ホルモンバランスが乱れ、体調も万全ではない、気持ちが不安定、そんな時に乳児湿疹のかゆみで泣いてしまう赤ちゃんを見ると、どうしようもなく落ち込んでしまいますね・・・。

しかし、そんなママの気持ちが敏感な赤ちゃんにも伝わり、ますます大変な状態に陥ってしまうでしょう。「え?ストレスが伝染するわけがない。」と思うかもしれませんが、これは人間の感情が勝手に近くの人と同調する「ミラーニューロン」によるものです。

まずは、ママの気持ちを整えることも大切なのですね。

ストレスを溜めない

ストレスフリー

赤ちゃんとの二人きりの生活が始まると、毎日が大忙し。 頭の中では家事の段取りを想定していても、実際計画通りに行く日なんてないですよね。

空いている時間に掃除、洗濯、洗い物、買い物、お料理。やることもたくさんです。 我が子は乳児湿疹の治りかけがとにかく痒かったようで、すこぶる機嫌が悪く泣いている時間のほうが多いのではないかと思うような日々でした。

何となく家事と育児をこなしてきたけれど、その時ばかりはお手上げ。 旦那さんに「今日夜ご飯無いかも…」と連絡する日もありました。

そんな日々が続いてしまうと、一人で発狂してしまいそうになります。

一番大事なのは、どんな方法でもストレス発散できる時間を作ることです!!

私はホルモンバランスの影響か、よく泣いていました。シクシク泣くのではなく、大泣きです。今思い返すとすごい母親ですね。

でもたくさん泣くとスッキリするんです。 思い返せば昔から私のストレス発散方法は大泣きでした。 音楽を聴いたり、海外ドラマを見たり。 大きな声で歌を歌ったり、美味しいものを食べたり・・・。

自分に合ったストレス発散方法を探せると、赤ちゃんのひどい湿疹に対してものんびりと余裕を持って対処できるようになると思いますよ。

ぶっちゃけ・・・今だからこんなことが言えますが、実際に毎日機嫌が悪い赤ちゃん、乳児湿疹が悪化し悩んでいるときにストレス発散なんて上手にできませんよね。

紹介しておいてなのですが、頭の片隅に入れておく程度で良いでしょう。

これから紹介するクリームで本当に心からリフレッシュできる日が来ます。

乳児湿疹への対処

やはり、乳児湿疹への対処法は2つです。

  • 清潔にすること
  • 保湿することです

しかし、私ももちろん清潔を保つようにしていましたし、保湿もしていました。

後からになってわかったのですが、我が家の場合、この保湿に問題があったのです。

私が使用していた保湿クリームは、市販の保湿クリームでした。

残念なことに、世の中には石油系界面活性剤や合成ポリマーといった肌のバリア機能を破壊してしまう薬剤が入ったクリームがたくさん出回っているのですね。

私は、赤ちゃん用であれば、すべてが肌に優しいものだと思っていました。

後からになり成分を確認したところ石油系界面活性剤が含まれていたのです。

大人でも肌荒れの原因になる成分なのに、弱い赤ちゃんの皮膚に使うとどうなってしまうことか…。

もちろん肌の状態が良くなるわけがありませんよね。

アトピスマイルクリームの登場

電話で相談

私の祖母が孫を心配し、送ってくれた【アトピスマイル クリーム】 ですが、祖母はテレビで見て知ったそうです。

テレビで紹介されているくらいだから大丈夫かな・・・。治らないかもしれないけど使ってみようと思い使用することにしました。

とはならず・・・wwww

スポンサーリンク

いくらテレビで紹介されていたからと言って、赤ちゃんが安心して使用できるのかもわかりません。

不安に思った私は、アトピスマイルクリームについて調べることにしました。

成分は?

この時に肌に塗るものは成分が重要なのだという事に気づきました。

いくら「肌に優しい・赤ちゃんでも使える」と書いてあってもどんな成分が使用されているかわかりませんよね。

しかしアトピスマイルクリームの場合、成分がかなり安心なものばかりで、肌に悪影響を及ぼすようなものが含まれていませんでした。

まず、主成分がライスパワー№11というものでした。これは名前の如くお米です。

私たちが毎日食べているものですよね。

それを肌につけたからと言って全く問題ないなと思いました。

また、肌への刺激の原因となる香料や着色料が使われていませんし、最も避けたいと思っていたステロイドも含まれていませんでした。

更にカゼインが含まれていない為、アレルギーの心配もなく小さな赤ちゃんにも使用できると感じました。

こんなにも肌に優しく、不必要なものが含まれていない保湿クリームが市販のものでもあるか探してみましたが、見つけることはできませんでした。

ライスパワーNo.11配合アトピスマイル クリーム

肌バリアを強く?!

乳児湿疹の原因として、肌バリアの低下が関係しているという事を知りました。

肌バリアという外部刺激から肌を守る組織は乾燥により、力が低下してしまい、外部刺激に負け、乳児湿疹という状態に陥ってしまうのですね。

アトピスマイルクリームは、その肌バリアを強くするための水分を肌へ十分に補給してくれる力があるのです。

それだけではなく肌が常に潤った状態が保てるようにする水分保持機能というものを発達させてくれるクリームなのです。

この効能は国内でアトピスマイルクリームだけという事で、他の市販クリームでは改善できないのですね。

繰り返していた乳児湿疹は肌バリアが強くなることで、防げるのではないかと思いました。

こんな乳児湿疹の改善に繋がるようなクリームを使わないわけにはいかないという気持ちになりました。

実際に使ってみたら・・・

子供の寝顔

アトピスマイルクリームを実際に使ってみました。

初日から・・・

一般的な保湿クリームを使用していた時は、泣いてしまい涙を拭き取った場所から、カサカサと乾燥してきたり、塗ってから数時間で乾燥している肌の様子が見受けられ、1日に5回から8回は塗り直していました。

一方、アトピスマイルクリームの場合は、一度塗っただけで肌がツルッとして、夜までその潤いが続くのです。本当に驚きました。

また、夜中寝ているときに乾燥してきて痛いのかかゆいのか、夜泣きが酷い日が続いていたのですが、アトピスマイルクリームを塗った夜はミルクで泣いただけで、飲ませたらすんなり寝てくれました。

久しぶりに親子共々寝れた気がしましたねwww

1ヶ月後・・・

清潔に保ちながらアトピスマイルクリームを塗っていたら、なんと一ヵ月程度で、あんなに酷く悩んでいた乳児湿疹が綺麗に治ったのです。

どんどん綺麗な肌に向かっていき、他の場所に新たに乳児湿疹が広がることもありませんでした。

その後、1歳くらいまで、予防のためにもアトピスマイルクリームを塗り続けましたが、乳児湿疹に悩むことはありませんでした。

アトピスマイルクリームのおかげで、肌バリアが強くなり、肌荒れしにくい肌ができたのでしょう。

今は時々肌荒れが目立つ日のみ使用しています。やはり効果は抜群です!!

使用を中止しても使い続けても大丈夫!

ステロイドのような薬品の場合、使用しているときは症状が治まるものの、使用を中断すると再発し、またステロイド治療という連鎖に巻き込まれることがあります。

また、この連鎖を続けていると、皮膚自体が厚くゴワゴワした状態になったり、後がシミのような跡が残ってしまう事もあります。

薬の効果が得られなくなってきて、より強いステロイドを使用しなければ症状を抑えることができなくなるケースもあるのです。

アトピスマイルクリームで乳児湿疹が起きなくなったときに、辞めたらまた再発するのではないかという不安を覚えました。「やめたら再発するのではないか」。

しかし、実際に使用を中断しても再発することはありませんでした。

ステロイドのような薬は、即効性があり一時的に症状を鎮めてくれるものの、根本的な部分の改善には役立たず、再発を繰り返してしまうのですね。

アトピスマイルクリームの場合、症状の改善に薬よりは時間が必要となるものの、肌自体を強くしてくれるので、使用を中断しても問題なく強い肌で外部刺激に負けることが無いのです。

また、久しぶりに使用しても効果は変わらず、肌に潤いをしっかりと与えてくれて、肌の状態を修復してくれました。

再発まで予防してくれるアトピスマイルクリームは、かなり優秀ですよね。

肌に負担をかけることなく、肌自体を強くしてくれるアトピスマイルと出会えたからこそ、今では2人目の子供が生まれ、乳児湿疹が起こる可能性があっても、心配せず安心して迎えられます。

赤ちゃんの頃にあんなに乳児湿疹があった子も、跡など残らず、近所の方から「肌が綺麗!すべすべでうらやましいな!」と褒められるほどです。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です