乳児湿疹の悪化!!お肌がジュクジュクしてきた時の対処法

ドーベルマンに寝る赤ちゃん
スポンサーリンク

すべすべ肌で生まれてきた赤ちゃんを家に連れて帰り、ママの子育てが始まります。

1・2か月すると赤ちゃんの顔に変化が見られ、赤く湿疹が出てくることがあります。これを乳児湿疹と呼びます。

中でも、その湿疹が酷くなりジュクジュクに膿んでしまうケースがあります。

その乳児脂漏性湿疹と呼ばれる症状について、原因と対策を知りこれからの子育てに役立てていただきたいと思います。

乳児脂漏性湿疹を正しく理解しよう

乳児湿疹は、首から上にできる湿疹のことを言います。

それが酷くなったまま完治せず、乾燥した黄色いかさぶたのようなものが出てきて、赤くなりジュクジュクとした感じになり始めます。

乳児脂漏性湿疹の原因は、皮脂が関係しています。

大人に比べて代謝のいい赤ちゃんは、皮脂の上に分泌される皮脂量がとても多いのです。

そして、お腹にいた赤ちゃんはママの女性ホルモンの影響が残っているため3か月頃までが最も分泌量が多いと言われています。

その大量の皮脂や汗が毛穴に詰まり、乳児脂漏性湿疹になるのです。

乳児脂漏性湿疹の症状とは

 赤くなった後、ニキビのようにポツポツができます。

それが徐々に黄色いジュクジュクした湿ったかさぶたのようになり、見た目にもすぐにわかるようになっていきます。

このジュクジュクが乾燥すると、フケのようなカサカサしたものができるようになるのです。

こうなるとお風呂に入れるのも可哀想に思えてしまうし、お散歩に連れて回りの目を気にしてしまうことも嫌になります。

乳児湿疹はどの赤ちゃんにもおこりうることですが、やはりママにとってはストレスに感じてしまうはずです。

私も、ちょうど友達などがお祝いにきてくれる時期に子供の湿疹が酷くなり、写真を撮るのが嫌だった記憶があります。

とても可愛いはずの赤ちゃんの肌がガサガサでジュクジュクなのを見て、何度も悲しくなりました。

まずは自分でできる予防方法からご紹介します。

乳児脂漏性湿疹の予防方法

泣き叫ぶ赤ちゃん

 まずは肌を清潔に保つことです。

キレイにすることを心がけ、保湿を行います。

赤ちゃんの代謝がいいのは、肌の表面の乾燥を防ぐための大事な機能だということを理解しておかなければなりません。

なので皮脂の分泌を抑えるのではなく、清潔に保つ。

そして、赤ちゃんが触れるものも清潔にしましょう。

肌着や服はもちろん、シーツなどの寝具、タオル、赤ちゃんが汗をかいたなと思ったらこまめに肌着を変えてあげることも、とても大事です。

簡単に、お湯で濡らしたガーゼで拭いてあげるだけでも全然ちがいます。

酷くなる一方なら病院へ!重い合併症になってからでは遅いです。

それでもよくならない場合は是非病院へ行ってください。

だいたいの場合乳児湿疹は生後3.4か月で治っていきます。

スポンサーリンク

ですが、乳児脂漏性湿疹の場合ジュクジュクした箇所からバイ菌が入ってしまうことがあります。

長引く場合は病院へ行って相談することが大事です。

塗り薬は、保湿剤の他にステロイドがでることが多いです。

ステロイドを敬遠する方は多いと思いますが、継続してダラダラと使い続けることが悪いのであって、赤ちゃんにでる薬は強くないので副作用もほぼ出ないと言われています。

実際私の子供は3人ともステロイドを使用したことがありますが、なんの問題もなく成長しました。

大丈夫、心配しすぎないで

 必ず治ります。

心配しているママからはそのストレスが赤ちゃんに伝わってしまいます。

時間をかけてケアを継続し、病院から出た薬を使っていけば、必ず綺麗になります。

私も3人の子供を育て、今も育児中ですが、上の2人は顔に湿疹があったことなど一切わからないほど綺麗になっています。

下の子は現在治療中です。

まずは自分でできる予防方法を実践し、それでもなかなか治らないやっかいな湿疹の時は専門の医師に頼ればいいのです。

まとめ

赤ちゃんを抱きかかえるママ

 乳児湿疹にはたくさんの種類があることを知っておくと良いでしょう。

1・2か月頃からできて赤くただれたようになるものは自宅のケアで治ることがほとんどですが、それが酷くなり自分ではどうにもならないと乳児脂漏性湿疹と呼ばれるものになり、病院の治療が必要になります。

そして、それが長く続く場合は、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎を疑います。

どの湿疹も、まずは上記のように自宅のスキンケアはとても大事ですし、病院に行って処方された薬を使うことでほとんど良くなります。

ただ、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎は他にも治療が継続して必要になりますので、そうなったらかかりつけの病院を見つけられると安心できるはずです。

赤ちゃんのスキンケア、赤ちゃんが触れるものを清潔に保つ。

そして、赤ちゃんの口に入る母乳を美味しいものにするためにはママの食事にも気を付けたいですね。

お天気の良い日には是非赤ちゃんを連れて日光浴してください。

日光浴は殺菌効果があるので赤ちゃんにとってもママのストレス解消にもとても良い効果があるはずです。

ただし、日光の紫外線は肌にもダメージを与えてしまうのでUVクリームだけは忘れずにつけるようにしましょう!

100%天然由来で安心して使える!アロベビー UV&アウトドアミスト

UVクリームは、強力なものほど肌に悪影響の大きい成分がたくさん配合されていたりしますが、こちらですと天然由来の肌にやさしい成分だけでしっかりと紫外線から身を守ってくれます。

肌が弱いママは、ママ自身も使うと良いかも?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です