乳児湿疹の体はいづれ治るよね??で放っておいたら大変でした!!

すやすや眠る最愛の赤ちゃん
スポンサーリンク

乳児湿疹については、我が子を出産した産科で教えられていました。

生後間も無い赤ちゃんは、ホルモンの影響でお肌にプツプツと赤い湿疹が出ることがよくあり、それは乳児湿疹だという事です。

また、清潔を保ち保湿していれば、2、3ヶ月もすると自然と治ると言われました。

我が子も生後3ヶ月頃に、乳児湿疹が出始めました。

最初は頬にプツプツと出ているのを発見したくらいで、「すぐ治るやつだ」と思っていたのです。

しかし、清潔にして保湿しているのになかなかよくならないのです。

むしろ日に日に悪化し、乳児湿疹のプツプツは顔全体に広がり、体にも湿疹が見られるようになりました。

ある日、友達が娘に会いに遊びに来てくれたのですが、一緒に連れてきた同じ月齢くらいの子の肌はツルツルでした。

本当にキメが細かくてスベスベでもちもちのお肌を見て、私は衝撃を受けました。

本来我が子もこのくらいツルツルなはずだと思い、急に焦り出しました。

我が子の肌は、全体的に赤く腫れ上がってブツブツと湿疹が全身に。

おまけに乾燥してガサガサでした。

でも、私はずっと娘と家にいて付きっきりの毎日で、他の赤ちゃんと会う機会が無く、

他の赤ちゃんと比較したことが無かったので、娘の肌の状態が「普通」だと思い込んでいたのですね・・・。

それがきっかけで、「これはやばいのじゃないの?」とすぐ皮膚科での診断を受け、「乳児脂漏性湿疹」が悪化し、肌の層が破壊しているという最悪な状態になっていたことが判明しました。

先生に指摘されて気付いたのですが、頭の皮膚にも同じような症状がみられ、大きなかさぶたがいくつも出来ていました。

本当に頭の先から足の先まで全身に湿疹が出ていて、思い返せばなぜ早く病院に行こうと思わなかったのか・・・。子どもに申し訳なくて、泣きながら謝りました。

乳児湿疹は時間がたてば完治するという情報は多いです。しかし、もう一度自分の子どもの体をよく見てください。まさしく赤ちゃん!という感じのツルツルお肌でしょうか。

乳児湿疹が治らない、ほかの子と違うなと感じたときは、情報に流されずにすぐ病院へ行きましょう!症状に合う正しい対処が必要です。

乳児湿疹の種類を症状別にまとめてみました。ぜひ一度調べてみてくださいね。

image002

新生児ニキビ

症状

生後1週間から1か月の間によく見られ、見た感じは大人のニキビと同じような赤い湿疹がほっぺやおでこに出ます。

悪化すると、膿んだり白っぽくなったりすることもあります。

更に顔全体に広がり炎症の影響で、真っ赤になることもあるのです。

新生児ニキビも乳児湿疹とまとめて呼ばれることが多い傾向があります。

原因

新生児ニキビの原因は主に2つあります。

  • ホルモンの影響

赤ちゃんは母親の体から女性ホルモンをもらい、生まれてきます。

女性ホルモンの影響で皮脂の分泌量が過剰になってしまい、行き場をなくした皮脂は毛穴に詰まり、新生児ニキビという形で肌に現れてしまいます。

  • 環境

新生児の頃は、寝返りを打つことができませんよね。

従って肌は布団にずっと触れている状態となります。

布団が汚れていると、汚れが肌への刺激となり、新生児ニキビができます。

ケア方法

  • 皮脂を洗い落とす

過剰に分泌している皮脂が肌に停滞したままの状態が続くと、新生児ニキビは更に悪化してしまいます。

お風呂に入った時に赤ちゃん用せっけんなどを活用し、擦らず優しくしっかりと洗い落としましょう。

また、夏場は汗をかきやすくなるので、1日1回のお風呂で洗い流そうとせず、汗をかいているようなときは、濡らしたガーゼなどで拭いてあげましょう。

  • かさぶたを剥がすのはNG

新生児ニキビは治ってくるとかさぶたになることがあります。しかしこのかさぶたは剥がさずに、自然に剥がれるのを待ちましょう。無理に剥がしてしまうと、細菌感染などの恐れがあるので危険です。

  • 布類は清潔に

赤ちゃんの肌に直接触れる布団や服、ガーゼなどはこまめに洗濯し、清潔な状態で使用するようにしましょう。

保湿は必要?

保湿することは大切です。

皮脂を洗い流しても保湿せず乾燥した状態になってしまうと、肌は乾燥を防ごうと皮脂を過剰に分泌し、悪循環が生まれます。

また、保湿することで肌は水分で潤い、その潤いは肌のバリア機能となり、肌を外部刺激から守ってくれます。

新生児ニキビができにくい肌になるのです。

受診のタイミング

基本的に自宅ケアで治れば、受診の必要はありません。

しかし、どんどん悪化するような場合や、なかなか治らないというときは迷わず受診しましょう。

注意点

大人のニキビ用の市販薬が販売されていますが、赤ちゃんに塗るのはいけません。

皮膚科や小児科で受診された薬を塗布しましょう。

乳児脂漏性湿疹

image003

症状

乳児脂漏性湿疹の症状は、おでこや眉毛、頭などに黄色いかさぶたのような湿疹が出ます。

原因

赤ちゃんは新陳代謝が盛んなため、皮脂の分泌量が多くなる傾向があります。

また母親からの女性ホルモンの影響でも分泌量は増えます。

分泌された皮脂と頭部の汚れが混ざり、固まってしまい乳児脂漏性湿疹となってしまいます。

ケア方法

皮脂が固まらないようにすることが大切です。

毎日入浴時に頭皮や顔をしっかりと洗いましょう。

また、無理にではなく優しく取れるようであれば、かさぶたを剥がしてください。

シーツ類は汚れやすくなってしまうため、毎日取り換えること事をおすすめします。

スポンサーリンク

オイルなどで保湿しながらかさぶたを剥がすのも良いです。

受診のタイミング

乳児脂漏性皮膚炎は治療しないと悪化しやすいものです。

細菌感染が起こってしまうと、赤くなってしまうこともあります。

かさぶたの湿疹が厚く、広がるようであれば、早めに受診しましょう。

ステロイド入りの外用薬を処方されることが多いでしょう。

あせも

症状

症状としては赤い湿疹が見られます。

痒みを感じるケースが多いのですが、新生児の場合はかゆみを感じ透明から白っぽい湿疹が出ます。

首・おでこ・背中・手足のくびれ・脇・お尻などに良くできやすい傾向があります。

原因

原因は、大人よりも小さいから体の赤ちゃんですが、汗をかく量は大人の2倍から3倍も甥のです。

その大量の汗が汗腺に詰まってしまい、不衛生な状態となりあせもとなります。

ケア方法

赤ちゃんにはたくさん服を着せなければと思ってしまいがちですが、大人よりも一枚少ないか同じくらいの服装で良いのです。

また、夏場は扇風機屋クーラーなどを活用し,あまり汗をかかない環境を作ってあげましょう。

皮膚の清潔を保つ事も大切です。

汗をかいたらこまめに着替えさせ、汗をふきとり清潔に保てるようにしましょう。

拭くときは、擦るのではなく、ポンポンと優しく叩くような感じで拭き取ってあげると良いです。

洗い流した際は、保湿も忘れず行いましょう。

汗をかくからといって保湿しないほうが良いのではないかと思いますが、保湿していない肌は、肌のバリア機能が低下し、あせも以外の皮膚炎を引き起こしてしまう原因となります。

あまり油分が多すぎる保湿剤を使用すると、べたべたしてあせもに良くないので、油分が少なくべたつかないものを選びましょう。

赤ちゃんの肌トラブルに必要なこと・・・。

image004

乳児湿疹とまとめて称していても、様々な症状があるのです。

我が子の湿疹は何が原因なのかを知ることは、とても大切ですね。

また、我が子は受診した際にステロイド外用薬を処方されました。

ステロイドと聞くと、悪いイメージがありますが、赤ちゃんに商法されるステロイドはとても弱いステロイドが多いうえに、医師の指示通りの量を塗る分には問題ないと言えるでしょう。

ステロイドに依存してしまうと大変ですが、乳児湿疹をとりあえず治す分には必要な薬といえるでしょう。

しかし、ステロイドでは再発を防ぐことはできません。

再発を防ぐためには、肌を保湿し肌のバリア機能を高め、強い肌を手に入れる必要があります。

お気づきでしょうか・・・。

どんな乳児湿疹にも、再発を防ぐためにも、「保湿」が共通して大切なケアとなるのです。

赤ちゃんの肌トラブルから抜け出すためのキーポイントは保湿だったのです。

保湿するために・・・

私は、このまま皮膚科で処方された薬を塗り続けていても、再発を繰り返すだけで意味が無いと思い、いったん症状が薬により治まったら、保湿に徹しようと思いました。

しかし、乳児湿疹により弱っている肌に、ましてやこんなに小さい我が子に使える低刺激で効果的な保湿クリームを探すのはてこずりました。

ステロイドが配合されていない、香料や着色料が使用されていない、肌に刺激となるものが一切配合されていないものを薬局に行って探すのはとても大変でした。

また、すべての条件に当てはまる保湿クリームもなく、どうしようと思い、同じ状況で悩んでいるママはどんな保湿クリームを使用しているのか、調べてみることにしました。

そこで見つけたのが、赤ちゃんから使用できる敏感肌用の保湿クリーム、【アトピスマイル クリーム】 というものでした。

主成分は、なんとお米から抽出されるライスパワーというもので、本当に低刺激だなと思いました。

また、そのほかの成分についても見てみたのですが、肌への悪い刺激を与えるものは配合されておらず、安心して使用できそうだと感じました。

また、市販のクリームとの違いが購入することを決めたポイントでした。

肌の深層まで潤いを与え、その潤いを保持できる肌を作り上げてくれるという事で、再発は防げるだろうと思ったのです。

乳児湿疹の再発防止

乳児湿疹の症状が落ち着いてきたら、ステロイド外用薬の塗布を中断し、アトピスマイルクリームで保湿することにしました。

ステロイド外用薬の使用を中断すると、翌日にはプツプツと新たな湿疹が見られていたのですが、アトピスマイルクリームを塗った翌日は、ほぼ目立つ湿疹は増えていませんでした。

その後も、塗り続けたのですが、乳児湿疹の再発は見られなくなったのです。

そして徐々に肌のさわり後子Tが、赤ちゃんならではのつるつるした触り心地に変化していっていました。

アトピスマイルクリームのおかげで、乳児湿疹の再発を防ぐことができたのです。

それ以降ステロイドを使用することもなくなりました。

まとめ

  1. 乳児湿疹は放っておくと悪化する
  2. 乳児湿疹には種類があり、症状も様々
  3. どの乳児湿疹にも、再発防止にも保湿が必要
  4. 保湿に有効なアトピスマイルクリームで再発を防げる

今では、友人の子供の肌と同じように、赤ちゃんならではのツルッとしたさわり心地の肌になり、暇さえあれば触ってしまうほどです。www

我が子の肌がツルッと綺麗な状態だと、すがすがしい気持ちで毎日を過ごすことができます。

これから、友人の子供が生まれ乳児湿疹に困っていたら、アトピスマイルクリームを教えてあげたいと思うほど、とても効果的な保湿クリームでした。

冬の乾燥しやすい時期でも、我が子の肌は潤っています。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です