乳児湿疹のかゆみに対する対処方法

乳児湿疹とかゆみ1
スポンサーリンク

乳児湿疹は、多くの赤ちゃんになるものです。

新生児期~乳児期にかけて現れる湿疹をまとめて乳児湿疹といいます。

主に、新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹、乾燥性湿疹があげられます。

頭や顔だけではなく、体中に出るんです。

白く水っぽい湿疹だったり、赤くプツプツした湿疹だったりします。

一部だけや全体に広がってくるものもあるので、なんの湿疹かを見分けるのは素人には難しすぎます。

私の子どもも、いろんな湿疹で悩んだ時期もありました。

かゆくて顔を引っ掻いたりするのでミトンをつけたりといろいろ工夫したりと一時期大変でしたね。

今回は、乳児湿疹のかゆみに対する対処方法をご紹介します。

主な、乳児湿疹の特徴

新生児期に多い湿疹は、新生児ニキビと乳児脂漏性湿疹です。

赤ちゃんは、ママの体内のホルモンに影響されているので、皮脂の分泌が盛んなんです。新陳代謝も活発ですが、毛穴が小さいため、皮脂が詰まりやすく、新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹ができることがあります。

生後3か月を過ぎてくると、皮脂の分泌が落ち着いてくるので逆に肌が乾燥してしますので、乾燥性湿疹となってしまうんです。

ただ、赤ちゃんは、汗腺の数が多いため大人の2~3倍の量の汗をかきます。汗がたまりやすく不衛生な状態になりやすいため、あせもができやすいんです。

おむつかぶれも、赤ちゃんはなりやすいです。

おしっこやうんちが刺激となり、ポツポツとしたあせものような湿疹が出たり、お尻全体が赤くなったりします。ひどくなると、お腹や背中などおむつが当たってる部分全体が赤くただれることもあります。

乳児湿疹が出たときのケア方法は?

乳児湿疹は、いろいろ種類がありますが、ケアの方法はほとんど一緒です。

お風呂で、石鹸をよく泡立てます。

泡立てた石鹸で、肌をやさしく洗うようにしてください。

ゴシゴシこすることは皮膚にダメージを与えることになりますよ。

洗った後は、しっかりと石鹸を洗い流してください。

お風呂の温度は、38~39℃のぬるめの温度で!

少しでも石鹸が残っていると、それが刺激となり、肌トラブルになる原因となります。

お風呂から上がった後は、ガーゼなどの刺激の少ない素材のタオルで水気をしっかりと拭いてください。

この時もゴシゴシは禁止です!!

拭き終わったら、すぐに保湿クリームやベビーローションを塗ってあげてください。

もし、病院からのお薬をもらっている場合は、湿疹が出ているところ以外に保湿クリームを塗るようにしましょう。

汗がいっぱい出ているようなら、こまめに着替えたりするのも大切ですね。

乳児湿疹とかゆみ2
スポンサーリンク

かゆみがあるときの対処方法

あせもや乾燥、おむつかぶれなどによる湿疹にはかゆみが出てくる場合もあります。

かゆみが強い場合は、赤ちゃんが無意識に引っ掻いてしまい、傷を作ってしまうこともあるんです。

その傷からばい菌が入り悪化することもあるので注意が必要です。

湿疹にかゆみがある場合は、早めに病院を受診し薬を処方してもらいましょう。

薬を使うことで、かゆみが治まり赤ちゃんの苦しさを取り除くことができます。

自宅でできることは、爪を切ること!爪が伸びていては、簡単にひっかき傷ができてしまいます。

冷たいタオルやアイスノンを当ててあげるのもいいですね。

ただし、アイスノンノの当てすぎには注意!!

服の素材でかゆみが強くなる場合もありますので、低刺激のものがいいですね。

例えば、綿素材や絹などの素材100%で作られているものがお勧めです。

乳児湿疹とかゆみ3

環境調整も大事!!

かゆみが強くならないためには、環境調整も大切なことなんです。

室内の乾燥はお肌にとっても良くないことです。

保湿クリームを塗ることもたいせつですが、室内の温度・湿度も重要なんです。

適切な室温・湿度があります。

室温は、夏は26~28℃・冬は20~23℃。

湿度は、季節に問わず、40~60%に調整するのがいいです。

夏場にエアコンや扇風機を使う時は、赤ちゃんに直接風が当たらないようにしてください。除湿器を一緒に使うのがベストです。

冬場は、窓を開けての換気をしない家庭が多いと思いますが、冬場でも換気は必要です。

なぜなら、換気をしないとハウスダストが外に出ていってくれないので肌荒れの原因となります。室内が乾燥しているとハウスダストは舞い上がりやすいんです。

かゆみを強くしないために、室温・湿度にも目を向けるようにしましょう!!

まとめ

  1. 乳児湿疹には特徴がある。
  2. 乳児湿疹が出たときのケア方法の基本
  3. かゆみがあるときの対処方法
  4. 環境調整の必要性

乳児湿疹によりかゆみが出た場合は、早めに病院に行き、薬をもらったほうが安心です。

かゆみによって赤ちゃんの機嫌が悪いと、ママもパパも困っちゃいますよね。

楽しく、赤ちゃんとコミュニケーションを取るためにも、不機嫌になる原因を取り除けば、赤ちゃんも笑顔になります。楽しくお出かけすることもできますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です