乳児湿疹にお悩みのママ必見!!首後ろの湿疹をケアする3つの鉄則

赤ちゃんと犬が遊んでる
スポンサーリンク

10か月間お腹の中で大事に育て、待ち望んだ赤ちゃんが誕生し

小さな可愛い赤ちゃんの育児に一生懸命な時

乳児湿疹に悩むママはたくさんいるのではないでしょうか。

私にとって乳児湿疹は、育児でたくさん出てくる悩みの中でも本当に苦労したことの一つです。

 

私は、これまでに3人の子育てをしてきました。

そして、3人とも乳児湿疹に悩まされました。

何度も病院に行き、いろいろな先生に助言いただきましたので

私が実践してきたことや体験談をともに

今回は首の周りにできる湿疹の対処方法をご紹介します。

少しでも子育て中のママたちのお役に立てればうれしいです・・・

 

 

まずは石鹸できちんと洗う!

 

生後2か月ごろから

頬や首の後ろ、酷い時は頭皮などに湿疹ができ始めます。

赤くなりガサガサなので、痛そうで可哀想で

お湯で拭いたり流したりするだけで終わらせてしまう

ママが多いと思います。

産婦人科でもらった試供品のあかちゃん乳液や

ガサガサ肌用の入浴剤を使ってみたり、

とにかくまず保湿!

と思われるママは多いのではないでしょうか?

私も最初はそうでした。

ですが、どの病院の先生からも

まずはきちんと石鹸で洗い流すように言われました。

まずは汚れをきちんと落とし、そこからの保湿が必要なんですね。

 乳児湿疹とはなにか・・・

泣いている赤ちゃん

 そもそも乳児湿疹とはなんなのか

大人と比べるととっても赤ちゃんの肌は弱いのです

バリアの機能も弱いため

たくさんのトラブルが起こりやすい状態です。

乳児湿疹といってもたくさんの種類があります

多くの場合1~2歳で治まることが多いようですが、私の子供たち良くなるまでにもっとかかりました。

どんなタイプの湿疹なのかはやはり病院での判断になりますが

病院にかかる前や、治療中、治療後も続けてスキンケアを続けることは

とても大事なことです。

どうしてもできてしまう首周りの湿疹

 産まれた時期にもよりますが、顔以外にできやすい場所が首の後ろや周りです。

どうしてか…

わかりきったことですが、これは首の皮膚が密着しているからです。

スポンサーリンク

赤ちゃんは暑いからといって首に風を通したりできませんよね。

なので、汚れや汗がたまりやすくどんなにケアをしても湿疹ができてしまうことが多いのです。

そこで、自分でスキンケアをしても間に合わない状態になってしまったら病院にかかることをおすすめします。

そして、塗り方や量も今はきちんと説明してもらえるのでそれに

従って塗っていくことが大事です。

放って酷くなり治療にも時間がかかってしまいます。

指示を守って薬を塗る

 

 テロイドを塗ることをためらうママは多いのではないでしょうか

私も最初の子育ての時抵抗がありました。

ですが、やはりひどくなる前にきちんとした方法で薬を使うことは今は必要なことだと思っています。

だらだらと塗り続けるのではなく、きちんと治してあげることが、ママにも赤ちゃんにもストレスが少なくなるからです。

どんな薬も、肌の状態を綺麗にしてから塗っていきます。

先生の判断によりますが、私の娘の場合は

湿疹が酷い場合は朝と夜毎日

そして引いてきたら夜寝る前に毎日

もっとキレイになってきたら3日おきに・・・

そうやって、赤みが引いたからなどの自己判断ですぐにやめずにきっちりと治していくことがとても大事です。

 

自分の子供の肌を知る!

3人の赤ちゃんが寄り添い眠る

 

どんなに頑張ってスキンケアをしても、どうにもならない時があります。

私は何度も病院にかかりました。

そしてわかったのは、子供はそれぞれ肌の状態が違うということです。

ただの湿疹なのか、アレルギー性の湿疹なのか、生まれてすぐに判断することは医者でも難しいと言われたことがあります。

血液検査をすればわかることもありますが、食物アレルギーなどは年をとるごとに変わっていくこともあるのです。

一番良いのは、かかりつけの皮膚科を見つけられることですね。

私は3人とも同じ病院にかかっているので安心して任せられます。

まとめ

 スキンケアは石鹸できちんと!

  1. スキンケアは石鹸できちんと!
  2. 医師や薬剤師の指示に従い完治するまで薬を使う!
  3. 自分の子供がどのような肌質なのかを知る!

 

赤ちゃんの顔や首を洗うのは怖いですよね

小さくて傷つけてしまわないかと心配になります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です