乳児湿疹で眠れないママ必見!!保湿剤の使い方マニュアル

乳児湿疹と保湿1
スポンサーリンク

夏の終わり~♪ですね。食べ物がおいしい秋冬はとても大好きだけど、乾燥の季節でもありますね。

私はこの時期になると、息子の乳児湿疹を思い出します。

乳児湿疹っていうのは新生児期から乳児期にみられる湿疹のことです。

うちの息子は1か月検診の時にほっぺにできた小さなポツポツの湿疹だったものが、生後2か月の頃には顔中湿疹だらけになり、掻きまくってあっという間に血だらけになりました。

乾燥すると余計に痒くなるみたいで、病院で保湿剤を塗るように指導されました。

保湿剤の種類や塗り方も病院によって違う指導をされました。

うちの息子は痒みで眠ることができず、私も毎日寝不足でした。

今まさに、お子さんの乳児湿疹で眠れない日々を過ごしているお母さん!!私の体験談を少し紹介します!

乳児湿疹に効く保湿剤の種類

保湿剤には色んな種類があります。

そもそも種類がありすぎてどれを使ったらいいの?って感じですよね‼我が家では病院で処方された保湿剤を使っていましたが、市販の保湿剤も一部紹介していきます!

病院で処方された保湿剤

  • 白色ワセリン少しベタっとした触り心地がします。
  • 皮膚の上にバリアを形成して肌を保護したり、水分の蒸発を防いでくれる。
  • ヒルドイドローションさらっとした触り心地です。
  • 皮膚の乾燥を防いでくれる。

市販されている保湿剤

馬油

少し独特な匂いがします。購入する時に一度匂いを確認した方がいいかも!

ベビーローション

色んなメーカーから発売されているので注目すべきは何を使っているか、もちろん無添加のものがおすすめですが、価格も色々なんで、我が家ではリーズナブルなジョンソンベビーのベビーローションを使っていました。

さらっとした触り心地です。

ベビーオイル

ローションと比べるとオイルなので少しベタッとした触り心地です。でも伸びがよくて塗りやすいです。

こちらも色んなメーカーから発売されているのでどんなものが使われているかを比較してみてください。具体的におすすめできない成分というのは、界面活性剤や鉱物油、合成香料や着色料等です。

この3つは薬局やベビー用品売り場で購入することができます。あ、今はネットでも簡単に手に入りますね‼

我が家では病院で処方された保湿剤を使っていましたが、お子さんに合う保湿剤を見つけてあげるといいと思います♪もちろん、ここで紹介したもの以外にも保湿剤は沢山あります。

病院はもちろん、薬局等で薬剤師さんにおすすめを聞いてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

ちなみにこれらの保湿剤は大人にも効果的で、私も息子と一緒に使用していました。(もちろん医師におすすめされたからです‼)お子さんに合う保湿剤がみつかるといいですね♪

保湿剤の塗り方

乳児湿疹と保湿2

初めて通った病院で教わった保湿剤の塗り方はとても衝撃的でした!!

「まずはじめにかさぶたをすべて剥ぎ、その上にたっぷり保湿剤を塗り込んでください」というものでした。

皆さんは、大きなかさぶたを自分で剥いだことがありますか?大人でも結構痛いものです。それを赤ちゃんにやると、それはそれは大泣きで、毎回私も心が痛く、泣きながらかさぶたを剥いでいました。

保湿剤の量もべたべたになるくらいたっぷり塗るように言われていました。べたべたに塗った保湿剤が洋服や布団につくとしみになり取れなくなるんですよね…

その後引っ越しを理由に病院を変えたんですが、次に行った病院では、全く違う方法を指導されました。

「かさぶたを剥がして膿が出てきてしまうと体内のたんぱく質が出て行ってしまうからよくない。」

ということで、かさぶたの上からしっかり保湿剤を塗るように指導されました。

今までの指導はなんだったんだと疑問と怒りが沸いてきましたが、医師によって考え方やアプローチの仕方は違うようです。

大切なことは、まめに塗ってあげるということ‼

乳児湿疹は、汗や汚れでも痒くなってしまうんで、お風呂あがりはもちろん、痒がっている時は濡れタオルやガーゼで拭いてあげて保湿剤を塗ってあげることをおすすめします。

実際に保湿剤を塗っているところが見られるので、こちらの動画を参考にしてみてください。

 

まとめ

  1. お子さんに合った保湿剤選びが大切。無添加、低刺激のものがおすすめ。
  2. 乳児湿疹は清潔にして保湿することがとても大切‼汗や汚れでも痒くなるので、こまめに拭いてあげて、しっかり塗ってあげることが大切です。

お子さんの肌に合う保湿剤が見つかって少しでもゆっくり眠ってくれますように‼

しっかり保湿をしていてもなかなか治らなかったり、お子さんに合う保湿剤が見つからない場合は、一度病院や薬剤師さんに相談してくださいね!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です