乳児湿疹で初めての病院は小児科で良いの?それとも皮膚科?

赤ちゃん病院ごっご
スポンサーリンク

 

妊娠中から出産まで、周りのいろんなサポートがありますよね。

出産を終えてからも、いろんなことを助産師さんたちが教えてくれます。

初めての育児ならなおさら、普通に考えたら分かりそうなことも我が子のこととなると判断できなくなってしまうものです。

それが我が子の体のことなら更に分からなくなりますよね。

突発性発疹の高熱で救急車を呼んだことがある私です。笑

今考えると笑い話だけれど、その時は必死!! 我が子が死ぬんじゃないかとか色々考えちゃいますよね。

乳児湿疹も同じです。

 

 

こんなに湿疹がひどい赤ちゃんは他にいないんじゃないか?? と思うママも多いのでは??

そんな時、いつ病院に行くのか。どこの病院に行くのか。

悩むところ…

そんな初めての病院について色々と紹介しますね♪

最初の病院

乳児湿疹は赤いプツプツが出来始め、気づいた時には顔中に広がっていたりします。

私の2番目の子は、そんな赤いプツプツも綺麗に洗って保湿をしてあげていたら自然と治っていきました。赤ちゃんはみんな経験する乳児湿疹ですが、赤ちゃんによって症状は色々。

これ病院に行った方がいいのかな??と迷うと思います。

そして、「これぐらいで病院来なくても大丈夫!って言われないかな」と不安になったり。

そんな時は悩んでないで、行っちゃいましょう!!

中には、赤ちゃんの予防接種と重なる時もあると思うので、予防接種を受ける病院で相談するのも良いですよね。

私は最初、行くなら評判の良い小児科へ!と意気込んで、色々調べて口コミでも評判の小児科に行きました。でもそこは家から少し遠い所。

通っていくうちに、後悔して結局病院を変えることになりました。

そう、乳児湿疹以外でも赤ちゃんが熱が出た時にも通う小児科。

やっぱり家から近い病院が一番なのです!!

赤ちゃんの時だけじゃなく、もう抱っこも出来ない大きくなった子どもを連れて行くようになります。

そうなると、子どもが熱でフラフラになっている時に病院が遠いと大変なんです。

自分の家の近くにどんな病院があるのか、色々調べておくと役に立ちますよ♪

小児科と皮膚科

さて、問題なのは「小児科」に行くのか「皮膚科」に行くのかということ。

私もどちらも行きましたが、住んでいる場所によっては「皮膚科」が近くに無いというママもいるのでは??

そんな時は「小児科」で大丈夫です。

小児科は赤ちゃんから子どもの事までなんでも知ってる専門の先生ですから。もちろん「乳児湿疹」についても詳しく知っているはずです。

そして、皮膚科はあるけど少し遠いという場合。

赤ちゃんの乳児湿疹の症状によっては、「3日後にまた診せてください」と言われることもあるかも。

そんな時に、ママのストレスにならずに通えるかどうか。

それが一番のポイント。

寒い冬にも、暑い夏にも、雨の日も。

赤ちゃんの荷物が入った重たいバッグを持って、赤ちゃんを抱っこして通いやすいか。

病院を決める前にそれを考えてから行くと良いですよ。

スポンサーリンク

長引く乳児湿疹

診察をうける赤ちゃん

体中に湿疹が広がってきたり、あまりにもただれていたり。

そうなってくるとステロイドを塗らないと治らなくなってきます。ちゃんと小児科に行ってステロイドももらって塗っているのに…

乳児湿疹がひどい時やなかなか治らない時は、

皮膚科に行くことをオススメします。

ステロイドには、強いのから弱いものまで沢山の種類があります。

赤ちゃんなので、弱いステロイドを処方されるんですが、その弱いステロイドの中にも数種類あるんですよ。ややこしいですよね。

なので、もしかしたら小児科でもらったステロイドが合わないこともあるかも。

皮膚科はそういう意味では皮膚のことを知り尽くしているので、色々と相談した上で赤ちゃんにピッタリな薬を見つけてもらえると思いますよ。

私も最初は小児科へ行っていましたが、なかなか良くならないので皮膚科にも行きました。

その皮膚科で「乳児アトピー」と診断されてガックリ。

でもそれに合う薬を処方してもらったので、そのあとは湿疹も治っていきました。

赤ちゃんの様子に合わせて小児科から皮膚科へ受診し直す勇気も大事。

私の友達も乳児湿疹は皮膚科がいい!! と断言している人も多いですよ。

皮膚科のメリット

赤ちゃんの先のことを考えて小児科に行くということも大事なのですが、皮膚科には大事なメリットがあるんです。

そう、インフルエンザやいろんな感染症が流行っていたりすると小児科はすごく混雑します。

赤ちゃんの免疫力の強い時期を過ぎてしまうと、他の患者さんの病気がうつってしまうこともあるかも。

皮膚科の場合、そういう心配をしなくて良いんですよね。

混雑してる皮膚科もあるとは思いますが、安心して待っていられます。その分、混雑した小児科で待っている時は気持ち的にヒヤヒヤしてしまうものです。

そういう意味でも、小さな赤ちゃんだからこそ皮膚科に安心して通えますね。

赤ちゃんが早く不快な乳児湿疹から解放されるように、ママとしては色々頑張りたいところ。

そこで必ず必要となってくる病院選び。

 

まとめ

ママに抱かれる赤ちゃん
  1. 迷ったら病院へ!
  2. ママが通いやすい病院が一番!
  3. ひどい時は皮膚科へ!
  4. 皮膚科は病気に感染することがないから安心

大事な赤ちゃんのこととはいえ、ママがストレス感じない場所が一番です。

この先生苦手、この病院遠すぎる、通ってるのに治らない…なんてストレスになっていませんか??

ただでさえ可愛い我が子の乳児湿疹で日頃からストレスが溜まりがちなんですから、病院はママの安心できる場所を選びましょうね。

病院に行って、先生に色々相談したりするだけで心が軽くなりますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です