乳児湿疹が頭に!!髪の毛あるのにどうやってケアするの??

乳児の頭
スポンサーリンク

大人になっても髪の毛が薄い濃いなど色々な人がいますよね。

生まれた時から運命は決まってるの??というぐらい、生まれたての赤ちゃんも同じ。

髪の毛がふさふさで生まれてくる子も、ツルッとして生まれてくる子も。

私の赤ちゃんは、濃くもなく薄くもない髪の毛で生まれてきました。

生まれた時はバランスよく生えていた髪の毛も、ある時を境にどんどん抜けてしまうことに…

なんだか生まれた時にあったものが無くなっていくのって切ないんですよね。

少しずつ思い出が消えていくような、そんな感じ。

そう、乳児湿疹によって我が子の髪の毛は、おでこの生え際から頭のてっぺんにかけて抜けていきました。

乳児湿疹は頭にできることも多いからこそ、悩んでいるママ達も多いのではないでしょうか。

顔や体などとは違い、髪の毛が生えてるからこそ難しいケアの仕方。

私がやってみて良かった方法など、色々紹介したいと思います♪

 

 

乳児湿疹とは別の脱皮?!

出産してすぐに誰もが経験したことだと思います。

赤ちゃんの脱皮。生まれたてはシワシワで、少し落ち着いてくるとツルツルのお肌に嬉しくなりますよね。それなのに生まれて数日もすると、顔や背中、頭など薄い皮がポロポロと剥がれていきます。

私も2人目の時は慣れたものでしたが、1人目の赤ちゃんを産んだ後は「何かのアレルギー??」と驚いたものです。

どうやら専門用語で「新生児落屑(しんせいじらくせつ)」と言うそうです。

もし先に乳児湿疹の知識が頭に入っていたら、これを湿疹と思ってしまう人もいるかも…

でもこの脱皮のような「新生児落屑」は乳児湿疹ではありませんよ!!

お腹の中で赤ちゃんを守っていた皮膚が、外に出てしまえば必要なくなりポロポロと剥がれていくわけです。つまり無理に剥いだりしないように、そのままいつものように過ごしていれば良いのです♪

しばらくすると、脱皮も終わっていきますからね。

頭にできた乳児湿疹には

泡まみれ赤ちゃん

頭に出来る乳児湿疹は、すぐに分かると思います。

黄色いような色味のあるカサブタが出来ることも多いです。我が子は2人ともカサブタが出来ました。

カサブタの他には、乾燥してフケのようなものや、赤いプツプツの湿疹ができることも。

頭って髪の毛はあるし、寝る時にも布団についたりするのでなかなかケアって難しいですよね。

黄色いカサブタのようなものは、毛根の周りにびっしりと出来ることが多いのでこれがまた厄介なのです。

一番のポイントは、沐浴の時に落とす!ということ。

でも無理に取ろうとしても取れるものではありません。

そこであると便利なものが「ベビーオイル」。

ベビーオイル

とりあえず、なんでもいいのです。

ベビーオイルは使った後に流すので、なんでも大丈夫!!

私なんて、自分が使っていた使いかけの「ベビーオイル」を我が子に使いました。笑

沐浴をする少し前に、ベビーオイルを頭のカサブタにつけてなじませます。

そうすると少しカサブタが柔らかくなるので、沐浴の時に綺麗に洗ってあげると取れやすくなりますよ。

洗っていくと、カサブタと一緒に髪の毛も抜けてしまうと思いますが心配いりません。

安心して洗ってあげてくださいね。

そして、取れなかったカサブタは気にせずに「いつか落ちるんだ〜」と気楽に構えて大丈夫です‼︎

無理に取ろうとすると、出血したりするかもしれませんからやめましょうね。

この方法で、日に日にカサブタが落ち頭皮も綺麗になっていくと思います♪

スポンサーリンク

乾燥したフケのようなものも、たくさんの泡を使い指の腹の部分でクルクルと丁寧に洗ってあげましょうね。そうすることで、一度には綺麗になりませんが少しずつ治っていくと思います。

頭の保湿はどうする

笑顔のママと赤ちゃん

洗うのは綺麗にできても、困るのが頭の保湿。

やっぱり乳児湿疹に大切なのは「保湿」ですから、必ずやってあげたいですよね。

病院で塗り薬を処方された時も同じ。

赤ちゃんはやっぱり寝るのが仕事なので、布団にもついてベタベタしないか心配になります。

私は、おでこ近くの髪の生え際には薬も塗ってあげていました。この場所だと布団につくこともないですからね。保湿も同じ。病院でもらっていた保湿剤の「ワセリン」もおでこ付近の頭には塗っていました。

布団についてしまう後頭部にも、カサブタやフケのような乾燥した部分って多いですよね。

そんな時は、ベタベタしたものではなくサラッとしたローションで保湿をしてあげましょう!!ベタベタしたものだと、布団の繊維や汚れなんかも一緒についてしまいそうですもんね。

そして、布団の頭が当たる部分にガーゼ素材のタオルを敷いておくと良いんです。

そして、カサブタなど汚れが付いた時にはタオルだけを取り替える。

そうするといつでも清潔を保てます。ガーゼタオルは上手に使うとすごく楽ですよ!!

あとは授乳するときなど赤ちゃんの頭を支えることも出てきますよね。

私はその時もガーゼタオルを使っていました。

ママの腕と赤ちゃんの頭が当たる部分に、ガーゼタオルを挟みます。

そうすることで、保湿ローションを塗っていても安心して授乳する事が出来ますよ♪夏なんかだと、汗対策にもなります。授乳が終わると腕が汗びっしょりということもありますよね。

そんな時も清潔に授乳することができるのでオススメです!!

大泉門は大丈夫??

頭のケアをする中で心配な部分がありますよね。

そう、おでこの少し上にある「ペコペコ」した部分です。ちょっと手が触れると柔らかくてヒヤヒヤしてしまうこと、ありますよね。

そんな柔らかい部分がある赤ちゃんの頭を、綺麗に洗ったり保湿をしたり…

初めての赤ちゃんなら尚更心配になるかと思います。

でもね、安心して触って大丈夫です。もちろんぶつけたりするのはご法度!!ですが、骨はなくても筋肉の膜で覆われているので、すぐ下が脳なわけじゃないですからね。

最初は少しドキドキするかもしれませんが、勇気を出して綺麗に洗ってあげましょうね。

力を入れすぎるのは良くないですが、凹んでる分丁寧に洗ってあげましょう!!

動画を見ると、豪快に洗っても大丈夫だと分かりやすいですね。

頭もケアできる!!

大事な頭だからこそ、乳児湿疹ができた時のケアが心配になりますよね。

せっかくお腹の中で生えていた髪の毛が抜けてしまうのもショックだったり。

でも、髪の毛はそのうちまた生えてきます。

とりあえず、頭にできたカサブタや乾燥した湿疹を綺麗にしてあげましょうね。

まとめ

  1. 生まれてすぐの脱皮を湿疹と間違えないように!
  2. ベビーオイルでカサブタを柔らかくしてから、たくさんの泡で綺麗に洗ってあげる!
  3. サラッとしたローションで保湿をしてあげる
  4. 頭の触れる場所はガーゼタオルを敷いて、清潔を保てるように!
  5. 頭のペコペコした部分は、心配せずに優しく綺麗に洗ってあげる

乳児湿疹ができなくても、赤ちゃんの柔らかい髪の毛が布団についていることは良くあること。

だから抜け毛が増えても安心して、また丈夫な髪の毛が生えてくるんだ〜!!と気にしないでおきましょうね。

首がすわるまでは特に頭を持って支えることが多いですよね。触れることが多い場所だからこそ、丁寧にケアをしてあげたいです

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です