乳児湿疹が背中に広がった(泣)あなたがすべきたった4つのこと

赤ちゃんの背中ケア
スポンサーリンク

よく綺麗なツルツルお肌を「赤ちゃんみたいなお肌」って表現することよくありますよね。

毛穴なんて見えない、もちもちのお肌。

 

よく赤ちゃんが使うボディーソープなどでも「弱酸性」と聞きますが、最初は赤ちゃんよりも年齢重ねた大人の方が気を使うべきよね〜と楽観的に考えていた私。今考えればなんて簡単に考えていたんだって親として情けない限りです。。

 

だからいざ、我が子が乳児湿疹を経験するとそのお肌の敏感さに驚く毎日。「赤ちゃんみたいなお肌」からまったくほど遠かったことから、赤ちゃんのお肌は思っているよりもデリケートなんだということに気が付きました。

 

そんな何もかも手探りで育児に奮闘している中、乳児湿疹が顔だけじゃなくて背中部分にまで出てくるとどうしたらいいか分からずフリーズしてしまいますよね?

 

そこで「実際に背中の乳児湿疹に悩んでいた私が解決した」方法を分かりやすく紹介します。

 

 

アドバイス①本当に乳児湿疹??

乳児湿疹が頭や顔に広がってくると対策してないわけじゃないのにママとして落ち込みますよね?

 

よく私が我が子の異変に気が付くのは決まってお風呂に入れる時とかオムツを替える時に「あれ??」となりました。

両足を持ち上げてお尻をきれいに拭こうとしたら背中に見える赤いプツプツ。

そう!実は乳児湿疹って背中にも広がってくることがあります。

 

病院に行って薬も塗っているのにどうして広がるの?

これって乳児湿疹なの?

それとも本当はアトピーなの?

とそこからモヤモヤが増えてきて困っているあなた!

 

私も最初は乳児=小児科!と考えて通院していましたが、背中に広がってきたときに皮膚のことは皮膚科の先生に見てもらった方がいいんじゃないかと思い立って初めて皮膚科を受診しました。

 

最終的に我が子の場合は、「乳児性アトピー」と言われ、一般的な乳児湿疹とは違いましたが素人だと見た目で判断できません。

私の子どものように「アトピー」かもしれないし、「乳児湿疹」や「あせも」かもしれません。

 

なので確実にアドバイス出来ることは背中に湿疹が広がってきたら、皮膚科の受診をオススメします。

ひとりで悩んでも答えは出るものではないので、専門の先生に診てもらいましょう。

乳児湿疹とあせもの違いは、先生に診てもらうと判断してくれるのでいつまでも治らない湿疹に付きっきりになっているよりずっと安心ですよ。

 

アドバイス②背中はこうしてケアするべし!

赤ちゃんの背中ケア

首が座って、うつぶせ寝が上手にできる赤ちゃんはケアがしやすいですよね。

ですがまだ首がすわってなくてふにゃふにゃ状態の赤ちゃんの背中を無視して確認するのは恐ろしいです。。

 

しかも1番背中を確認しやすいのは沐浴なのに、背中を洗うのが苦手なママって多くないですか?

ママだとどうしても手のひらが小さいので上手に支えるのが難しかったりします。こういう時にパパがいると安定感があって安心なのにと私は毎回考えていました笑

 

同じように悩んでいるあなたにオススメなのがこの動画です。

 

腕にタオルを挟むと滑らずに洗えるので私もこれを知ってからは沐浴のたびに実践していました。

沐浴をしてあげる時、お湯に落としたりしないかとかなり集中しているかと思いますが背中のことを気にしたことありますか?

当たり前だけどずっとベビーバスのお湯に浸かっている状態になりますよね。

簡単にいうと汚れたお湯にずっーと浸かってるのと同じってことですよ!

私は沐浴の一連の流れをこなすことに必死になりすぎてお湯の事まで気が回らなかったです。実は沐浴を終える時には、綺麗なお湯でしっかりと流してあげるのも乳児湿疹を治す重要なポイントです。せっかく洗っているのに汚れに浸かっているなんて意味ないですもんね!

また背中に保湿クリームなどをぬる時はオムツを履かせた後、ゲップを出すときのように立て抱きにして、肩で安定させてから保湿クリームを塗ってあげるとやりやすい良いですよ。

アドバイス③洗濯も要注意?!

洗濯

赤ちゃんが生まれると、想像していた以上の洗濯の量に驚きませんか!?

小さいうちは大人と洗剤を別にしないといけないし、大変だな~って考える時もあるけど小さな肌着や洋服などを干している時ってとても幸せを感じますよね!

 

「あー私本当に赤ちゃん産んだんだなぁ」と実感できるひとときです。

でもそんな幸せを感じる洗濯も本当は気をつけないといけないことがあります。

 

親心からしたら赤ちゃんのものはふわふわの肌心地にしてあげたい!と考えて柔軟剤を入れたくなりますよね。

スポンサーリンク

でもその柔軟剤がダメなのです!!

赤ちゃんのお肌にはよくない成分が入っています。

 

私の子はたまたま大丈夫でしたが、赤ちゃんによって柔軟剤の成分で拒否反応が出てしまう子もいるので、もし体の湿疹で悩んでいるなら絶対に柔軟剤はやめましょう!!

 

でもどうしてもふわふわの肌着を着せてあげたいという方は、赤ちゃんにも優しい柔軟剤がドラッグストアの赤ちゃんコーナーなどで販売されていますので参考程度にどうぞ。

さらさ柔軟剤arau洗濯用石鹸

ただやっぱり乳児湿疹やアトピーなど、お肌のトラブルがある場合は無理して柔軟剤を使う必要性はないでしょう。

赤ちゃんが常に身に付けるものだからこそ、洗濯には少し気を使ってあげたいですね。

アドバイス④肌に触れるのは肌着だけじゃない!

1日のほとんどを寝て過ごす時間が多い赤ちゃんだからこそ、布団のお手入れもちゃんとしてあげたいところ。

 

大人でも布団は天気のいい日があると干したくなりますよね?赤ちゃんも同じです!

天気の良い日には、シーツも洗って布団も干してあげましょう!

時期的なものもありますが、引きっぱなしの布団にはカビや菌が繁殖しやすくなります。赤ちゃんはとにかく汗っかきなのでシーツは毎日洗濯しても良いくらいです。

 

シーツが1枚しかない時は、シーツの上にガーゼのバスタオルなどを敷いておくと良いですよ。汚れてしまった時は、シーツじゃなくそのバスタオルだけ替えればOKなのでママの手間も増えず楽チンです!バスタオルならパパッと交換して洗濯できますよね♪

 

ただ天気が良いからと、家中の布団を干してしまうと赤ちゃんの寝る場所が無くなってしまいますからね。今日は赤ちゃんの布団、明日は大きな布団、と天気予報を見ながら計画的に干すことをオススメしますよ♪私はまさに家中の布団を干して、失敗に気付いた時は遅し・・・

干してる間、畳の上にバスタオルを敷いて赤ちゃんを寝かせた日がありました。

きっと、「今日は布団が硬いな〜」と我が子も感じていたかもしれません。笑

終わりに

背中にまで湿疹が広がると、赤ちゃんも辛そうに見えてママも悲しくなってしまいますよね。でも赤ちゃんのために出来ることは、背中も顔も同じです。

 

とにかくポイントは赤ちゃんは汗っかきなので清潔にしてあげること!

アドバイス②でもお話ししましたが沐浴って中々慣れるまでが難しいですよね。正直なところ洗剤もしっかり洗い落とせてるのか不安だし。。

 

私は我が子が乳児性アトピーと診断されてから沐浴時の洗剤には無添加のDolci Bolleに変えました!これなら泡タイプなので片手でポンとするだけですぐ洗えたので我が子が暴れる前にささっと洗えたし、何より泡は洗い残しがなくて安心しました♪ゴシゴシ洗う必要もないし、私1人でもなんとか様になるくらい上手く洗えるようになりました笑

 

ここだけの話ですが沐浴が嫌だなーって思ってたけどDolci Bolleを使いだしてから我が子との触れ合いを楽しめる余裕もできて良かったです!

 

あなたも心の余裕をもって赤ちゃんと接することが出来るようになるともっと育児が楽になりますよ。

背中の乳児湿疹まとめ

手を伸ばす赤ちゃん
  1. あれこれ悩まず皮膚科を受診する
  2. 沐浴の時に綺麗なお湯で背中も丁寧に流す。保湿も忘れずに
  3. 柔軟剤は使わない
  4. 天気の良い日は布団を干してシーツも清潔に!

初めての子だと勝手が分からなくてオロオロすることが多いですが、これさえ気を付けていれば背中に出来た乳児湿疹なんて怖くないですよ!

やっていることは簡単なのでこんなことで我が子のお肌を守れるならやらないわけにはいかないですよね笑

ただし、我が子のように結果的に乳児湿疹じゃない場合もあります。もし気を付けているはずなのに良くならないならとにかく皮膚科を受診すること!自分1人で考えすぎず、誰かに頼ることを忘れないようにしましょう。

Dolci Bolleの公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です