乳児湿疹が目の周りに!すべての母親が知っておくべきその原因と対処法

乳児の目
スポンサーリンク

私の息子は、生後3ヶ月を過ぎたあたりから乳児湿疹にとても悩まされました。

湿疹が広がり、赤みも広がり痛いのか痒いせいか、自分の手で掻いてしまうので、ひっかき傷が出来てしまう事もありました。

外に出てお見せできるような顔ではなく、どうしても買い物などに行かなければいけない時に、勇気を出して抱っこしていっても、やはり「痛そうね。可哀そうに。」という言葉を何度もかけられていました。

極めつけは電車の中で起きた出来事でした。ある駅から乗ってきた年配の方に声をかけられ、子供の目を見るなり、不安になるような言葉をたくさん言われました。

「子供が可哀そうすぎる」「お風呂入れてない?」「病院に早くいって」「ずっと子のままになるわよ」などと言われ、降りる駅までずっと目の周りについて指摘されていたので、電車御降りてから号泣しました。

私だって子供の目の周りをどうにかしなければいけないという事は重々承知でした。

帰宅後も酷く落ち込み、気持ちが切り替えられなかった私を見て、子供の目の周りの事も私の精神状態にも旦那は相当心配していました。

特にひどかったのが、目の周りです。

産まれたてはくっきり二重だったのが、乳児湿疹の影響で腫れるせいか、みるみるうちに一重になってしまって別人の顔でいた。

「可愛かった頃の顔は、どこへ!?」といった感じでした。

本当に乳児湿疹なのか、はたまた目の病気なのか、と心配になったこともありました。

もしこのまま放っておいて、失明なんてことに至ったらどうしようと不安で寝付けない日も・・・。

皮膚科では目の周りも乳児湿疹だと診断され、清潔を保つようにと言われ診察が終わってしまったのですがなかなか治りませんでした。

そんな息子と私でしたが、自宅ケアで綺麗な肌を取り戻すことができたのです。

ものすごく悩まされた目の周りの湿疹の原因や、湿疹の種類を調べたので紹介します。また、実際に行った対処法やケア方法の一緒にお伝えしていきます。

目の周りの肌トラブル・原因は?

目の周り湿疹

実は、赤ちゃんって目の周りの肌トラブルは珍しくない症状なのです。

私は、自分の息子だけ、なぜこんなに酷いのだろうと悩んでいたのですが、意外と多くの赤ちゃんの目の周りが肌トラブルを起こしてしまう傾向があるので、あまり過度な不安を抱く必要はないのですね。

赤ちゃんは、大人と比べて半分くらいの肌の薄さとで、目の周りの皮膚は、さらに薄くなります。

その為、乾燥や目やにや涙などちょっとした変化でも肌トラブルを起こしやすいのです。

赤ちゃんって本当に繊細ですね。

目の周りの肌トラブルにはいくつかの原因があります。

乳児湿疹

生まれたばかりの赤ちゃんは、ホルモンのバランスにより乳児湿疹が起こりやすいのです。

乳児湿疹は目の周りにもできます。

泣いた後の涙や、目やになどにより、悪化しやすいので注意が必要です。

乾燥

目の周りが赤くなる原因は、乾燥である可能性も考えられます。

赤ちゃんの皮膚は乾燥しやすく、目の周りは保湿クリームを避けて塗る習慣があるので、より乾燥が酷くなってしまうのですね。

また、もともと目の周りは皮脂の分泌が少ない場所なので、洗いすぎも乾燥の原因となるため気を付けましょう。

アレルギー

目の周りの荒れは、アレルギーが原因である場合も考えられます。

ミルクや離乳食、保湿クリームやボディーソープなどに含まれている成分が、アレルギーを引き起こす原因となってしまっている可能性があります。

アレルギー反応である場合、ある特定のものを使用した後に酷くなるので、どんな時に酷くなるかチェックしてみると良いですね。

アトピー性皮膚炎

目の周りの湿疹が酷い場合、アトピー性皮膚炎である可能性も高いのです。

アトピー性皮膚炎と乳児湿疹は見分けにくいのですが、アトピー性皮膚炎の特徴の一つに、乳児の場合耳の後ろや目の周り、首周辺に出やすいのです。

アトピー性皮膚炎か乳児湿疹か、素人には見分けにくいので、一度皮膚科に受診し確認してもらうと良いでしょう。

病院へ受診する目安

私は息子の鼻詰まりが酷い時に、小児科に受診し、「これくらいの症状でわざわざ受診売る必要はない。心配しすぎ」と言われたことがありました。

それからというもの、どの程度の症状で病院を受診したらよいか迷うようになりました。

目の周りの湿疹が見られた時も、どの程度で皮膚科に受診したらよいかわからず、行き渋っていたら、受診した皮膚科では「どうしてもっと早く受診しなかったの!」と言われ、言葉に詰まりました・・・。w

そこで、乳児湿疹が見られた時に皮膚科に受診する目安を調べました。

  • 湿疹の影響により、肌が切れて出血する
  • 何かした後に必ず湿疹が酷くなる
  • 痒みが酷い様子で、掻きむしりすぎる

このような症状を受診の目安としましょう。

乳児湿疹の種類

一括りで乳児湿疹と言っても、乳児湿疹にはいくつかの種類があるのです。

  • 脂漏性湿疹
  • 新生児ニキビ
  • 乾燥性湿疹 です。

脂漏性湿疹

生後1ヵ月から2か月頃に多く見られ、ママから貰った女性ホルモンの働きにより、皮脂の分泌が過剰になり、引き起こります。

部位としては頭や鼻などに多く現れ、特徴は、湿疹から黄色い汁のようなものがでるため、黄色い汁がかさぶたのように固まり、フケのように見えることがあります。

新生児ニキビ

生後1ヵ月から2か月くらいに多く見られ、額や頬にできやすい特徴があります。

思春期ニキビのようにピンクっぽいニキビや黄色っぽいニキビができます。

乾燥性湿疹

生後3ヶ月ころから顔や手足など、露出の多い部位に出やすく、カサカサした状態の葉だと湿疹が見られます。

スポンサーリンク

場合によっては炎症が起き、赤くなったり腫れることもあります。

乾燥性湿疹の息子

私の息子の乳児湿疹は乾燥性湿疹の症状でした。

カサカサした肌に湿疹、目の周りは赤みが広がり腫れも見られていたからです。

乾燥することにより、肌バリアが低下してしまうので、外部刺激にも負け、より乳児湿疹が酷くなってしまうのです。

解決するためには顔及び、目の周りの乾燥をどうにかしなければいけませんでした。

赤ちゃんの肌の乾燥を防ぐために使用できるアイテムはベビーパウダー・ベビーオイル・保湿クリームが挙げられます。

しかし、ベビーパウダーは目や口に入ると危険なので、使用できません。

また、オイルもさらさらとしているので、目の中に入ってしまう可能性が高いのです。そうなると使用できるのはクリーム状のものです。

目の周りに保湿クリームを塗ること自体は問題ないようです。

肌に優しい保湿クリーム

対処法

赤ちゃんの肌は敏感で繊細なので、肌に優しいものを使用しなければ刺激となり悪影響となってしまいます。

更に目の周りは皮膚が薄く頬や額などよりも尚更繊細です。

かなり肌に優しいものでなければいけませんよね。

私はとても悩みました。

肌への刺激となる成分

市販の保湿クリームに含まれていることが多く、肌への刺激となるため、敏感肌には避けたい成分というものがあります。

  • 合成界面活性剤
  • 合成ポリマー
  • タール系色素
  • パラベン
  • ハイドロキノン
  • エタノール
  • レチノール
  • 香料

などです。これらの成分が一切称されていない保湿クリームを薬局で探してみるものの、なかなか見つからないのです。

アトピスマイルクリームとの出会い

何の保湿クリームを使用したらいいのか悩んでいる間も、子供の乳児湿疹は治りません。

焦ってイライラする日も増え、旦那に当たってしまう日もありました。

そんな中、保湿クリーム選びでイライラしている私を見かねた旦那が、会社の休憩中にパソコンでクリームを探してくれていたのです。

私が含まれていると刺激となる成分を書き記したメモを持って行っていたようです。

そして【アトピスマイル クリーム】 というものを発見したと報告されたのです。

2人でアトピスマイルクリームの公式ホームページと、成分のメモを見比べると、避けるべき成分がアトピスマイルクリームには一切含まれていなかったのです。

更に主成分は体内に毎日取り入れているお米から抽出した成分なのです。

探し求めていた安心して使用できるクリームを見つけられて旦那と大喜びしました。

見つけてくれた旦那に感謝しています。

更に、アトピスマイルクリームを知らなかったときは気に留めていなかったため、気づかなかったのでしょう。アトピスマイルクリームを知ってから数回ニュース番組でも紹介されているのを見ました。

アトピスマイルクリームの使用

クリームはサラサラしていないので、目の周りでも安心して塗ることができました。

朝とお風呂上りの1日2回塗り続ける生活を始めました。

すると少しずつ目の周りの赤みが引いていきました。

目も腫れぼったく一重の日が続いていましたが、ある朝目を明けた子供を見ると、二重の線がうっすら浮かびあがってきていました。

徐々にですが明らかに回復していきました。

再発しない?

アトピスマイルクリームの使用で、目の周りの赤みが消え、湿疹も引き、ほぼ治った頃の心配になったのは、使用の中断についてです。

ステロイドでアトピーの治療を行っている友人は、小さい頃からステロイドを使用していて、一時的には症状が治まるが、しばらくするとまたかゆみが酷くなり、皮膚科でステロイドを処方してもらいに行く生活を続けていたのです。

ステロイド治療は再発を繰り返すという事もあり、アトピスマイルクリームも、使用を中断したら再発してしまうのではないかと思ったのです。

試しに、2日間アトピスマイルクリームを塗らない日を作ってみたのですが、肌に異変はおきませんでした。

調べてみると、アトピスマイルクリームにはステロイドが含まれていない為、使用を中止しても問題ないのです。

そして、肌の表面の炎症を薬品で抑えているのではなく、肌の根本的な部分から改善してくれているため、使用を中断しても再発することが無いのです。

乾燥により、肌バリアが低下してしまう事で悪化する乾燥性湿疹ですが、アトピスマイルクリームは肌の深層まで潤いを届け、肌の水分保持能を高めてくれるのです。

従って、乾燥や外部刺激に負けることのない強い肌を手に入れることができたのですね。

今では・・・

今では息子の肌がかさつくこともなければ、目の周りが赤くなってしまう事もなくなりました。

そしてアトピスマイルクリームは、乾燥しやすい時期になると使用し続けています。

やはりしっかり潤うので、顔のみならず体も年中ツルツルです。

私の精神状態もかなり落ち着き、子どもと笑顔で向き合えますし、旦那にイライラして当たってしまう事もなくなり円満です。

外出もいち早く用事を済ませ、自宅に引き返していた私と子供でしたが、今では何も気にすることなく買い物に行き、帰りに公園で遊んでから帰宅と、たくさん寄り道してしまう次第です。www

アトピスマイルクリームで、とても楽しく明るい日々となりました。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です