乳児湿疹が手足に!?それアトピーかもよ。簡単な見分け方と対処法

バスタオルをかぶった赤ちゃん
スポンサーリンク

湿疹にはたくさんの種類があり、まずはそれを予防することがとても大事です。乳児湿疹はだいたい生後2.3か月からでき始め、酷くなると予防だけでは対処できなくなってしまいます。

今回は、乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違いと、治療方法をご紹介致します。

可愛い赤ちゃんの肌を守ってあげられるのはママだけです。

まずは予防法を、そして赤ちゃんの湿疹のタイプを見分け、どの病院にかかればいいかを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

アトピー性皮膚炎ってなに?

泣き顔の赤ちゃん

 

 乳児湿疹は、首から上にできる湿疹のことを言います。

ですが、それが酷くなったまま完治せず、手足や身体にも赤味が出てきたときは、アトピー性皮膚炎を疑います。

脂漏性湿疹などは、乾燥した黄色いかさぶたのようなものが出てきたりするものですが、アトピー性皮膚炎は赤くなりジュクジュクとした感じになり始めます。

耳の付け根や口の周りも注意してみてあげましょう。

アトピー性皮膚炎とは、普通の人が大丈夫な刺激にも反応してしまう症状です。免疫が過剰に働いてしまうといことは、アレルギー反応と同じですが、アトピー性皮膚炎とは免疫の異常だけでは説明できない反応も含むようです。

なので、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎は別物と考えたほうがいいようです。

小児アトピー性皮膚炎の診断

 

 身体から手足に湿疹が及んだ場合、治りが悪い場合などは、血液検査を行います。

乳児湿疹は、母親からのホルモンの影響が原因のことが多いため、影響がなくなる3.4か月でよくなってくることが普通です。

これを聞くとママが悪いのかと思われる方もいるかと思いますが、そうではありません。

私も初めて知った時は自分のせいかとドキドキしましたが、どのママにも必ず起こることなので心配しないでください。

アトピー性皮膚炎や食物アレルギーは継続して湿疹が表れているため、それを判断材料にします。

私の子供はアトピー性皮膚炎と診断されたことがあります。初めて診断された時はショックでした。

今はもう大きくなったのでさほど湿疹は見られませんが、化学繊維などの下着を着ると反応して肌がガサガサになってしまうことがあります。

夏は気を付けてケアをしないと今でも黒っぽく後が残ることもあります。

小さいころに比べるとよくなることがほとんどですが、きちんと診断を受けて治療していくことが大事です。

治療方法

 

 まずは肌を清潔に保つことです。

キレイにすることを心がけ、保湿を行います。

次に、塗り薬はステロイドがでることが多いです。

スポンサーリンク

ステロイドを嫌煙する方は多いと思いますが、継続してダラダラと使い続けることが悪いのであって、赤ちゃんにでる薬は強くないので服用もほぼ出ないと言われています。

医師の指示に従い塗ることで、赤ちゃんのかゆみもひけば、ママも赤ちゃんもストレスなく暮らせますよね。

実際私の子供は3人ともステロイドを使用したことがありますが、なんの問題もなく成長しました。

そして、飲み薬が出る場合もあります。

ですが、それはアトピー性皮膚炎を治す薬ではなくかゆみを抑える薬です。

かゆいと眠ることもできなくなり赤ちゃんが可哀想です。

かゆくて眠れない赤ちゃんを目の前に途方に暮れるママもいるはずです。

それはママにも赤ちゃんにもよくないので、飲み薬も医師の指示に従い飲ませてあげましょう。

家でできるケアの方法

 

 ■清潔にした肌に保湿

ベビー石鹸で綺麗に洗ってあげましょう

そして保湿を心がけます

■赤ちゃんの爪を切る

赤ちゃんが引っかいたりすることで湿疹がひろがることがあります

小さい爪をきることが大変ですが、こまめにチェックしてあげましょう

■肌着は綿100%を

すすぎの時間を長くしたり、漂白剤は使わないようにしましょう

化学繊維も避けるとようでしょう

 

■ダニ、ホコリの対策をする

お布団にも掃除機をかけましょう

エアコンのフィルターの掃除もお忘れなく

犬や猫などのペットの毛にも注意です

そして、医師の指示に従い薬を使用しましょう。

悪質なアトピービジネスなどは高価な薬を売りつけたりします。

必ず医師に相談してから治療法を決めていきましょう。

まとめ

舌を出した赤ちゃん

 

 アトピー性皮膚炎と診断されて、悩まないママはいないはずです。

私もたくさん悩みいろいろな人に相談しました。

上記では経験してきたことを紹介しましたので、是非実践してみてはいかがでしょうか。

目標をもつことが大事です。

多少のカサカサは気にしない、よく眠れているなら大丈夫だと思う。

すぐに治ることのない病気です。

赤味が引いてもだからといって治ったわけではありませんので、継続して保湿をすることが大事です。

そして、ステロイドの使用はママが赤ちゃんの肌を見て経過を観察しそれを医師に伝えながら決めていくことも大事です。

治るまできちんと薬を塗りましょう。

生活に支障なく暮らせるようになっても保湿は続けましょう。

ママのストレスは赤ちゃんに伝わります。

余裕をもって、赤ちゃんに接することができるようになるといいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です