乳児湿疹が出ない方法はあるの??出ない子から学んだケア方法

乳児湿疹の赤ちゃん
スポンサーリンク

こんにちは!娘の乳児湿疹に悩んでいた新米ママです。

生後3カ月頃に乳児湿疹が発症し、わたしの間違ったケアにより悪化しましたが、約1年かけて完治しました。

 

しかし、お友達には乳児湿疹になったことが無いという子もいたりして、ほとんどの赤ちゃんが乳児湿疹になるとされていても、全く出ない赤ちゃんもいるんですね。

 

出ないママから教えてもらったケア方法をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

乳児湿疹が出る子と出ない子の違い

乳児がオムツをはいてヨチヨチ歩き

 

そもそも乳児湿疹ができる原因は、赤ちゃんが産まれてくるときにママからもらう、女性ホルモンの働きによるものと言われています。

その影響で皮脂が過剰に分泌されますが、赤ちゃんの毛穴はとても小さいので詰まってしまいます。

その為、肌が炎症をおこしたり、ニキビのような赤い発疹になったり、かさぶたのようになったりと様々な症状を引き起こします。

 

ですので、もともとは全員が乳児湿疹になる可能性があるということですね。

でも出る子と出ない子がいるのはなぜか?

 

それは「生まれつきの体質」と「環境」によるもののようです。

ということは、体質は変えることができないので環境を変えることによって、乳児湿疹が出ない様にしてあげるしかないですね!

 

乳児湿疹が出ないようにするケア方法

変わる決意をする女性
環境を変えると書きましたが、具体的にどうすればいいのか?

ここでは、乳児湿疹が出やすくなる原因を挙げてみます。

 

「乾燥」

乳児湿疹にとって、一番の敵は乾燥です。

産まれたての赤ちゃんのお肌は大人の半分の薄さです。体質的にも乾燥肌の赤ちゃんは、特に乾燥には気をつけてあげてください。

 

わたしの娘も乾燥肌です。そして冬生まれです。同じ様に、生後6カ月頃までの一番お肌がデリケートな時期に冬になる赤ちゃんは要注意です。

わたしはそれほど乾燥対策をしていなかったので、乳児湿疹を悪化させてしまいました。

悪化してからは乾燥対策として

・加湿器を置く

・保湿クリームでケアする

この2つを徹底することで、かなりお肌の状態は良くなりました。

 

赤ちゃんに最適な部屋の湿度は40~60%とされていますが、冬は加湿器を使わないと30~40%になっています。わたしは加湿器を使うことで、常に60~70%に保っていました。

意外と部屋の湿度って低いので、一度湿度計で確かめてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

保湿クリームはワセリンを使っていました。赤ちゃん用保湿クリームは、色々なメーカーから発売されていますが、使ってみて一番ワセリンが保湿効果が高かったです。

ワセリンはドラックストアで簡単に手に入りますし、安価なのでコストパフォーマンスの面でもかなりおすすめできます。

 

朝起きてお着替えするとき、お昼寝のあと、お風呂上がりの1日3回と少し大変ですが、その度にワセリンを塗ってあげてみてください。もちろん、体には害が無いものなので、何回塗っても心配ないですよ!

塗る時のポイントとして、コットンなどで水を含ませて体をポンポンと濡らしてから、お肌に残った水分を閉じ込める様にワセリンを塗ります。そうする事で、更に高い保湿効果が期待できます。

 

「母乳の質」

完全では無いですが、少なからず影響はあると思います。わたしも気をつけてみたところ、娘の肌に変化が見られました。

 

母乳はママの血液から作られるので、ママが食べたものの栄養がそのまま赤ちゃんにいくと考えてください。ママが脂ぽい食事やお菓子などばかり食べていると、母乳もドロドロになります。特にファーストフードは母乳にかなり悪いです。ファーストフードを食べた後の母乳を哺乳瓶などに入れて30分程置いておくと、黄色く沈殿して固まります!ほとんどが油の母乳ということですね。そんな母乳を飲んでいたら、乳児湿疹が増えるのもわかりますね。

 

栄養バランスを考えて、和食中心の味付けの食事を心がけてみてください。母乳をあげているとお腹がかなり空くので、野菜のおかずなどをいっぱい作って食べていました。野菜スープはお腹にもずっしりとくるのでおすすめです。

乳製品も母乳がつまりやすくなるので代わりに豆乳で作ったり、甘い物がどうしても食べたくなったら、卵を使わないお菓子を作ったりして頑張っていました。

 

我慢ばっかりで好きな物が食べれないことがストレスになったりもしますが、赤ちゃんの乳児湿疹が消えたり、ママのお肌もキレイになってダイエットにもなるので良しとして頑張りましょう!

卒乳するまでの少しの辛抱です!

 

「よく使うもののの素材」

赤ちゃんは1日のほとんどを寝て過ごします。なので、お肌に触れているものの素材を見直してみてください。肌着やガーゼ、お布団、タオルなどお肌に直接触れているものって結構あります。

おすすめは綿100%のものです。

最近は安くて可愛いものがたくさん販売されていますが、そういったものはポリエステルなどの化学繊維が含まれていますので、汗をたくさんかく赤ちゃんが寝返りやずり這いなどする時、こすれるとかなり刺激になる様です。

買い換えるとなると大変ですので、肌着などお肌に直接触れるものだけ買い替えてみては?

 

まとめ

1、乳児湿疹が出ないようにするには環境を変えてみる

2、乾燥、母乳の質、肌に触れるものを見直してみましょう

 

大人にとっては当たり前の生活習慣でも、赤ちゃんにとっては刺激が多いんですね。

 

今日紹介したケア方法は、わたしも実践して効果が見られたものです。

毎日のことで大変ですが、赤ちゃんと向き合える時間も増えるので、楽しみながら乳児湿疹の予防をしてあげてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です