乳児湿疹がかさぶたに!何が原因なの?

スポンサーリンク

乳児湿疹は、多くの赤ちゃんになるものです。
新生児期~乳児期にかけて現れる湿疹をまとめて乳児湿疹といいます。主に、新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹、乾燥性湿疹があげられます。

赤ちゃんの肌はとても薄くデリケートなため、肌トラブルが起こりやすいんです。

私の子どもも、乳児湿疹に悩んだ時期がありました。しかし、成長とともに皮膚も強くなったのか湿疹は出なくなりました。今回は、乳児湿疹によりかさぶたができてしまう原因と対処方法についてご紹介します。

かさぶたの原因はなに??

乳児湿疹で、かさぶたが出るものは「乳児脂漏性湿疹」があります。
乳児脂漏性湿疹は、皮脂の分泌が盛んな新生児期などに、皮脂の多いほっぺやおでこ、髪の毛のはえぎわ、胸などに赤いブツブツが出るものです。

髪のはえぎわや眉毛のあたりに黄色いかさぶたのようなものができるのが特徴です。お風呂の時の洗い方が不十分な場合に出来やすですね。頭にできたかさぶたは時間がたって乾燥すると、ぽろぽろと取れ初めてフケのように枕や服に落ちます。

かさぶたは、ベタベタしていて嫌なにおいがすることがあります。これは皮脂が固まったものなので、ベタベタはしていますがかゆみが出ることは少ないです。しかし、悪化すると炎症を起こし、腫れてしまうこともあるので注意が必要です。

乳児脂漏性湿疹っていつまで続くの?

乳児脂漏性湿疹は、生後から2か月くらいまでの乳児特有の湿疹です。
一番できやすい時期は生後3か月くらいまでです。

もちろん個人差はありますよ。

赤ちゃんの肌はすごくデリケートなので、環境や体質だけじゃなく食べこぼしや汗、ちょっとした汚れが原因で赤くカサカサになってしまったり、かゆみや痛みをともなった腫れを引き起こしたりすることもあります。

症状が生後3か月以降も続くようなら、乳児脂漏性湿疹ではない可能性もありますが、赤ちゃんの時は肌トラブルが起きやすく判断が難しい場合が多いので経過を見ていくことが大切です。

かさぶたが出来たときのケアの仕方

赤ちゃんの肌をきれいに保つことがとても大切なことです。

毎日のお風呂!!

ベビーソープで汗と皮脂の汚れをしっかり落としてあげましょう。

ゴシゴシ洗うのは赤ちゃんの肌に余計な刺激を与えてしまうので逆に肌トラブルの原因となるので、たっぷりと泡立てた石鹸で包み込むように洗うのが大切なポイントです。

スポンサーリンク

皮膚の弱い赤ちゃんにとって、シャワーは刺激が強いので、しばらくはお湯を含ませたガーゼで優しく泡を洗い流すようにしてください。

石鹸の成分が残っているとそれも刺激になりますので、しっかりと洗い流すようにしましょう。

かさぶたが出来てしまったときは、お風呂に入れる前にオイルかワセリンでかさぶたをふやかしておきましょう。そうすると、お風呂の時にかさぶたが取れやすくなりますよ。

かさぶたが乾いてくるとぽろぽろ取れて、お布団に落ちてくることもあるから、お布団もきれいにしておくことも必要だね。

乳児湿疹とかさぶた2

乳児脂漏性湿疹は病院に行ったほうがいいの?

乳児脂漏性湿疹を含む、乳児湿疹はしっかりと肌のお手入れをしていれば、病院に行かなくても自然と治る場合もあるんです。

でも、早めに病院に行ったほうがいい場合もありますよ。

たとえば、治ったり、湿疹が出たりと繰り返す場合。湿疹がなかなか治らず続くとき、痒がったり痛がったりしたとき。臭いが強いとか、悪化したときとかね・

そんな時は、早めに病院に行ったほうがいいかな。痒みで引っかき傷を作ってしまう場合もあるからね。
そうなると、悪化しちゃうこともあるから。

だから、いつから湿疹が出てきて、出始めの時と今の湿疹はどう違うのかスマホとかで写真を撮っておくのもいいかも。

そうしておくと、病院に行ったときに先生がわかりやすいからね。

まとめ

  1.  かさぶたの原因は乳児脂漏性湿疹?
  2.  脂漏性湿疹はいつまで続く?
  3.  かさぶたが出来たときのケアの方法。
  4.  病院に行くべき?

乳児脂漏性湿疹は、皮脂の分泌が落ち着けば自然と治ってくる湿疹です。日頃の、ケアをしっかりしていれば大丈夫。湿疹が出ている時は、不安になるのは当然!

でも、【ずっと続くものじゃないしすぐ治る!!】そんな感じで、軽く考えよう。

治れば、お外にだって気にせず出かけれるし、周りの目も気になることはない。

楽しく、お散歩や買い物も全然いけるから安心して!!
心配になったときは、誰かに相談してみよう。病院だったり、ママ友だったり、自分の親でもいいから、自分が安心する方法を選んでね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です